広島の夜の一杯目は、達人が注ぐ「ビールスタンド重富」で!

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

広島の夜の一杯目は、達人が注ぐ「ビールスタンド重富」で!

広島の夜の一杯目は、達人が注ぐ「ビールスタンド重富」で!

更新日:2017/09/28 10:32

麦吉 ぼにのプロフィール写真 麦吉 ぼに ライター、イラストレーター

広島には、1日に2時間しか営業しないビールスタンドがあります。出すものはビールだけ、でもメニューは1品ではありません。壱度注ぎ、弐度注ぎ、参度注ぎ‥。そう「ビールスタンド重富」は、注ぎ方を変えてビールを飲ませてくれる店。参度注ぎは、注ぐのになんと5分かかります!注ぎ方で味が変わる、驚きのビールを味わってみませんか?

ビールは1人2杯まで、酒屋さんが営むビールスタンド

ビールは1人2杯まで、酒屋さんが営むビールスタンド

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

「ビールスタンド重富」は、生ビールにこだわりを持つ酒屋さんが、店の一部を店舗にして開いた店。営業時間は17〜19時の2時間。開店少し前になると、生ビール目当ての客が列を作ります。評判を聞いて県外から来たという方も少なくありません。

店内は立ち飲みでテーブル替わりのウイスキー樽が3つ、10人程で満席になります。でもこの店のビールは1人2杯までなので、たとえ行列していてもしばらく待てば入れます。

美味しい2杯でほろ酔いになって、夜の街へ繰り出すのは幸せ!「帰り際にマスターが、「行ってらっしゃい」と送り出してくれます。

生ビールの旨さを追求して、昭和初期のビアサーバーを復活

生ビールの旨さを追求して、昭和初期のビアサーバーを復活

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

「ビールスタンド重富」の注ぎ手である重富さんは、昭和初期の冷蔵庫に取り付けた2基のビールサーバーを駆使して、さまざまな注ぎ"を見せてくれます。平成の現在一般的に使われているサーバーに並ぶレトロなフォルムが印象的なサーバーは、昭和初期のドラフトタワーを当時のままに再現したもの。

重富さんのお祖父様は、広島の人に「旨い生ビールを飲ませたい」と願い、兵庫県西宮の工場でドイツ人技師から「生ビール」を習得して広島に広めた、いわば「広島生ビールの父」。
その志を継いで今一度広島に「旨い生ビール」を伝えるために、重富さんはこのビールサーバーを復活させました。

日本の生ビールのバイブル『生ビール読本』(昭和8年頃刊行)を元に、忠実に再現された昭和の泡!この店でしか出会えない、至福の味です。

注ぐのに5分、ひたすらビールを見つめて待つべし!

注ぐのに5分、ひたすらビールを見つめて待つべし!

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

ビールが出てくるまでの時間は、美味しいビールを想って待つ時間。「スマホなんかいじっちゃダメです」と重富さんがにこやかに。
喉を鳴らして待つうちに置かれたグラスの上には、しっかりとした存在感を持って盛り上がる見事な泡!
テンコ盛りの泡へダイブする様に呑めば、何ともマイルドな味わい。ビールが優しい!と驚きます。

重富さんは、流れるような所作でビールを注ぎながら、注ぎ方の特徴を教えてくれます。この語りがまた、最高のパフォーマンス!
他人同士の集まった場所を、ビール好きが集う幸せな空間に変えて、店の中には明るい笑い声が溢れます。

同じビールなのに泡の色が違う!サーバーの不思議

同じビールなのに泡の色が違う!サーバーの不思議

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

弐度注ぎのビールは、「平成の泡」か「昭和の泡」が選べます。驚いたのは、サーバーが違うと泡の色が違うこと。空気や炭酸の微妙な違いが、これほどの差になるのかと感動します。

写真は、やわらかな口当たりの「昭和の泡」を乗せたもの。うっとりする程きめ細やかな泡、こんな注ぎ方をしてもらったら、ビールも幸せだー!

重富さんは、広島を生ビールの旨い街にしようと「ひろしま元気プロジェクト」を起ち上げました。様々なイベントを仕掛けたり、自らの「注ぎの技」を伝えているので、今広島には「生ビールの注ぎに自信!」という店がじわじわと増えています。

冷え方の柔らかさにこだわるから、氷で冷やす

冷え方の柔らかさにこだわるから、氷で冷やす

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

サーバーが据えられている冷蔵庫は、昭和初期のもの。中には30mものチューブが収まり、昔ながらの角氷が庫内を冷やしています。
「こうして冷やしたビールの方が、口当たりが柔らかい」のだとか。

全ビールメーカーの生ビールセミナーに通ったというマスター重富さんのこだわりが、隅々まで行きわたっています。

広島の一杯目は、「とりあえず」じゃなく「こだわりの生」を!

こだわり抜いて丁寧に注がれる、「ビールスタンド重富」の生ビール。それは、「とりあえず生」のビールとは一線を画す一杯です。

広島へ来たら、銀山町(かなやまちょう)の「ビールスタンド重富」に立ち寄ってみてください!
こだわりの泡で白ヒゲになれば、旅の疲れも吹き飛んで元気になれます。

<基本情報>
住所:広島県広島市中区銀山町10-12
電話番号:050-3635-4147
アクセス:広島電鉄「銀山町」駅下車徒歩5分

2017年9月現在の情報となります。変更となる場合がありますので、公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -