工場見学と嬉しいビール試飲!「アサヒビール茨城工場」お子様向けのイベントも!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

工場見学と嬉しいビール試飲!「アサヒビール茨城工場」お子様向けのイベントも!

工場見学と嬉しいビール試飲!「アサヒビール茨城工場」お子様向けのイベントも!

更新日:2016/04/19 14:15

奥原 ミナミのプロフィール写真 奥原 ミナミ 総合旅行業務取扱管理者

茨城県守谷市にあるアサヒビール茨城工場は「水と緑に囲まれた工場」として美しい庭園に囲まれた場所にあります。ここではビールが作られる工程を楽しく見学したあとに、アイムタワーと呼ばれる試飲会場で工場直送のおいしいビールを試飲できるプログラムがあります!
期間限定でお子様向けのイベントも企画されているので家族連れでも楽しむことができます。(工場見学は予約が必要です)

ビールの試飲が待っています!工場まではシャトルバスを利用しよう

ビールの試飲が待っています!工場まではシャトルバスを利用しよう

写真:奥原 ミナミ

地図を見る

工場までの移動手段は守谷駅から出発するシャトルバスをご利用ください。約10分ほどです。工場見学のお楽しみは最後に待っている「ビールの試飲」!ぜひ、公共交通機関を利用しましょう。もちろん、車でも行くことは可能です。その場合はソフトドリンクが用意されているので大丈夫ですよ!

まずは記念撮影

まずは記念撮影

写真:奥原 ミナミ

地図を見る

エントランスには、記念撮影スポットがあります。工場の制服とヘルメットをかぶって、ぜひ記念撮影を!また、インフォーメーションコーナーには楽しいビールに関するクイズがありますので時間まで楽しみましょう。時間になるとホールに呼ばれ、まずは映像でアサヒビールの取り組みが説明されます。終了すると、さあ、いよいよ工場見学のはじまり!

原料となる麦芽やホップを実際に触ったり、大きな窯やタンクを見学します。そして目を見張るのは、ビン詰めと缶詰めの光景!!すごいスピードでビンが流れていく様は圧巻です!
なぜ、アサヒビールのビールはおいしいのか!?を、学びながらの見学で最後の試飲がますます楽しみに。

おつかれさまでした。お待ちかねの試飲の時間!

おつかれさまでした。お待ちかねの試飲の時間!

写真:奥原 ミナミ

地図を見る

工場内の見学が終わるといよいよビールの試飲です。
地上から60メートルのアイムタワーから今までまわってきた工場を見渡しながら飲むビールは最高です。20分間で3杯のビールがいただけます。まず、一杯目は工場直送のスーパードライを試飲できます。そのあとは、お好きなものを選べます。もちろんソフトドリンクもありますので、お車の方や妊娠、授乳中の方はどうぞ。
ビールができる工程を学んでから飲むビール、そしてやっぱり出来たては違う!!

ギフトショップでお土産を

ギフトショップでお土産を

写真:奥原 ミナミ

地図を見る

アイムタワーでの楽しい試飲が終わったら、シャトルバスの出発までお土産を選びましょう。
ここでしか買えない工場限定のアサヒビールオリジナルのストラップやメモ帳はいい記念になりますよ。バヤリースのロゴ入りグッズなどかわいいものがたくさんあるので最後まで楽しめます。

期間限定でお子様向けイベント!シュワシュワ体験も

期間限定でお子様向けイベント!シュワシュワ体験も

写真:奥原 ミナミ

地図を見る

「ビール工場見学って楽しそうだけど、子供は楽しめない大人向けのものでしょ」と思った方。いいえ!お子様向けの楽しいイベントもあるんですよ!!
ここ、守谷市にあるアサヒビール工場は2007年から総合飲料工場としてソフトドリンクなどの製造もしているため、期間限定ではありますがお子様も楽しめるイベントを開催しています。

たとえば、「シュワシュワ体験」。三ツ矢サイダーを使ってジャムと混ぜたり、りんごジュースを混ぜたりと味の変化を楽しむのです。最初の映像からお子様向けになっており、工場見学もわかりやすい説明になっています。
お子様の長期休みにもってこいのイベントです。開催のお知らせは関連MEMOの「アサヒビール茨城工場」でご確認ください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ビール好きにはもちろん、お子様を連れてのおでかけにもおすすめの工場見学です。
ぜひ、工場の稼働しているところを見学していただきたいので、平日におでかけください。休日など、工場はラインが運休していることがありますので、ご予約の際はご注意ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ