鹿児島・宮之城温泉「旅館玉之湯」が竹をテーマに装い新たにOPEN!

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

鹿児島・宮之城温泉「旅館玉之湯」が竹をテーマに装い新たにOPEN!

鹿児島・宮之城温泉「旅館玉之湯」が竹をテーマに装い新たにOPEN!

更新日:2016/04/07 17:20

古川 和美のプロフィール写真 古川 和美 温泉ソムリエマスター、神社検定2級

鹿児島県・さつま町の宮之城温泉は、アルカリ性の硫黄香る美肌の湯が自慢の温泉街。そんな宮之城温泉の一角に佇む「旅館玉之湯」が2015年12月にリニューアルOPEN!
町の特産品「竹」をふんだんに使用した外観やお部屋、そして地元のアーティストさんたちが描いたパネルが各部屋に飾られたりと、個性的で寛ぎ感たっぷりのお宿は、女子旅・カップルや記念日旅行などにおススメです。

竹と光が織りなす幻想的な夜のエントランス

竹と光が織りなす幻想的な夜のエントランス

写真:古川 和美

地図を見る

鹿児島・薩摩郡さつま町の宮之城温泉は静かなこじんまりとした温泉街。そんな一角に構える「旅館玉之湯」が2015年12月に外観・内装を新たにリニューアル!町の特産品である「竹」をふんだんに使用した、こだわりの造りとなっています。まず目をひくのがその外観。
夜はライトアップされた竹に囲まれたエントランスが幻想的です。

和と洋の雰囲気が融合した寛ぎ空間

和と洋の雰囲気が融合した寛ぎ空間

写真:古川 和美

地図を見る

お部屋は全部で10部屋。特別室も含め、基本どのお部屋も上質なベッドが置かれ、フローリング仕様の洋のお部屋と、写真のような畳敷きの和洋のタイプのお部屋とあります。
竹をテーマにしているので、部屋のところどころに竹を使用したオブジェやインテリアなど、オーナーの想いとこだわりが見られます。

またお部屋のベランダからは目の前を流れる川内川(せんだいがわ)を臨むことができ、夏場などテラスで夜風に当たりながらゆったり時間を過ごすのもいいかもですね。

各部屋に飾られた個性派アーティストたちのパネル

各部屋に飾られた個性派アーティストたちのパネル

写真:古川 和美

地図を見る

玉之湯のこだわりは竹のほかにも、各部屋に飾られたアートパネルにもあります。
地元のデザイナーやイラストレーターなどのアーティストたちによる個性的なパネルが、それぞれの部屋に飾られ、独特の雰囲気と彩りを添えてくれています。

シンプルで主張しすぎないものから、パッと目をひくものまで、アーティストの特徴や個性が感じられ、パネルを見るだけでも楽しめます。
またお部屋だけでなく、ロビーにも飾られていますので、そちらもぜひあわせて楽しんでみてくださいね。

センスあふれる料理の演出&自慢の黒毛和牛!

センスあふれる料理の演出&自慢の黒毛和牛!

写真:古川 和美

地図を見る

さて、お待ちかねの料理は食前酒に始まり、お刺身盛り合わせ、ヤマメ、黒毛和牛、黒豚・・など地元の食材を使った料理を、料理長の腕とセンスで堪能することができます。繊細でかつダイナミックな盛り付けや演出も、見るだけでテンションをアップしてくれます。

地元の黒毛和牛&黒豚のしゃぶしゃぶは、特に女性には嬉しい美白効果の高い豆乳鍋でいただけます。そしてごはんも地元薩摩でとれたお米と盛りだくさん!

またボリュームいっぱいな食事は夜だけでなく、朝食も健康的で盛りだくさんなので、しっかり温泉でカロリー消費しましょう。

源泉100%かけ流しで温泉三昧!

源泉100%かけ流しで温泉三昧!

写真:古川 和美

地図を見る

そしてなんといってもイチオシが温泉!源泉100%かけ流しのアルカリの硫黄泉の透明なお湯は、まるで美容液に浸かってるかのような、ぬるっとした肌触りとほのかな硫黄の香り。
しかも贅沢なことにシャワーやカランからも温泉が出ていて、あますところなく温泉を堪能できます。湯上りはまさにつるすべ美肌!

玉之湯では内湯の立ち寄りもOKですが、せっかくなら旅館の横にある家族湯の「ファミリースパ玉の湯(写真)」の利用が断然おすすめ!というのも、都度入替えなので、いつでも新鮮な一番風呂に入れるからです。ぜひ贅沢なお湯と時間をゆっくり堪能してください。

※家族湯のほうは要別途料金

お土産には・・

全てを紹介しきれませんでしたが、おすすめはお土産コーナーにも。ここの美肌の温泉水を使ったオリジナル化粧品シリーズは、自分(女性)へのお土産はもちろんお友達へのプレゼントなどにもおすすめ。
その他、さつまの名物・手作りの香辛料「ひらめき」もお土産にぜひどうぞ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ