ひとり旅の女性におすすめ!マラケシュの「リアド・ブッサ」

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ひとり旅の女性におすすめ!マラケシュの「リアド・ブッサ」

ひとり旅の女性におすすめ!マラケシュの「リアド・ブッサ」

更新日:2016/05/07 16:48

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター

モロッコで一度は泊まってみたい古い邸宅のリアド。でも女性ひとりの場合、リアド特有のゴージャスな内装や広々としたスイートルームに気後れすることも。マラケシュの隠れ家「リアド・ブッサ」は洗練されたフレンチモロッコ風のインテリアで、女性ひとりでも入りやすい雰囲気。またオーナーやスタッフの対応が素晴らしいことからリピートする人も多いのです!今回は女性におすすめしたい「リアド・ブッサ」をご紹介します。

フレンチモロッコ風の内装が広がるパティオ

フレンチモロッコ風の内装が広がるパティオ

提供元:Riad Boussa

http://www.riadboussa.com/jp/home.html地図を見る

マラケシュの中心地ジャマ・エル・フナ広場から徒歩5分。商店街のあるダバシ通りの途中で路地に入り、狭い道をどんどん左に曲がっていきます。こんな所に宿があるのかな?と不安になりますが、路地の突き当たりまで進みます。最初はリアドに辿り着けない可能性が高いので、マラケシュの空港や駅から送迎を頼むことをおすすめします!

リアドの扉を開くとふわっと良い香りのアロマに包まれます。1階のパティオ(中庭)は、モロッコのカラフルさとフランスのモダンな要素をミックスさせた素敵なインテリア。異国情緒ただよう音楽が流れており、バラの花びらを浮かべた噴水の近くには水タバコが置かれています。夜にはキャンドルの光が照らされて、とても幻想的な雰囲気になりますよ。

何度も頼みたくなる絶品のミントティー

何度も頼みたくなる絶品のミントティー

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

チェックインの後はフランス人オーナーのブリジットが、こちらの希望を聞いたうえでおすすめのショップやレストランを教えてくれます。英語やフランス語を話せなくても、簡単な単語で丁寧に説明してくれるので安心できますよ。ちなみにマラケシュは観光、買い物、ハマムと楽しむところが多いので、移動日を除いて丸2日は滞在すると良いでしょう。

アシスタントの青年アリやスタッフが淹れてくれるミントティーは、ウェルカムドリンクだけでなく、飲みたいと思ったときにいつでも無料で頼むことができます。モロッコのミントティーは基本的に甘すぎるものが多いですが、こちらは甘さと旨味のバランスが絶妙。一緒に出されるクッキーとの相性も抜群なので、何度も頼みたくなってしまいます。

思わず真似したくなるお部屋のインテリア

思わず真似したくなるお部屋のインテリア

提供元:Riad Boussa

http://www.riadboussa.com/jp/home.html地図を見る

客室は2階にあり、ツイン2部屋、ダブル、スイートの全4室。ツインルーム(写真)はモロッコらしいエキゾチックな装飾のベッドやランプがある一方、フランスの洗練された雰囲気も感じさせる内装。テーブルに飾られたバラ、壁に掛かった絵、本棚の洋書など、ひとつひとつにフランス人オーナーのセンスが光ります。自分の部屋でも思わず真似したくなりますね!

ベッドの反対側には、カーテン越しに大きなバスタブ付きのバスルームがあります。洗面台には良い香りのするシャンプーとリンス、石鹸などのアメニティも。外に出かけて部屋に戻ると、備え付けのバスタオルがラクダの形になっていたりして、思わず笑みがこぼれてしまいます。スタッフのちょっとした遊び心を感じさせるところも良いですね。

モロッコ家庭料理のディナーやお酒も楽しめる

モロッコ家庭料理のディナーやお酒も楽しめる

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

モロッコ初日にリアド・ブッサに泊まる場合は、長時間の移動で疲れていたり、街の複雑な路地にも慣れていないため外食するのも大変です。チェックイン後は少し部屋で休んでから、リアドのディナーをとることをおすすめします!スタッフがおいしいモロッコの家庭料理を振る舞ってくれますよ。宿泊予約のときにディナーを申し込んでおきましょう。

メニューは日によって違いますが、前菜はモロッコ風のマリネ、揚げ春巻き、ズッキーニなど。メインはチキンタジン、デザートは洋なしのコンポートといった内容です。またイスラム圏の中でもモロッコは飲酒OKなレストランやバーが多いです。リアドでもモロッコビールからワインまで、いろいろなお酒を楽しむことができますよ。

風が気持ちいいテラスでゆったりと過ごす

風が気持ちいいテラスでゆったりと過ごす

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

屋上のテラスは花や植物にあふれた素敵な空間。モロッコならではの雰囲気を満喫できるソファーで、おいしい朝食をいただけますよ。奥にはリクライニングチェアやテーブルセットもありますので、ミントティーを飲みながら読書をするなど静かなひとときを過ごせます。

リアド・ブッサは小さな宿なので、スタッフや宿泊者とすぐに仲良くなることができて、まるでホームステイしているような感覚になります。オーナーは1階に住んでおり、困ったことがあった時はすぐに相談することができますよ。また日本人女性の宿泊者が多いのでパティオやテラスで情報交換をしたり、観光に出かけてみてはいかがでしょう?

女性ひとりでも安心して泊まれる「リアド・ブッサ」

おしゃれなインテリアで居心地の良い空間と、スタッフのきめ細やかな対応で「リアド・ブッサにまた泊まりたい!」と思う女性は多いようです。各宿泊予約サイトでも取り扱いのあるリアドなので、そちらから予約できるのも安心です。ベストシーズンには数ヶ月前から予約が埋まってしまうこともあるため、早めに手配して下さいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/15−2015/09/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -