浜松・隠れたバラの名園「ばらの都苑」!私設を超えるスケールにビックリ仰天!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

浜松・隠れたバラの名園「ばらの都苑」!私設を超えるスケールにビックリ仰天!

浜松・隠れたバラの名園「ばらの都苑」!私設を超えるスケールにビックリ仰天!

更新日:2017/07/20 09:09

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 旅行ブロガー

浜松市中区にある「ばらの都苑 研究畑」は、私設のバラ園であり、無料で一般開放されています。一歩苑内に入ると、そのスケールの大きさにびっくり!公設のバラ園以上です。隠れたバラの名所として年々有名になり、今や多くの人が訪れます。

苑内のバラは約1,500株、300種類。美しくバラが配置された城・五重塔などの大型立体造形は必見!バラの見頃は例年5月上旬〜下旬。なお4月は花桃、6月にはユリも楽しめます。

驚きの規模!でも入場無料

驚きの規模!でも入場無料

写真:波奈 美月

地図を見る

「ばらの都苑 研究畑」は、東名高速道路 浜松西ICから車で約10分のところにある私設のバラ園です。到着すると、まずは入口にある巨大なバラのアーチに目を奪われます。

苑内の広さは約2,300平方メートル。日本・米国・フランスなど6ヶ国の300種類、約1,500株のバラでぎっしりと埋め尽くされています。「ホントにこれが個人のバラ園なの?」とびっくりすること間違いなし!色とりどりの苑内には良い香りが漂い、なんとも心が癒されます。

これだけ素晴らしいバラ園なのに、なんと入場無料!入口近くにひっそりと募金箱があるだけです。苑内は広すぎず、平坦ですので、坂道や階段に不安のあるかたでも、安心して巡ることができます。入口のすぐ前に駐車場があるのも嬉しいですね。

亡き奥様のため!たったひとりで造り上げた美しいバラ園

亡き奥様のため!たったひとりで造り上げた美しいバラ園

写真:波奈 美月

地図を見る

「ばらの都苑」は、苑主の天野和幸さんが亡き奥さまのため、おひとりで造られたバラ園です。おひとりでやることが供養になるとの思いから、開園から約16年経った今でも、ほとんどご自分だけで手入れをされています。

バラがお好きだった奥さまの都さん。病気でお亡くなりになる前、奥さまの希望で最後に出掛けたのはバラ園でした。奥さまと二人で、鉄工所と茶畑を切り盛りされてきた天野さん。茶畑で苦労をかけたからと、自宅近くの茶畑を造園し、奥さまの大好きだったバラをいっぱい植えて「ばらの都苑」を開園されました。

奥さまへの思いと、訪れる人に楽しんでもらいたいという気持ちから無償で開放されている「ばらの都苑」。苑内に漂う優しく暖かい雰囲気はそこからきているのでしょう。
2015年5月23日、苑内で最初の結婚式が行われました。新郎新婦がこの場所を選ばれた理由、訪れてみるとよくわかりますよ。

もはや私設の規模を超えている!ダイナミックな立体造形

もはや私設の規模を超えている!ダイナミックな立体造形

写真:波奈 美月

地図を見る

苑内を巡って目を奪われるのは、アーチ・城・五重塔・守礼の門など、バラで彩られた大型立体造形の数々。あまりにダイナミック!ここまでくると、もはや私設バラ園の範疇を超えています。

写真は「恩(めぐみ)の城」と「五重塔」です。このような立体造形を造れるのは、苑主の天野さんが鉄工所を営む方だからこそ。パイプ単管を組み合わせ、驚くような大型の立体造形を次々に造られます。

見事なバラ園を維持されているのみならず、アイデアも豊富!毎年創意工夫され、新しいことに取り組み続けるご様子に頭が下がります。

「ばらの都苑」に込めた願い!バラで形作られた「愛」と「絆」

「ばらの都苑」に込めた願い!バラで形作られた「愛」と「絆」

写真:波奈 美月

地図を見る

苑内にはバラで作られた「愛」と「絆」の文字があります。気が付かないまま帰ってしまってはもったいない!ぜひ探してみましょう。

写真の奥の富士山をよく見てみましょう。「愛」の文字がバラで形作られています。わかりづらいですが、裾野のほうに「絆」の文字もありますよ。
見る角度がまた重要。足元にある「足跡マーク」を探し、その通りに立ってみましょう。特に文字の上のバラが満開の時がわかりやすいです。

「愛」と「絆」の2つの言葉。苑主の天野和幸さんが「ばらの都苑」に込めた平和への願いが伝わってきます。

バラだけじゃない!花桃・ユリもお薦め

バラだけじゃない!花桃・ユリもお薦め

写真:波奈 美月

地図を見る

バラで有名な「ばらの都苑」ですが、4月には花桃、6月にはユリが見頃になり、こちらもお薦めです。入口から入って右奥に、赤・白・ピンクの花桃約150本が植えられ、全長約50メートルの「蔵之介第一、第二トンネル」も作られています。4月の見頃の時期は大変見事!一見の価値がありますよ。「立性」と「枝垂れ性」の2種類の花桃があり、「枝垂れ花桃」のほうが早く開花するそうです。

苑内にはユリも多く植えてあり、6月には開花します。花桃のトンネルの横には「ユリの迷路」が作られており、お子様が楽しむのにぴったり!テッポウユリなど約1,500株が植えられています。

年々進化を続けていくのがうかがえる素晴らしいバラ園。河津桜やクリスマスローズも植えられており、年中花が咲き乱れる日も近いかも!

知る人ぞ知る名園「ばらの都苑」!最盛期は5月中旬〜下旬

「ばらの都苑」の春バラの見頃は5月上旬〜下旬、最盛期は5月中旬〜下旬になります。(年によって多少のズレはあります)

バラを見るのは、曇がちな日の午前中がベスト。香りを楽しむなら時間が早いほど良く、日差しが強すぎないほうが本来の色を楽しめるそうです。

「ばらの都苑」への行き方は、東名浜松西ICから県道65号線を北上します。その後、県道65号線を離れて少し奥に入るので、あらかじめ調べて行かれることをお薦めします。カーナビは、グーグルマップの住所(花川町1288)より「静岡県浜松市中区花川町1300」に設定したほうがわかりやすいでしょう。
駐車場(無料)は苑の近くと入口前にあり、合計30台ほど駐車することができます。

地元では有名だけど、全国的には知られていない隠れた名スポット「ばらの都苑」。訪れれば、その充実した内容と暖かい雰囲気に心から癒されること間違いなしです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ