海抜56mの別天地!絶景とリゾートを満喫「下田東急ホテル」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海抜56mの別天地!絶景とリゾートを満喫「下田東急ホテル」

海抜56mの別天地!絶景とリゾートを満喫「下田東急ホテル」

更新日:2016/04/10 22:45

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

静岡県「下田東急ホテル」は、海を見おろす高台に建ち、ロビーやレストラン、客室などから海を一望できる最高のロケーションに建つホテルです。温泉に浸かりながら海岸美も堪能でき、ミシュラングリーンガイドで2つ星を獲得した「和歌の浦遊歩道」や、青い海と白砂が美しい「鍋田浜海岸」などの絶景を見られるのも魅力の一つ。夏は、プールや海水浴などが楽しめ、恋人の聖地になった庭園もある「下田東急ホテル」をご紹介します。

海抜56mの丘にそびえる!絶景に包まれたリゾートホテル

海抜56mの丘にそびえる!絶景に包まれたリゾートホテル

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「下田東急ホテル」は、東京駅からJR特急「踊り子号」で「伊豆急下田駅」まで約2時間40分。駅から車で約6分の場所にあります。

ホテルは、温暖な気候に恵まれた下田市に、1962年に開業しました。絶好のロケーションを眺められるように、三方を海に囲まれた天然の入り江の高台に作られ、ロビーや客室、お風呂に至るまで、海を見られるようになっています。早速、紺碧の海を見渡せるホテルへ行ってみましょう!

老舗ホテルならではのクラシカルステイ

老舗ホテルならではのクラシカルステイ

写真:sachie

地図を見る

こちらは、ホテルへ入った正面ロビー。眺望を楽しめるように、一面ガラス張りになっていて、海や三角形の形をした島など、絵画のような美しく開放的な景色が広がり、まるで旅人をもてなしてくれるようです。ホテルは、6階建ての建物で、創業からかなりの年月が経っていますが、館内はリノベーションされているので、清潔感があって綺麗です。

ロビーは3階にあって、ここよりも更に景色の良い眺めが見られるように、客室は主に4階から6階にあります。全115室の立派な造りで、ロビーラウンジに設えられた椅子などの調度品は落ち着きがあり、ホテルのロゴマークになっている桐の花のように、品格が溢れるような空間です。さて、チェックインを済ませたら、疲れを癒すお風呂へ向かってみましょう。

ミシュラン2つ星の遊歩道を望みながら入る風光明媚な絶景風呂!

ミシュラン2つ星の遊歩道を望みながら入る風光明媚な絶景風呂!

写真:sachie

地図を見る

大浴場は、「和歌の浦」「大浦」の2ヶ所あり、時間により男女入れ替えなので、それぞれのお風呂に入ることができます。こちらは「和歌の浦」の露天風呂で、大浴場は1階にありますが、ご覧のような素晴らしい眺め。どこからでも美しい景色を眺められるのがこのホテルの魅力の一つです。

海に浮かぶ三角形の島は「赤根島」で、赤根島の手前の山裾の海岸線に沿うように「和歌の浦」遊歩道があります。遊歩道は、このお風呂の名前の由来になった道で、ただの遊歩道と思いきや、フランスのタイヤメーカーが発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド」で2つ星を得たところなんです。日本を代表する起伏に富んだ美しい海岸線を望みながら、お風呂に入れるのもここならでは! 露天風呂だけでなく、浴室内の洗い場や、もう一つの大浴場からも景色を見られるように工夫がなされ、実に開放的な景観です。

浴槽に張られた湯は、無色透明無味無臭の全くクセのない温泉。嫌味や刺激が少ないので、お子様にもお勧めです。旅の疲れをほぐしてくれるような柔らかな感触で、利用時間は、朝11時までなので、チェックアウトぎりぎりまで温泉を堪能できますよ。

『温泉データ』
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
源泉温度:55度 pH7.85

下田に来たなら外せない!金目鯛料理!

下田に来たなら外せない!金目鯛料理!

写真:sachie

地図を見る

夕食は、ホテル内のレストランで頂くことができます。レストランは、フランス料理「フェニックス」と、日本料理「はまゆう」の2ヶ所。日本料理「はまゆう」では、写真の「金目鯛の煮付け」のような、地元伊豆の海の幸をはじめ、厳選した素材を使った料理を頂けます。

下田は金目鯛の水揚げが日本一! ここの名物になっているので、下田に来たならやっぱり食べておきたい一品です。調理法は至ってシンプルですが、調理人の技が問われる料理。甘くも辛くもない絶妙なバランスのタレと、ホクホクとした柔らかい身が絡み合って最高な旨さを引き出し、何とも言えない美味しさ! 本場ならではの、金目鯛の素材の味も一緒に味わえるので、是非試してみて下さいね。南伊豆の海中で、約半年間熟成させた「海中熟成酒」など、メニューに良く合うお酒もお勧めです。

南国ムード満点な下田初!の恋人の聖地?!

南国ムード満点な下田初!の恋人の聖地?!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、庭園「オーシャンクリフガーデン」にあるプールです。夏の期間、宿泊者が無料で利用できるプールが開放され、ヤシの木やハイビスカスなどが咲き乱れる中、南国にいるような気分でリゾートを満喫できます。プールサイドでのんびり寛げ、プール脇の階段を降りれば、幅約100mの小さな海岸「鍋田浜海水浴場」へも行けます。小さいながらも、プライベートビーチ感覚で利用できる海岸で、プールの奥側に広がっているように青い海が美しく、水質AAの良好なビーチです。プールとビーチを併せて楽しめ、夏限定ですが、海を望む庭園で、海の幸をふんだんに使った磯バーベキューも行われますよ。

また、庭園は2014年4月に恋人の聖地サテライトに認定されたスポット。春は桜や菜の花、初夏は紫陽花など、四季折々の花が咲き、恋人達を幸せにするような景色が広がっているので、是非、恋人同士で訪れてみて下さいね。

おわりに

伊豆急下田駅からホテルまで、無料のシャトルバスがあるので、迷わず行くことができます。ホテルのチェックインは14時から、チェックアウトは11時なので、時間に余裕をもって過ごせ、客室内は禁煙なので、小さなお子様連れは特に嬉しいですね。

ホテルの周辺には、下田に上陸したペリー提督一行が歩いた「ペリーロード」、黒船を再現した遊覧船「サスケハナ号」で下田沖を遊覧する「伊豆クルーズ」など、幕末の開国の歴史を偲ぶ観光スポットも目白押しで、観光拠点としても良いですね。

下田東急ホテルは、ダイビングやシーカヤック、釣りなどアクティブに海を楽しみたい方にも見逃せないホテル! そして何よりも、静かで見晴らしの良い絶景に囲まれた中で過ごせる環境なので、都会の雑踏を忘れてのんびりしたい人には、是非、お勧めしたいホテルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/30−2016/03/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ