沖縄最高の特等席!素晴らしすぎる渡嘉敷島「トカシクビーチ展望台」へ急げ!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄最高の特等席!素晴らしすぎる渡嘉敷島「トカシクビーチ展望台」へ急げ!

沖縄最高の特等席!素晴らしすぎる渡嘉敷島「トカシクビーチ展望台」へ急げ!

更新日:2016/12/20 15:54

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄で最高の景色が望める特等席。そう断言してしまえるほどの場所が、沖縄・慶良間諸島「渡嘉敷島」のトカシクビーチにあります。その特等席は高級リゾートホテルでもなければ、高級レストランでもない、自由に使える無料の展望台。しかも展望台は2階建てで、フロアによって違った絶景が楽しめます。各フロアにはテーブルとベンチがあり、まさに絶景を楽しめる特等席!各フロア先着1組限定なので、島に着いたら直行です。急げ!

まるで芸術作品!絵画のような絶景が楽しめる特等席

まるで芸術作品!絵画のような絶景が楽しめる特等席

写真:離島 こむ

地図を見る

絶景を切り取り、まるで「絵画」のように楽しめる特等席。沖縄・慶良間諸島の「渡嘉敷島」には、そんな最高の場所があります。しかも特等席だけあって座る場所があるのはもちろんのこと、テーブルまであるので、時間を忘れて絶景を楽しむことができます。そして切り取られた絶景は、素晴らしすぎる青々とした海。このまま持ち帰りたくなるような「絵」になる光景です。写真にすれば持ち帰ることもできますが、やっぱり実際にこの場所で見る絶景には勝てません。

特等席は絶景ビーチ「トカシクビーチ」にある!

特等席は絶景ビーチ「トカシクビーチ」にある!

写真:離島 こむ

地図を見る

特等席がある場所は、渡嘉敷港から約3km先にある「トカシクビーチ」。港からは山を1つ越えた先にあるので、3kmといってもかなり長く感じます。そのトカシクビーチに隣接した公園の一番奥に特等席はあります。

そしてその特等席とはトカシクビーチが一望できる展望台。展望台は2階建てで、各フロアに特等席があります。でもこの展望台の背後に見える海も、既に絶景レベル。海の色がヤバすぎます。ちなみにトカシクビーチに隣接する公園には、集落側にもう1つ展望台がありますが、おすすめはこの一番奥のもの。手前にある展望台はスルーして、奥の展望台へ直行しましょう!

こんなテラスがある家に住みたい!夢のような展望台1階の特等席

こんなテラスがある家に住みたい!夢のような展望台1階の特等席

写真:離島 こむ

地図を見る

展望台は2階建てですが、おすすめなのは景色が開ける2階よりも1階。その理由は展望台とビーチとの間に遮るものが何もないということ。手を伸ばせば届きそうなところに、絶景ビーチがある特等席というわけです。こんなテラスが自宅にあったらいいな〜って思いませんか?誰もが思い描く、海沿いの理想の場所がここにはあります。もちろん公園の展望台なので無料ですし、自由に使うことができます。ただし「先着1組限定」。早い者勝ちなので、トカシクビーチへ行ったら奥の展望台に直行です。

海の色が半端じゃない!展望台2階の特等席

海の色が半端じゃない!展望台2階の特等席

写真:離島 こむ

地図を見る

夢のようなロケーションの1階でしたが、2階の特等席では1階を越える絶景が望めます。実を言うと海の色はビーチと同じ高さから見るよりも、少しでも高い場所から見た方が綺麗なんです。そういう意味では、海の綺麗さだけなら1階よりも2階の方がおすすめです。

でも2階なので、特等席と海との間に「手すり」があり、座っていると景色を遮ってしまいます。といってもこの「チラ見せ」もまた良いもので、手すりの間から見える海の色でも半端じゃありません。ついつい近くまで行ってその先の景色を眺めたくなる手すりは、雄大な景色への「導き」なのかもしれません。

おすすめは2階で絶景を楽しみ、1階で余韻に浸ること!

おすすめは2階で絶景を楽しみ、1階で余韻に浸ること!

写真:離島 こむ

地図を見る

居心地は1階の特等席の方がいいですが、絶景度は2階の特等席が2階だけに「上」です(笑)。2階だと特等席からは手すりで景色が遮られてしまいますが、その手すりまで行けば半端じゃないぐらい素晴らしい海の色が望めます。2階からは広いトカシクビーチをくまなく一望でき、まさに絶景を独り占めできます。

おすすめは最初に2階へ行って絶景を楽しみ、満足したら1階の特等席で余韻に浸ること。トカシクビーチでの一番贅沢な過ごし方です。もし奥の展望台が「満員御礼」だった場合は、集落側にあるもう一つの展望台へ行きましょう。あちらも2階建てで、しかも1フロアに2組の席とテーブルがありますので、特等席をキープできる可能性は高めです。でも絶景度や居心地は奥の展望台の方が上ですので、できる限り早めに行って場所を確保しましょう!

「ここに住みたい」と思わせる絶景特等席!渡嘉敷島に着いたら直行です!

渡嘉敷島と言えばトカシクビーチよりも阿波連ビーチが有名ですが、のんびり絶景を楽しむなら断然トカシクビーチ!阿波連よりも空いていますし、何よりビーチのすぐそばにのんびり絶景を楽しめる「特等席」があること。特に奥の展望台1階の特等席に座ると、本気で「ここに住みたい!」と思わせてくれるでしょう。ピクニック感覚でお弁当や飲物を持って行けば、さらにその気持ちが強くなること必至です。

なお、トカシクビーチがある集落には商店はありません。カフェはありますが、この特等席での飲食をするなら、渡嘉敷島に渡る前に那覇で購入しておくのがおすすめです。また離島ではゴミは必ず持ち帰りましょう!島に残して良いのは「足跡」だけです。

ちなみに渡嘉敷島へは那覇の泊港からフェリーで片道1時間10分、高速艇なら35分で行くことができます。気軽に那覇から日帰りできる離島です。でも渡嘉敷島内での移動は、バスがあるものの多くが阿波連方面行き。トカシクビーチ方面行きは少なく、場合によっては行かないバスもありますので要注意です。そういう意味ではトカシクビーチまでなら「歩き」が確実です。もちろん一番確実なのは、レンタカーやレンタバイクを利用することですが、とにもかくにも渡嘉敷島に着いたら、トカシクビーチの特等席へ直行です。急げ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -