砂漠ツアーも人気!マラケシュのリアド「Riad house13」

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

砂漠ツアーも人気!マラケシュのリアド「Riad house13」

砂漠ツアーも人気!マラケシュのリアド「Riad house13」

更新日:2016/05/05 17:03

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター

モロッコのマラケシュには昔の邸宅を修復したリアドが数多くあります。日本人オーナーが経営するRiad house13は、素敵なモロッコインテリアと日本人スタッフのきめ細やかな対応でとても居心地の良い宿。また、オーナーの友人で元は砂漠の遊牧民であったベルベル人がオリジナルの砂漠ツアーを行うため、じっくり砂漠を満喫できます。今回はリアドステイと砂漠ツアーを楽しめるRiad house13をご紹介します!

観光の中心地フナ広場の近くにあるリアド

観光の中心地フナ広場の近くにあるリアド

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

マラケシュの旧市街にあるジャマ・エル・フナ広場から約10分。ダバシ通りからボウラバダ通りを歩いて、タバコ屋の角を曲がり、さらに小さなモスクの角を入ります。左から2軒目に「13」の金のナンバーがついた深緑色のドアがRiad house13です。夕方は混雑しやすく、また石畳でスーツケースを転がしにくいので、空港や駅からの場合はタクシーが便利ですよ。

リアドの周辺には「house13を知っているから案内してあげる」と言って、後で高額なチップを請求するモロッコ人がいることも。もちろん親切で声をかける人もいますが、なるべく断って自力でリアドを見つけましょう。こちらがモロッコ人と一緒だと、スタッフが入り口の扉を開けられないので気を付けて下さい。もし辿り着くのが難しそうな場合は、リアドに電話を!

モロッコの中に日本の趣きも感じさせるパティオ

モロッコの中に日本の趣きも感じさせるパティオ

提供元:Riad house13

http://www.house13.net/地図を見る

リアドの中に入ると、マラケシュの喧騒を忘れるような素敵なインテリアが広がっています!吹き抜けのパティオ(中庭)は、宿泊者が自由にくつろげるスペース。Riad house13のシンボルである全長約5メートルの竹が真っ直ぐ伸びており、日本の趣きを感じさせます。空を見上げると日の光が降り注ぎ、夜には月が見えることもある開放的な空間です。

スタッフはウェルカム・モロッカン・ミントティを淹れた後に、宿や砂漠ツアーの説明をしてくれます。モロッコのミントティは基本的に甘いのですが、慣れてくるとだんだんクセになりますよ。また宿泊者にプレゼントされる旧市街の日本語マップには、両替所やタクシー乗り場など詳しく記載されているので、町歩きに持っていくと便利です。

邸宅の一室を思わせるゴージャスな個室も!

邸宅の一室を思わせるゴージャスな個室も!

提供元:Riad house13

http://www.house13.net/地図を見る

客室の種類は、男女兼用のドミトリーとルームA、B、Cと3つの個室があります。ドミトリーには「モロッカンサロン」と呼ばれるモロッコの居間形式のソファーがあって広々とした空間です。個室と比べるとリーズナブルに宿泊できて、他の旅行者とも交流しやすいですよ。

ルームA(写真)は3つの個室の中で一番広く、邸宅の一室を思わせるゴージャスな内装。猫足バスタブ付きのバスルーム、トイレ、エアコンが完備されており、友人や家族とゆったり過ごせます。Bはグリーンを基調としたスタイリッシュな内装のダブルルーム。Cはかわいらしい雰囲気の小さなダブルルームなので、女性で個室を考えている方におすすめです。ちなみにA以外はトイレとシャワーが共同になります。

ドミトリーから個室まで全てに共通するのは、テイストは異なるものの、素敵なモロッコインテリアで過ごせるということ!また、日本と同じくらいキレイな部屋なので安心して休むことができますよ。もちろんWiFi環境も整っているのでノートPCやスマホの利用もOKです。

オリジナルのプランが作れる!砂漠の民の砂漠ツアー

オリジナルのプランが作れる!砂漠の民の砂漠ツアー

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

Riad house13では、砂漠の遊牧民オリジナルの砂漠ツアーの手配を行っていて、宿泊者以外の申し込みも可能ですよ。オーナーの友人であり、日本語も堪能なベルベル人ガイドが同行するので、初心者の方や女性ひとりでも気軽に参加できます。砂漠までの交通手段やツアーの内容など、自分の都合や好みによって自由に計画できるのも魅力的ですね!

最も参加者が多いのは、マラケシュ→メルズーガのシェビ砂丘→ブラックデザート(黒砂漠)→マラケシュ(あるいはフェズへ)というルート。2泊3日で砂漠を満喫しながら、さらに砂丘の奥にあるブラックデザート(黒砂漠)で遊牧民の家にステイするプランです。彼らと一緒に生活することで、遊牧民の日常や風習にふれるという貴重な体験ができますよ。

ツアー参加者専用のテントで楽しいひとときを

ツアー参加者専用のテントで楽しいひとときを

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

砂漠の民の砂漠ツアーでは、ツアー参加者専用のテントを設営しています。テントの中に入るとランプが灯っており、異国情緒漂う空間が広がっています。他のツアー参加者とベルベル風の夕食を囲みながら、これまでの旅の話をするなど楽しいひとときを過ごせますよ。夜はテントの外に敷いた布団で、満天の星空を眺めながら眠りにつきます。

次の日、砂漠の地平線から次第に朝日が昇っていく様子には、思わず息をのむことでしょう。また、圧倒的な静寂の中でひとりだけ美しい砂丘に佇んでいると、まるで自分が無になったような感覚になります。砂漠の民の砂漠ツアーは、ひとつひとつの体験をじっくりと満喫できるので、きっと忘れられない思い出になるはずです。

初モロッコの心強い味方になるRiad house13

砂漠ツアーに参加した人は、その後も毎年実施される年越し砂漠ツアーに行くなど、リピーターになることも多いようです。スタッフや宿泊者との交流がずっと続くのは嬉しいですね!Riad house13では空港や各地へのタクシー送迎、お料理教室など様々な手配や、旅のコーディネートも受け付けているので、初めてモロッコに行く方は相談してみてはいかがでしょう?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/17−2015/09/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -