愛媛の新みやげ砥部焼「白青」で唯一無二、運命の器を見つけよう!

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

愛媛の新みやげ砥部焼「白青」で唯一無二、運命の器を見つけよう!

愛媛の新みやげ砥部焼「白青」で唯一無二、運命の器を見つけよう!

更新日:2017/01/20 10:56

かのえ かなのプロフィール写真 かのえ かな ライター、駅舎愛好家、マンホール愛好家

今、流行りの和食器。さまざまな色や柄の和食器を組み合わせて食卓を彩れば、毎日の食事がより楽しくなりますよね。そんな和食器から、愛媛県伊予郡砥部町(とべちょう)が生んだ新ブランドが「白青(しろあお)」。

白青とは伝統的な陶磁器・砥部焼のひとつです。デザイン性の高さや使いやすさから、愛媛みやげの新定番として注目を集めています。砥部町に行けば白青を買うほか、作っている様子を見学することが可能です。

そもそも、砥部焼とは?

そもそも、砥部焼とは?

写真:かのえ かな

地図を見る

砥部焼とは、愛媛県伊予郡砥部町で作られる、230年以上の伝統を持つ陶磁器です。主原料は砥部町で採れる上尾(うえび)陶石。食器だけでなく花器なども作られ、愛媛県の無形文化財にも指定されています。

そもそも、砥部焼とは?

写真:かのえ かな

地図を見る

砥部町の約80の窯元で作られていますが、いずれも飽きがこないデザインと丈夫さが特徴です。また、若い職人が数多く活躍していることでも知られ、幅広い年代の感性が響き合う、そんな芸術性の高さも感じられます。

砥部焼から生まれた新ブランド・白青

砥部焼から生まれた新ブランド・白青

写真:かのえ かな

地図を見る

そんな砥部焼から、2014年に生まれた新ブランドが「白青」です。砥部町出身の建築家・ディレクターの岡部修三氏を中心に編み出され、千山釜をはじめとした複数の窯元によって作られています。

そのデザインは、モダンと伝統が混ざり合ったオリジナリティーの高さが特徴。どんな料理にも合わせやすいので、和食器ファンにはたまりません。白青の商品は以下の6種類。さまざまなシーンで使えるよう、サイズも幅広く用意されています。ちなみに写真は、「くらわんか椀」です。

砥部焼から生まれた新ブランド・白青

写真:かのえ かな

地図を見る

ほかにも写真の「蕎麦猪口」や、平皿、鉢、湯呑、箸置きがあります。

砥部焼から生まれた新ブランド・白青

写真:かのえ かな

地図を見る

それぞれの商品に縞柄(太・細)と絵柄(うめ・ひばり・まだい・どんぐり)全6種類の模様が用意されています。

絵柄はすべて、砥部町や愛媛県にまつわるものです。例えば砥部町の花である「梅」や愛媛の名産「鯛」など。今後デザインが増えていく可能性も・・・。陶器でありながら重さを感じさせない工夫もされており、世代・性別問わず愛用できるのも嬉しいですね。

同じものはふたつとない!白青ならではの色彩に注目

同じものはふたつとない!白青ならではの色彩に注目

写真:かのえ かな

地図を見る

白青で特に注目したいのが、砥部焼の中でも極めて鮮やかな色彩です。一瞬で目を奪われる深い青色は、呉須(ごす)というコバルトブルーを主成分とした藍色の顔料で作られています。

呉須の配合は、白青を作る窯元によっても異なります。つまり、ひとつひとつの白青が世界にひとつだけの作品と言うことです。

まだい模様の平皿を重ねるとき、あえて模様の位置をずらせば、深海を漂う魚のようで幻想的になるというのが白青の方のおすすめです。

同じものはふたつとない!白青ならではの色彩に注目

写真:かのえ かな

地図を見る

絵付けは、ろくろを回しながらひと筆で塗る「呉須巻き」という手法で行われます。手作りだからこその塗りムラが、白青に味と深みを与えます。

「砥部焼観光センター・炎の里」で白青や砥部焼ができる様子を見学

「砥部焼観光センター・炎の里」で白青や砥部焼ができる様子を見学

写真:かのえ かな

地図を見る

砥部町にある「砥部焼観光センター・炎の里」では、その様子を見学することが可能です。白青だけでなく、さまざまな砥部焼を見ることができます。

「砥部焼観光センター・炎の里」で白青や砥部焼ができる様子を見学

写真:かのえ かな

地図を見る

機械による製造が増えつつある和食器において、砥部焼は今なお、製造工程のほとんどが手作りによって行われています。

「砥部焼観光センター・炎の里」で白青や砥部焼ができる様子を見学

写真:かのえ かな

地図を見る

ろくろを回す「成形」や細やかな職人技が光る「仕上げ・絵付け」など、あらゆる製造工程が見られるほか、作成途中の白青の姿を見ることができます。

ひとつひとつ丁寧に作られる姿を見ると、より一層、和食器に対する愛情が高まりますよ。

白青は道後温泉商店街でも買えます!

白青は道後温泉商店街でも買えます!

写真:かのえ かな

地図を見る

白青は「砥部焼観光センター・炎の里」のほか、道後温泉商店街の入口すぐの「伊織」の2階でも買うことができます。愛媛の主要観光地である、道後エリアでも買えるのは嬉しいですね。

白青は道後温泉商店街でも買えます!

写真:かのえ かな

地図を見る

このほかギフトショーなどにも出店していますので、随時公式サイトをチェックしておきましょう。

さいごに〜あなただけの白青を見つけよう〜

和食器が使えるのは、和食だけではありません。サラダボールにしたり、エスニック料理にも合います。旅先で見つけた逸品が日常生活に彩りを添えてくれると、旅の思い出がよみがえり、気持ちがより一層明るくなります。

白青はそんな楽しさを届けてくれる、愛媛みやげの新定番です。ぜひ足を運んで、唯一無二の白青から、あなただけの白青を見つけてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ