神話の国を感じるハイセンスな「グリーンリッチホテル出雲」で癒しのステイを!

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神話の国を感じるハイセンスな「グリーンリッチホテル出雲」で癒しのステイを!

神話の国を感じるハイセンスな「グリーンリッチホテル出雲」で癒しのステイを!

更新日:2016/04/18 17:08

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

神話の国「出雲」。縁結びの神様としても知られる出雲大社をはじめ、歴史・文化遺産など見所の多い人気観光地。出雲市の玄関口であるJR出雲市駅周辺に、ビジネスホテルが多くあります。神話の国とビジネスホテル。一見縁遠いイメージですが、「縁」をテーマにする人気ホテルが「グリーンリッチホテル出雲」。ハイセンスな人気チェーンホテルの魅力に迫ります。

人気赤丸急上昇の「グリーンリッチホテル」

人気赤丸急上昇の「グリーンリッチホテル」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

全国各地に展開する有名ビジネスホテルチェーンは人気ですが、地方で展開するチェーンは軒数の少なさから斬新なコンセプトの打ち出しが容易で、キラリと光る優れたホテルが多くみられます。地方で人気を博した結果、全国展開へ踏み出すホテルチェーンも出てきています。

九州を中心に、山陰、関西など西日本に展開する「グリーンリッチホテル」。ハイセンスで利用者目線に優れたチェーンとして、利用者から圧倒的な支持を得ています。ビジネスホテルの快適性とシティホテルのリッチ感のコンパクトな融合をテーマに、きめ細かなサービスを積極的に採り入れています。

縁結びカラーに彩られた館内

縁結びカラーに彩られた館内

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

グリーンリッチホテルでまず印象的なのがフロント・ロビースペース。地域性を演出する施設も多く、グリーンリッチホテル出雲では「縁・円・えん」をテーマにしています。もちろん、縁結びの地「出雲」に由来。

重厚な墨色が基調となり、出雲神話に登場する金の矢をモチーフに「ゴールド」をポイントカラーとして使用しています。「優美さ」溢れる空間といえます。様々な「えん」をゲストに感じてほしいというホテルの願いが伝わってくるようです。

神話の国「出雲」をテーマにした客室フロア

神話の国「出雲」をテーマにした客室フロア

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室フロアは、乳白色ベースにポイントカラーが赤のフロア、紫のフロアとに分かれます。赤はもちろん縁結びの赤い糸、紫は高貴な色としてのイメージです。客室フロアまで神話の国が息づいています。

客室は落ち着いた色彩とレイアウト。シングルルームでいえば、窓際に横置きのベッド、向かいにデスクを配置し、デスクワークに集中できそうです。クオリティの高いチェアをはじめとして、書斎のように仕事ができそうなデスク回りは好印象です。

眠りへの気遣い

眠りへの気遣い

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルの客室にとって眠りは重要です。ビジネスホテルだから割り切るという施設もありますが、グリーンリッチホテルは眠りへの気遣いも秀逸。同ホテルオリジナルの寝具が採用されています。

デュベスタイルに用いられている羽毛布団は高いダウン率で保温性、通気性に優れます。また、高密度スプリングのマットレスを使用、枕は備えられているチップ入り以外に、低反発・クッションタイプも貸出サービスがあります。

貸出サービスの棚は各階エレベータ前にあります。枕のほかにも加湿器やパンツプレス、浴衣・ガウンも選べます。

旅人の疲れを癒す大浴場

旅人の疲れを癒す大浴場

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ここまで快適ステイに気遣うホテルにして、更に嬉しいのが「大浴場」。腰痛や神経痛などに効果が期待できるといわれる「二股炭酸カルシウム温泉」を利用した人工温泉です。旅の疲れも吹き飛びそう。

ビジネスホテルの大浴場は時々見かけますが、露天風呂、男性浴場にはサウナも備える充実の設備、清潔感ある空間でお風呂好きにも納得のクオリティです。もちろん宿泊者は無料で利用できます。

おわりに

上質なやすらぎと快適な眠りを追究するグリーンリッチホテル。無機質で機能性が追求されるのが一般的なビジネスホテルですが、シティホテルの豪華さも採り入れることで、いつもと違ったリッチな気分で利用できるホテルです。神話の国へ行った際には、「縁」を感じるグリーンリッチホテル出雲に宿泊してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/22−2016/01/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -