沖縄北部「備瀬フクギ並木」は人気上昇中の癒やしスポット

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄北部「備瀬フクギ並木」は人気上昇中の癒やしスポット

沖縄北部「備瀬フクギ並木」は人気上昇中の癒やしスポット

更新日:2016/04/13 11:49

中島 和彦のプロフィール写真 中島 和彦 元旅行会社勤務、旅行ブロガー、父娘旅行伝道師

このところテレビや雑誌でもよく取り上げられている「備瀬フクギ並木」。地元の人に聞くとだいぶ観光客が増えていますが、まだ知らない方が多いようです。そこは、並木の間に古民家が並び、昔の沖縄にタイムスリップしたみたい。ゆっくりとした時間が流れ心が癒されます。今回は、この素敵な癒しの空間をご案内いたします。

防風林や垣根として利用されてきたフクギ

防風林や垣根として利用されてきたフクギ

写真:中島 和彦

地図を見る

沖縄などでよく見かけるフクギは古くから防風林として使われていますが、ここ備瀬では多くの家がフクギを垣根としても利用しており、碁盤の目のように家々が並ぶ集落全体を覆っています。また、フクギに覆われている並木道は沖縄の強い日差しをさえぎり、涼しさも感じられます。
一方、この並木道は約1km続いており、まるで迷路のようになっていますが、駐車場からところどころに「順路」の表示が出ているので、それに従って進めば迷う事もなく楽しめます。

フクギ並木の散策にはレンタサイクルが便利

フクギ並木の散策にはレンタサイクルが便利

写真:中島 和彦

地図を見る

並木道はのんびりと徒歩での散策もいいですが、レンタサイクルを利用すれば行動範囲が広がり、並木道の先にある備瀬崎やパワースポットと言われている備瀬のワルミなどを巡る事ができます。
無料駐車場からすぐの場所にある並木レンタルサイクルには、補助付きの子供用自転車から大人用まで用意されており、気軽に利用できるので便利です。さらに、散策後には、とっても美味しい手作りのサーターアンダギーをいただくことができます。

フクギ並木で癒される。

フクギ並木で癒される。

写真:中島 和彦

地図を見る

実際にフクギ並木へと足を踏み入れてみましょう。まず最初に感じるのは、このフクギが沖縄の強い日差しを遮ぎり、心地よい風が吹き抜けていくこと。そして、フクギの間から差し込む木漏れ日に、心が癒されていきます。
足元は舗装されておらず、白い砂が並木と一緒に続いています。ところどころにある曲がり角の先には海が見え、まるで夏へと続く緑のトンネルのよう。そうです。ここには都会の喧騒はなく、あるのは癒しの空間のみです。

備瀬崎では絶景の海に癒される

備瀬崎では絶景の海に癒される

写真:中島 和彦

地図を見る

フクギ並木を進んでいくと「終点」の看板がありますが、そこからさらに先へ進むと急に視界が広がり海が現れます。ここが備瀬崎、先端の岩場になっているところには、色とりどりな熱帯魚を見ることができるスポットがあります。また、この備瀬崎からは海沿いを通って駐車場へ戻ることができます。沖合を見ると正面の帽子ような島が伊江島、左側にはクロワッサンの形をした水納島が見え、目の前に続く砂浜と合わせて絶景を楽しむことができます。

備瀬のフクギ並木は沖縄美ら海水族館からすぐ

備瀬のフクギ並木は沖縄美ら海水族館からすぐ

写真:中島 和彦

地図を見る

備瀬のフクギ並木は、沖縄美ら海水族館がある海洋博公園から車で数分ですが、駐車場が少々分かりづらいところにあります。目印としては、県道114号線を海洋博公園からホテルオリオンモトブリゾート&スパ方面へ走り、ホテル正面入口を過ぎた最初の曲がり角を左へと進みます。途中、お店や有料駐車場がありますが、さらに進んだ先の突き当たりが無料の駐車場になっています。ここに車を停めて、徒歩やレンタサイクルで散策を楽しんでください。

いかがでしたか?備瀬のフクギ並木

どこか懐かしさを感じる備瀬の集落、そして癒しを与えてくれるフクギの並木道。日頃忙しく気分転換をしたい人には心身ともにリフレッシュできる備瀬フクギ並木へ来て、ゆったりと流れる時間を体験してみてはいかがですか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ