これが本当の水色!宮古島・与那覇前浜の海に浮かんで楽しく過ごそう!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これが本当の水色!宮古島・与那覇前浜の海に浮かんで楽しく過ごそう!

これが本当の水色!宮古島・与那覇前浜の海に浮かんで楽しく過ごそう!

更新日:2016/12/20 15:53

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

「東洋一」とも言われる絶景ビーチが広がる、沖縄・宮古島の「与那覇前浜」。真っ白な砂浜に青々した海の色、ビーチから眺める光景はまさに絶景です。でもその海の色をさらに楽しむ過ごし方があります。まさに「本当の水色」と言わんばかりの海の色を楽しめる方法。与那覇前浜に来たらするしかありません。用意するものは水着だけ。泳げない方は浮き輪もあるとなお良し。宮古島の与那覇前浜をさらに楽しみましょう!

与那覇前浜では「あること」をしないと割り切ろう!

与那覇前浜では「あること」をしないと割り切ろう!

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島と言えば「与那覇前浜」。いや、沖縄のビーチといえば与那覇前浜と言ってもいいほど、沖縄ではとても有名なビーチです。真っ白な砂浜が約7kmも続き、宮古島と来間島とを結ぶ美しい橋「来間大橋」も望めるまさに絶景スポット。遠浅の海なので、海水浴やマリンスポーツがとても盛んなビーチです。

でも与那覇前浜はシュノーケリングにはやや不向き。砂しかない浜なので海の中も大部分が砂地なので珊瑚礁はほとんど望めず、熱帯魚もあまり泳いでいません。まずは与那覇前浜では「シュノーケリングをしない」と割り切りましょう。そうすれば余計な荷物も要りませんし、余計なことを考えずに純粋に海を楽しめます。

ビーチでは常に「裸足」で過ごそう!

ビーチでは常に「裸足」で過ごそう!

写真:離島 こむ

地図を見る

真っ白な砂浜が特徴の沖縄のビーチですが、意外と砂の中にはサンゴの殻が入っていて、裸足で歩くと痛く感じることもしばしば。でも与那覇前浜にはサンゴの殻がほとんどなく、きめ細かい砂のみなので、裸足で歩いても安心です。むしろここでは裸足で過ごすのが基本です。裸足で砂浜を歩くと、きめ細かい砂の感触を思う存分楽しめますし、何より好きな時に海に入ることが可能。裸足で波打ち際を歩くだけでも癒やされます。与那覇前浜に着いたらすぐに裸足になりましょう!

水着じゃなくてもOK!濡れても平気な装いがおすすめ

水着じゃなくてもOK!濡れても平気な装いがおすすめ

写真:離島 こむ

地図を見る

足だけを海に浸けていると、やっぱり泳ぎたくなりますよね。シュノーケリングをしなければ余計なマリングッズが必要なく、水着だけあればOKです。また海に浸かるだけでも十分楽しめるビーチなので、水着じゃなくても濡れても平気な装いでも大丈夫。おすすめはポリエステルなどの化学繊維の服。特にランニング用などのスポーツウェアなら、濡れてもすぐに乾きますのでおすすめです。でもポケットの中だけは注意しましょう!スマホや財布を入れたままだと大変なことになります(笑)。

ちなみに与那覇前浜は遠浅なので、基本的に浅くて足が着きますが、泳げなかったり不安に思う方は浮き輪もあるとなお良し。海の中はなだらかな砂地なので、いきなり深くなることもありません。少し沖へ行くだけで、より豊かな「水色」を楽しめます。与那覇前浜では、いつでも海に入ることができるように、濡れても平気な装いがおすすめです。

これぞ「本当の水色」!与那覇前浜の海で大の字になって浮かぼう!

これぞ「本当の水色」!与那覇前浜の海で大の字になって浮かぼう!

写真:離島 こむ

地図を見る

基本的に海の水なら人は浮きます。もちろん完全には浮きませんが、足が海底に着く場所なら、足を着けた状態で上半身を海に寄りかかれば、浮かんだ感覚を味わえます。その際、息を胸一杯に吸い込むとさらに浮かびます。この「プカプカ浮かぶこと」が与那覇前浜で一押しの過ごし方。しかも足を少しかけば、海の浮力も相まって完全に浮かぶこともできるかも?海で大の字になって浮かんでいれば、見えるのは透き通る青空と、本当の水色の海。そして聞こえるのは波の音だけ。南国リゾート気分を思う存分楽しめます。

流されても大丈夫!与那覇前浜の特徴をつかめば安心

流されても大丈夫!与那覇前浜の特徴をつかめば安心

写真:離島 こむ

地図を見る

与那覇前浜は宮古島と来間島との間の海で、外洋に面していないので波は小さめ。海でプカプカ浮かんでいても、波をかぶることはあまりありません。また流れもビーチと平行した左右方向なので、プカプカ浮いていても沖に流される心配もほとんど要りません。むしろ気がつくと、沖から波打ち際まで移動していることが多いです。ただ左右の流れはかなりありますので、気がつくとビーチの別の場所にいることも!?時折ビーチを見て、現在位置を確認しながら流されましょう!

何はともあれ海に入りましょう!そのためにも裸足&泳げる装いは必須

とにもかくにも与那覇前浜を楽しむコツは「海に入ること」。足だけでもよし、腰まででもよし、頭だけ海に出しているだけでもよし。少しでも水面に近い場所へ視線を持って行けば、「本当の水色」を望めます。その瞬間を写真に収めるなら、防水型のカメラや端末があればなお良し。遠目で見るビーチも綺麗ですが、海の色はより近い場所で見た方が断然綺麗!そのためにも、与那覇前浜では常に裸足、そして海に入ることができる装いがおすすめです。そして気が向いたら海に入って、プカプカ浮かんで流されましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/06/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -