日本原種のあじさいを堪能!伊東「伊豆四季の花公園」あじさいまつり

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本原種のあじさいを堪能!伊東「伊豆四季の花公園」あじさいまつり

日本原種のあじさいを堪能!伊東「伊豆四季の花公園」あじさいまつり

更新日:2016/04/26 15:20

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆マニア

静岡県伊東市にある「伊豆四季の花公園」。5月下旬から6月下旬にかけて、園内にある「あじさい苑」で、約230種3千株の紫陽花が見頃を迎え「城ケ崎あじさいまつり」が開催されます。日本原種を中心とした多くの紫陽花があり、ここに自生する「城ケ崎」「伊豆の華」などの他、全国から集められた珍しい品種まで展示。期間中、甘茶の無料サービスなどのおもてなしイベントも開催される「城ケ崎あじさいまつり」をご紹介します。

2006年5月にオープンした日本原種日本一のあじさい苑

2006年5月にオープンした日本原種日本一のあじさい苑

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「伊豆四季の花公園」は、伊豆急・伊豆高原駅から、東海バスで約9分の場所。伊豆半島の東海岸に位置し、温暖な気候に恵まれた地形を使用して、四季を通じて常時、20〜40種類の花々が見られる自然豊かな公園です。

5月下旬から6月下旬にかけて、園内のあじさい苑では紫陽花が見頃を迎え「城ケ崎あじさいまつり」が開催されます。日本原種にこだわった国内初のあじさい苑で、自生する紫陽花の他、全国から集められた約230種の日本原種あじさい数、日本一を誇っています。早速、あじさい苑を覗いてみましょう!

ガーデナー監修!の美しい園内

ガーデナー監修!の美しい園内

写真:sachie

地図を見る

あじさい苑は、公園の入口から右側に広がるようにあり、約1万平方メートルの広さがあります。あじさい苑ができる前は、原生林が広がる場所でしたが、できる限り地形を上手く使って造成しているため、斜面を覆いつくすように紫陽花が咲いています。遊歩道は、整備されていて歩きやすく、見やすいように設計されています。

紫陽花の品種によって開花にバラツキがあり、順次開花していくので、どんな紫陽花が咲いているかはお楽しみ! 何度訪れても飽きず、魅力の一つでもあります。

見る価値あり!ご当地紫陽花

見る価値あり!ご当地紫陽花

写真:sachie

地図を見る

こちらのあじさい苑では、日本固有の「ガクアジサイ」を中心に展示されています。紫陽花と言えば、ボールのような球形をした大きな花を思い浮かべるかも知れませんが、それは「西洋紫陽花」で、ガクアジサイの「山アジサイ」とかけ合わせて作られたもので、種類が違います。ガクアジサイは、中心にある花序を縁取るように小さく花を咲かせるもので、西洋紫陽花とは違って控えめな印象です。

ここには「ヤマアジサイ(甘茶)」「紅」などといった名が知られたものから、「富士の白雪」など珍しいものまでありますが、やっぱり見ておきたいのが、ここで自生する品種。「城ケ崎」「伊豆の華」の2種類あって、写真は「城ケ崎」という品種です。青色がとっても美しく、地味なイメージの花ですが、近くで見ると、何とも言えない奥ゆかしい美しさ。同じ青色の紫陽花でも、はっきりした青色から、薄い青色のものまで色々あって、青色の他にも、ピンク色など暖色系の花もあり、目を楽しませてくれますよ。

とっておきの撮影ポイント!

とっておきの撮影ポイント!

写真:sachie

地図を見る

地形を活かした斜面にあじさい苑は作られているので、紫陽花に囲まれたこんな場所があります。周囲の他、背後の奥まで紫陽花に覆われ、まるで紫陽花のジャングルのようです。人の背丈より高い木なので、とっても見応えがあり、記念撮影をするにはもってこいの場所!

この近くには、紫陽花の根が岩を抱いたように見える変わった「抱き石あじさい」もあるので、是非探してみて下さいね。

無料で振る舞われる!甘〜い魅惑的な飲み物

無料で振る舞われる!甘〜い魅惑的な飲み物

写真:sachie

地図を見る

あじさい苑を散策したら、園内の温室へ行ってみましょう! 温室では、一年中ブーゲンビリアが咲き誇り、まつりの期間中、売店ではヤマアジサイの葉から作られた甘茶の無料サービスが受けられます。甘茶は、紫陽花を見た後に飲むには、ぴったりな飲み物。飲んでみると、独特の甘みが口の中で、じわじわと広がる不思議な感じです。売店では、甘茶のオリジナルパックも売られているので、お土産にもお勧めですよ!

まつりの期間中、紫陽花のオリジナルポストカードのプレゼントや、土曜日・日曜日には、音楽イベントなども行われます。イベントの詳しい内容は、下記のMEMOよりご覧下さい。

おわりに

その年の気温などにより、開花時期は多少違いますが、6月中旬頃から全体の見頃を迎えるので、より多く紫陽花を見たい人は、その時期に訪れるのがお勧めです。

日本原種の紫陽花が集う「伊豆四季の花公園」へ是非、足を運んでみませんか? 原種ならではの魅力を堪能できるのは、日本でもここだけですよ!!

【城ケ崎あじさいまつり】
開催日:2016年5月28日(土)から6月30日(木)までの予定

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -