伊豆のおしゃれな足湯ベーカリー!吉奈温泉「東府や Bakery&Table」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊豆のおしゃれな足湯ベーカリー!吉奈温泉「東府や Bakery&Table」

伊豆のおしゃれな足湯ベーカリー!吉奈温泉「東府や Bakery&Table」

更新日:2016/04/07 10:25

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 旅行ブロガー

「東府や Bakery&Table」は、伊豆市を流れる清流吉奈川のほとりにある和のリゾート「東府やResort&Spa-Izu」内のおしゃれなパン屋さん。
店内席・テラス席のほか、足湯カウンターも併設され、名湯 吉奈温泉に浸かりながらカフェを楽しめるんです。
桜・新緑・紅葉と四季を通じて美しい所であり、毎年ゴールデンウィークの頃にはテラスの藤棚が咲き誇り、その下で足湯とカフェを堪能できます。

清流と緑に囲まれた、心癒される足湯ベーカリー

清流と緑に囲まれた、心癒される足湯ベーカリー

写真:波奈 美月

地図を見る

吉奈(よしな)温泉は、静岡県伊豆市にあり、奈良時代の高僧 行基によって発見された伊豆最古の温泉といわれています。「子宝の湯」として知られ、徳川家康の側室お万の方が滞在し、2児を授かったことから全国的に有名になりました。

「東府や Bakery&Table」は、吉奈温泉に位置する「東府や Resort&Spa-Izu」の敷地内にあります。「Resort&Spa-Izu」は、創業400年の老舗旅館を新装オープン。歴史ある風情と山や清流の美しさを生かし、3.6万坪の広大な敷地に宿泊施設・食事処・温泉を備えた和のリゾートです。

「Bakery&Table」の魅力は、その最高のロケーションの中、吉奈温泉の足湯を楽しみながら、素材にこだわり抜いたホテルメイドのパンを味わうことができること。3つの幸せをいっぺんに堪能!満足すること間違いなしです。

好みのパンをチョイス!迷ったらこれ

好みのパンをチョイス!迷ったらこれ

写真:波奈 美月

地図を見る

まずは、店内で好みのパンをチョイス。
ホテルメイドのこだわりのパンが30種類以上、順次焼きあがり、並べられていきます。香ばしい香りが漂い、どのパンも美味しそうで迷ってしまいます。

不動の人気ナンバーワンは、「米粉のカレードーナッツ」(税別¥320)。
ライスクリスピーがまぶしてあり、モチモチした食感。中にはカレーと、朝霧高原産のたまごが丸ごと1個入っています。焼きたてを食べてもらえるように、午前中は10分おきに10個ずつ揚げて店頭に並べるというこだわりぶり!

「ぶどう食パン」(1斤 税別¥900)もお薦めです。
あまりのレーズンの多さとその美味しさにびっくり!北海道産小麦を使用したパン生地の中に、3種のレーズンを生地と同量入れ、焼き上げています。

入口にあるメニューでひときわ目を引くのが、ハート型の「This IZU LOVE(ディス・イズ・ラブ)バーガー」(単品税別¥630円)。
黒米の米粉や北海道産小麦粉を使ったハート形のバンズに天城シャモと旬の地元野菜を挟んだ伊豆市のご当地バーガーです。バルサミコソースで仕上げてあるのでさっぱりと食べられます。
(※写真はチョイスのイメージです)

四季折々の美しさ!大人気の足湯カウンター

四季折々の美しさ!大人気の足湯カウンター

写真:波奈 美月

地図を見る

パンや飲み物を購入したら、店内席・テラス席・足湯カウンターで飲食をすることが出来ます。足湯カウンター以外のテラス席はペット同伴でもOKです。テイクアウトもできますよ。

やはり一番人気は「足湯カウンター」。
底には小石が配されていて、足裏を心地よく刺激してくれます。特に寒い時期には最高!タオルも無料で貸してくれるので、忘れても大丈夫ですよ。お昼時は満席の場合が多いのですが、他の席で待っていれば案外すぐ空きます。

足湯カウンターのすぐ前には鑑賞用プールが広がり、美しい水色が爽やかに周囲の緑を引き立てます。その向こうには清流吉奈川が流れ、春は桜の花、秋は紅葉と四季折々の風景を楽しめます。

特にゴールデンウィークの頃にはテラスの藤棚が満開になり、「Bakery&Table」は一年で最も美しい季節を迎えます。藤の花が降り注ぐ下で楽しむカフェと足湯。最高の癒しになること間違いなしです。

緑豊かなガーデン、ピクニックもお薦め!

緑豊かなガーデン、ピクニックもお薦め!

写真:波奈 美月

地図を見る

天気が良い日は、「東府やガーデン」で吉奈川のせせらぎや四季折々の花を楽しみながらピクニックをするのもお薦めです。
ガーデン内のどこで食べてもOK。ピクニックシートを持っていなくても、「Bakery&Table」のスタッフにお願いすれば貸していただけます。

広々とした「芝生広場」や、「芳泉の滝」が眺められる「滝見テラス」でパンやドリンクを味わうのはまた格別!「野外ステージ」なら屋根があるので雨に降られても安心です。ソファもあり、ゆっくりくつろげますよ。
川向うの「お万の庭」も「霞みの滝」を眺めることができ、気持ちの良い所です。

お万の庭から約40分山道を登ると、富士山が見える「富士見平」に到着します。
お時間にゆとりがあれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?途中にはアマギシャクナゲが自生する「しゃくなげ広場」もあります。

4月中旬〜5月中旬頃には、シャガの花が敷地のあちこちに咲き乱れます。特に「稲駒の滝」の横から「富士見平」の登り口にかけては見事です。

歴史ある「大正館 芳泉」!「東府や資料館」も見逃せない

歴史ある「大正館 芳泉」!「東府や資料館」も見逃せない

写真:波奈 美月

地図を見る

「Bakery&Table」の対岸に見える趣のある建物は、大正時代、明電舎の会長によって建てられた「大正館 芳泉」です。
現在、1階は大正浪漫漂う「カフェ アールデコ」、2階は「金本楼」と呼ばれる当時の面影を残す座敷となっています。カフェ アールデコでは、洋食やカフェが楽しめますよ。(※見学のみは不可)

その近くにある和風庭園の「芳泉の庭」や「東府や資料館」も一見の価値があります。
「唐人お吉」と呼ばれ、波乱の生涯を送ったお吉も、晩年の2年間こちらに逗留しました。東府や資料館にはそのゆかりの品等が展示されています。

敷地内は自由に散策できますが、「宿泊者以外立ち入り禁止」の所に立ち入ったり、迷惑になる行為をしないよう、気を付けましょう。

知っておいて!アクセスのポイント

「東府や Bakery&Table」には、東京駅から特急「踊り子号」で修善寺駅まで約2時間15分、修善寺駅からバスで「吉奈温泉口」まで約20分、バス停から徒歩約15分で到着します。
車の場合、国道414号線を「吉奈入口」の信号で曲がり、県道124号線に入ってまっすぐ進みます。
「Bakery&Table」と「カフェ アールデコ」の専用駐車場は、「Bakery&Table」のすぐ手前で二又に分かれる道の左に入るとあります。満車の場合は、少し県道124号線を戻った所にある第2駐車場に駐車しましょう。道に面して「子宝の湯 吉奈温泉」の屋根付き看板がある所です。
メニューやアクセス等の詳細は、下記のMEMO「東府や Resort&Spa-Izu」よりご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/30−2016/03/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ