東京ウォーターフロント、夜景&泡ものドリンクで潤う店3選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京ウォーターフロント、夜景&泡ものドリンクで潤う店3選

東京ウォーターフロント、夜景&泡ものドリンクで潤う店3選

更新日:2016/04/23 18:48

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

東京のウォーターフロントは、ショッピングモールやホテルがある人気観光エリア。1日を通してさまざまな楽しみ方ができますが、紳士淑女にオススメは夕暮れ時から夜にかけての滞在。
ベイエリアの夜景を眺めつつ、オープンエアでシャンパーニュやこだわりのクラフトビールが味わえる感度の高いスポットがあります。
初夏〜秋は、夜風の心地よいテラス席が最高。大人のために厳選した都会のオアシスをご紹介します。

幻想的な夜景にうっとり!ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 「シャンパンバー マンハッタン」

幻想的な夜景にうっとり!ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 「シャンパンバー マンハッタン」

提供元:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

http://www.interconti-tokyo.com/restaurant/manhatt…地図を見る

東京・竹芝。ウォーターフロントにあるホテル インターコンチネンタル 東京ベイ。
6階にあるルーフトップテラス「シャンパンバー マンハッタン」は、海にせり出すようなテラスで、目の前にレンボーブリッジやお台場の観覧車、左手には隅田川、右手には東京タワーという最高のロケーションで。

夜のとばりが下りる頃、空はオレンジやパープル、そしてブルーへと移り変わり、やがてビルやレインボーブリッジがライトアップされていきます。水面にキラキラと輝くライトや、行き交う屋形船の灯りも、とってもきれい!テラスの端にはイタリア製のカウンターがあり、夜景と呼応するように緑や赤など七色に輝き、非日常の空間を演出。

ゆったりとくつろげるソファ席が用意されているので、デートはもちろんのこと、大人女子の女子会などにもぴったりです。食前酒や食後酒を軽く楽しむバーとして、また、しっかりと食事を味わうダイニングとして利用することも可能な、使い勝手のいい空間です。

「シャンパンバー マンハッタン」で味わうオリジナルカクテルやダブル熟成牛がオススメ

「シャンパンバー マンハッタン」で味わうオリジナルカクテルやダブル熟成牛がオススメ

写真:二宮 うらら

地図を見る

「シャンパンバー マンハッタン」では、シャンパンはもちろんのことシャンパンベースのオリジナルカクテルなどが楽しめます。また、隣接する「レインボーブリッジダイニング」で提供する料理をア・ラ・カルトで味わうこともできます。

フランスでミュシュランの星付きレストランで修行した経験のある吉本憲司料理長が腕をふるう料理は、まず見た目がとってもきれい。旬の野菜を宝石に見立ててテリーヌにした「カラフル・アート・テリーヌ」、ドライエイジングとウェットエイジングの熟成法を用いたダブル熟成牛のグリルなど。

また、シェフお手製のシャンパンに合うオードブルとシャンパンがセットになったフリーフロープランなども用意されています。夜景とともに、美味なる世界が堪能できるというわけです。

ヒルトン東京お台場のラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」

ヒルトン東京お台場のラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」

写真:二宮 うらら

地図を見る

新都市交通「ゆりかもめ」の台場駅下車、すぐのところにあるヒルトン東京お台場。ロビー階にあるラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」は、春〜秋にテラス席がオープンします。レインボーブリッジと東京タワーを望む開放的なテラスには、テーブル席とソファー席があり、東京湾の夜景をまったりと楽しめます。

ドリンクメニューは20種類もあるオリジナルジントニックがユニーク。もちろんグラスシャンパンもあります。小さなガラスのジャー(保存瓶)に入った少量のおつまみが、500円程度の価格からあるのもおもしろいですよ。ラウンジの入り口に見本がたくさんディスプレイされているので、実際に見て選ぶことができます。

運河を目の前に建つ「T.Y.HARBOR」はアメリカ西海岸風のブリュワリーレストラン

運河を目の前に建つ「T.Y.HARBOR」はアメリカ西海岸風のブリュワリーレストラン

写真:二宮 うらら

地図を見る

天王洲アイル、品川駅からもアクセスできるT.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)は、運河沿いに建つロケーション。倉庫をリノベーションした広々とした空間には、天井高17メートルの開放感あふれるダイニングやバー、個室、水辺のテラス席などがあります。

夜景を楽しむのなら、オススメは断然、運河を望むテラス席。写真のテラス席は透明のビニールシートで覆われていますが、暖かな季節にはビニールは取り払われ、さらに開放的に。ビルの窓から溢れる明かり、すぐ近くの橋を照らす灯り、そして目の前の運河を時おり屋形船が行き来し、目を楽しませてくれます。

「T.Y.HARB0R」で味わうクラフトビールとボリュームたっぷりのアメリカン料理

「T.Y.HARB0R」で味わうクラフトビールとボリュームたっぷりのアメリカン料理

写真:二宮 うらら

地図を見る

運河沿いの景色が素敵な「T.Y.HARBOR」ですが、実は敷地内にビールの醸造所を併設し、店内から醸造タンクを見ることができます。東京都内では数少ない、大手資本の入らないクラフトビールを味わえるのも大きな特徴です。

できたての6種類のクラフトビールを中心に、ワインやカクテル。料理は、ブリュワリーレストランらしく、つまみから前菜、サラダ、ピザ、メインに肉や魚介。サンドイッチやバーガーもあります。アメリカン料理らしく、いずれもボリュームたっぷり。シェアして食べるのに向いています。

気取らない雰囲気のなかで、夜景とおいしいビールや料理が楽しめるというわけです。

ぜひ、予約してお出かけください

東京の水辺の夜景が楽しめるバー&レストラン、いかがでしたか?
夜景が楽しめるスポットは、けっこうありますがウォーターフロントで、屋外で、となると限られた場所になると思います。初夏〜秋には、混み合うこと必須。予約して出かけてることをおすすめします。

東京ウォーターフロントでロマンティックな夜景とともに、素敵なひと時お過ごしください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/05−2016/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -