山水画の風景が広がる街!中国・陽朔で悠久のひとときを過ごす

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山水画の風景が広がる街!中国・陽朔で悠久のひとときを過ごす

山水画の風景が広がる街!中国・陽朔で悠久のひとときを過ごす

更新日:2016/05/16 16:21

京都 トモコのプロフィール写真 京都 トモコ 旅先案内人

桂林からの漓江下りの終着点「陽朔」は、水墨画のような風景の中にできた街。奇峰を眺めながら筏で川下りやサイクリング、鍾乳洞の中では泥遊びや温泉も楽しめます。夜はにぎやかな西街でグルメも堪能!中国のグルメと自然、両方をを楽しみたい方に、魅力と見所をお届けします!

眺める場所によって形が変わる?月亮山!

眺める場所によって形が変わる?月亮山!

写真:京都 トモコ

地図を見る

山にぽっかりと空いた穴。眺める場所によって月のように形が変わって見えるため「月亮山」という名前がつきました。

入場料を払い、敷地中に入ると山腹の穴まで登ることができます。以前はロッククライミングのゲレンデとなっており、クライマーが穴をぐるりと登る姿を見ることができましたが、現在は禁止されています。
自然が作った不思議な形、色々な角度から観察してみてはいかがですか?

金水岩の洞窟の中で温泉と泥遊び!

金水岩の洞窟の中で温泉と泥遊び!

写真:京都 トモコ

地図を見る

3つの山の中を通る全長5km。この巨大な洞窟の中では、泥遊びと温泉が楽しめます!洞窟内の岩は、イルカの形や王様の椅子の形などさまざま。

洞窟を一通り見学した後は、待ちに待った温泉です!専用の更衣室で水着に着替え、温泉につかり、旅の疲れが癒せます。温泉は一年を通して水温約40度ですが、泥泉は夏以外冷たいです。泥遊びも楽しむなら、8月に訪れるのがオススメ!
水着とタオルは受付でも販売しているので、忘れた時も安心です。

夜ご飯とお土産選びは西街で!

夜ご飯とお土産選びは西街で!

写真:京都 トモコ

地図を見る

暗くなるほどに賑わいが増す西街。西洋人が住み着き、店を開くようになったので、西街という名がつきました。中国料理からピザ屋まで、各国の料理が楽しめます。少し辛めの料理が多いですが、タニシや鍋などを味わってみてください。
屋台では魚や、イカ、豆腐を食べ歩き!漓江でとれた魚を食べると長生きでできると言われています。

また、山水画の街ならではの絵画のお土産や、その場で判子を掘ってくれる店もあります。会社等で利用する印鑑として、ひとつ即席で作ってみてはいかがでしょうか?

山水画の世界で主人公になれる!やっぱり外せない川下り!

山水画の世界で主人公になれる!やっぱり外せない川下り!

写真:京都 トモコ

地図を見る

遇龍河は、全長43.5kmの漓江の支流。2人がけの椅子に座ることができる竹製いかだで、山水画の世界の主人公になりましょう。水面に映る奇峰群が次から次へと現れ、時間を忘れてしまいます。
ゆったりと川の流れに身を任せ、悠久のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

一足のばして扇画の産地、福利古鎮景区へ!

一足のばして扇画の産地、福利古鎮景区へ!

写真:京都 トモコ

地図を見る

陽朔三大古鎮のひとつ「福利」は、大きな扇子に山水画を描いた扇画の産地。川沿いの街は古い家が並び、路地に入るとどこか一昔前の村に迷い込んだようです。山水画や民芸品の店が立ち並び、陽朔とはまた違った静かで素朴な地区です。

2、5、8の付く日には市が立つので、それに合わせていくとお土産選びもより楽しめます。

まとめとして

ツアーでいくと、桂林の漓江下りのあとに早足で訪れることが多い陽朔ですが、ぜひ滞在して、ゆっくりと自然とグルメを楽しみましょう。
夜はライトアップされる奇峰を眺めながら、西街でグルメを堪能してはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/26−2016/03/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ