米ロサンゼルス観光に欠かせない!個性光るビーチタウン3選

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

米ロサンゼルス観光に欠かせない!個性光るビーチタウン3選

米ロサンゼルス観光に欠かせない!個性光るビーチタウン3選

更新日:2017/09/27 17:05

遠藤 唯菜のプロフィール写真 遠藤 唯菜 トラベルライター

米国・ロサンゼルスのビーチはそれぞれが個性的で楽しみ方も様々。更にビーチだけではなくビーチタウンの充実っぷりも魅力の1つ!
ビーチによって表情を変えるサンセットは必見。アクティビティも外せませんね!今回は、米国・ロサンゼルス観光に欠かせないビーチタウンとそれぞれの楽しみ方をご紹介します。

観光・ショッピング・遊園地・アクティビティとスタイリッシュに楽しめる、サンタモニカ

観光・ショッピング・遊園地・アクティビティとスタイリッシュに楽しめる、サンタモニカ

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

サンタモニカビーチは、連日老若男女問わず大勢の観光客・市街の人々が訪れる、カリフォルニア州を代表するビーチタウンです。

その人気の秘訣は、「サンタモニカ・ピア」にあります。ルート66の終着地点であり、遊園地(入場料無料)やお土産ショップやレストランがあるので1日中訪れる人が絶えません。爽やかな風と真っ白な砂浜と透き通るような青い海を楽しむのもサンタモニカならではの醍醐味ですね!

また、ビーチからすぐ近くにある、「サードストリートプロムナード」でのショッピングも個性的なお店がたくさん並び、時間がたつのを忘れてしまうくらい楽しめるのでオススメです!

五感の全てを刺激する!?個性派揃いのベニスビーチ

五感の全てを刺激する!?個性派揃いのベニスビーチ

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

いかにもカリフォルニアらしい開放的な雰囲気が特徴のベニスビーチはサンタモニカの南に位置し、20分程で歩いて行けます。「オーシャンフロントウォーク」には個性的なギフトショップやレストランが多く立ち並び、その建物の壁の落書きアートはとてもクオリティが高く、思わずカメラを向けてしまいます。

また、パフォーマーが多いのもベニスビーチの特徴で、いかにも当たりそうにない占い師・ガラスの上を素足で走ったり、口から火を噴く大道芸人・楽器の演奏者などがチンドン屋のように並び、とても賑やかで刺激を受けることができます!

ベニスビーチはスケートボードの聖地でもあるので、プロ並みのスケーティングに目を奪われること間違い無しです。ヒッピーやボヘミアン文化の中心でもあるので、個性的なファッションを楽しむことができます。遮るもののない、太平洋に沈む夕日もとても美しく必見です!楽しみ方も感じ方も十人十色のベニスビーチで、ぜひ日本では味わえない刺激と開放感を味わってください!

とにかく美しいの一言!マリブは大人とサーファーの為の自然豊かなビーチ!

とにかく美しいの一言!マリブは大人とサーファーの為の自然豊かなビーチ!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

マリブはサンタモニカから車で約20分と少し離れていますが、地元で人気が高く、億万長者のビーチとしても有名です。ビーチの背後にはサンタモニカ山脈があり、自然豊かな為、他のビーチに比べるとゆったりとした時間を楽しむことができます。

特にマリブラグーンは約200種類もの野鳥が観察でき、沖ではサーファーを見ることのできる地元で人気のビーチです。ここでの朝焼けや太平洋に沈む夕焼けはことさら綺麗!時間を合わせて行くことをオススメします!

併せて、その裏にあるマリブ・カントリー・マートは、ハイブランドのショップやレストランが揃うショッピングモールです。こじんまりとしていて、カントリー調の建物に癒されます!運が良ければハリウッドスターに会えるかもしれません?!

ロサンゼルスのビーチタウンまとめ

ロサンゼルスにはまだまだたくさんのビーチがありますが、今回ご紹介したビーチタウンは、どれもそれぞれに特徴があり、ビーチ・景色・アミューズメント・レストラン・ショッピングと観光にとても便利です。
どのビーチも交通の便がいいのでバスなどの公共機関を使って行くことができます。

潮風を感じながら、シーフードを頬張ったり、賑やかなパフォーマンスを楽しんだり、綺麗な夕日に感動したりと、楽しみ方は様々!
ぜひ自由度の高い、アメリカの個性豊かなビーチタウンでロサンゼルス観光をお楽しみください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/15−2016/03/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ