5万以上の十字架たち!リトアニア最大の巡礼地「十字架の丘」その壮絶な歴史的背景とは?

| リトアニア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

5万以上の十字架たち!リトアニア最大の巡礼地「十字架の丘」その壮絶な歴史的背景とは?

5万以上の十字架たち!リトアニア最大の巡礼地「十字架の丘」その壮絶な歴史的背景とは?

更新日:2016/04/12 16:04

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

バルト三国のなかで一番南に位置している国・リトアニア。そして、この国最大の巡礼地が「十字架の丘」。この丘は、数々の抑圧とそれに対する抵抗を繰り返してきたリトアニアの歴史を象徴する場所となっています。なんと50,000以上もの十字架が丘の上にたっている光景は、一度みたら忘れられなくなるほどのインパクト。ここでは、この特異な景観を誇る「十字架の丘」についてご紹介します。

丘の上にたつ、50,000以上の十字架たち

丘の上にたつ、50,000以上の十字架たち

写真:中川 康雄

地図を見る

「十字架の丘」は、リトアニアの北部、シャウレイという街の北12kmのところに位置する巡礼地で、観光名所にもなっています。リトアニアの十字架作りは、2001年、「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」のひとつとして、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

この丘にたっている十字架の数は正確にはわかっていませんが、50,000以上はあるだろうと推測されています。

また最初の1本となった十字架にまつわる話ははっきりとは伝わっていませんが、一説では、14世紀頃、他国からの侵略を受け続けていたリトアニア人が祈りを捧げようと集まって、十字架やキリスト像などを持ち寄ったのがはじまりではないか、といわれています。

数々の抑圧と、それに対する抵抗を繰り返してきたリトアニアの歴史のなかで、何度となく破壊されてきたこの「十字架の丘」ですが、リトアニア人の深く篤い信仰心に支えられ、破壊されても必ず破壊される以前以上の姿へと蘇ってきたのです。

世界中のカトリック教徒たちの巡礼地に

世界中のカトリック教徒たちの巡礼地に

写真:中川 康雄

地図を見る

かつて、リトアニアにおけるカトリック信仰は、多くの脅威にさられていました。
1795年、第3次ポーランド分割で、リトアニアはロシア帝国の領土下に置かれることに。1831年11月と1863年1月、ポーランド人とリトアニア人は、ロシアに対抗して蜂起を起こしましたが、いずれも失敗に終わっています。そして、この2つの蜂起が、この「十字架の丘」の始まりと関係しているとも言われています。

反乱軍の家族が、戦って命を落としていった彼らの遺体の代わりに、この丘に十字架をたてたそうなのです。そして1918年、リトアニアは独立を回復。その後、この丘は、平和や独立戦争での死者たちのために祈る場所となったそう。

けれども第二次世界大戦が始まると、リトアニアは1944年にソ連に併合。その統治に期間である1944年〜1990年、「十字架の丘」は、丘に行って十字架を捧げることが、リトアニア人たちの宗教や遺産への忠誠心を示すこととなったのです。それは非暴力による抵抗の表明でした。

「十字架の丘」の存在を知ったソ連は、3度にわたりブルドーザーでこの丘にある十字架を撤去しようとしました。けれども、リトアニア人たちは、すべての十字架がなぎ倒されてしまった丘に、再び新しい十字架をたてつづけたのです。

1993年9月7日、教皇ヨハネ・パウロ2世がこの丘に訪れ、ここが希望と平和、愛、そして犠牲者のための場所であると述べました。ローマ教皇が訪れたことで、この丘は、リトアニア人たちの聖地から、全世界のカトリック教徒にとっての巡礼地となったのです。

観光客も十字架を購入できる

観光客も十字架を購入できる

写真:中川 康雄

地図を見る

「十字架の丘」の周辺は畑ばかりなのですが、そこから少し離れたところにある駐車場付近には、お土産物屋さんがあります。このお店では、十字架やロザリオなどを購入することが可能。ここで購入したものは、もちろんお土産として持って帰ることもできますが、多くの人びとは購入した十字架やロザリオを丘へと捧げていきます。

この丘は現在、いずれの管轄にも属していないため、自由に出入りすることができ、十字架をたてていくことができるのです。もちろん、一般の観光客が十字架を置いていっても特に問題はありません。日本語で書かれた記念碑もあったりしますよ。

おわりに

いかがでしたか?リトアニアを訪れるなら、まず外すことができない必見スポット「十字架の丘」。

ここに行くには、シャウレイという街から向かうのが一般的。シャウレイの中央バスステーションから、バスで15分くらい行ったところにある「Domantai(ドマンタイ)」という停留所で降りて、50mほど戻ったところを左折して、一本道を20分から30分くらい歩いたところにあります。

バスステーションには、行き帰りのバスの時間表も用意してあるので、ゲットしておきましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -