深海のトワイライトゾーン!イカした、巨大“ダイオウイカ”に会える!!上野・国立科学博物館『深海展』

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

深海のトワイライトゾーン!イカした、巨大“ダイオウイカ”に会える!!上野・国立科学博物館『深海展』

深海のトワイライトゾーン!イカした、巨大“ダイオウイカ”に会える!!上野・国立科学博物館『深海展』

更新日:2013/09/06 13:12

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

世界で初めて撮影されたドキュメンタリー番組が話題となった“ダイオウイカ”。そんな全長5mのダイオウイカの全身や、貴重な深海の生物がおよそ380種類展示されている注目の展示会が、上野・国立科学博物館で開催されている『深海展』です。長〜い足に巻かれてみたくなる? そんな生のダイオウイカを、ひと目見に行ってはいかがでしょうか?

未知の旅へGO!世界に7隻しかない潜水調査船「しんかい6500」

未知の旅へGO!世界に7隻しかない潜水調査船「しんかい6500」

写真:安藤 美紀

地図を見る

神秘の世界である「深海」。いまだ謎が多いと言われている“深海の生物”たちをまとめて展示しているのが、上野・国立科学博物館で開催されている『深海展』です。

写真の潜水調査船は、「しんかい6500」の実物大模型。会場入口近くにあります。その名の通り、6500mまで潜ることができ、深海の生物たちを調査しています。この船には、3人乗船出来るようになっていて、内部も公開されていますので、のぞいて見てくださいね。

1/2サイズの「しんかい6500」を展示をしているところは他にあっても、実物大を展示しているのはとっても珍しい!このコーナーは、深海展の見どころの一つです。

☆深海展 おすすめチケット購入方法☆
今話題の“ダイオウイカ”が見えるとあって、『深海展』は大人気!そこでおすすめなのが、JR上野駅の上野公園口を出てすぐの場所にある「総合案内所」。

美術館や博物館の案内だけでなく、チケットの販売も行っています。意外と人が少ないので、スムーズに買うことが出来ますよ。チケットの事前購入をし忘れたっ(汗)という時に利用すると便利です。

こんな色ですが、魚なんです

こんな色ですが、魚なんです

写真:安藤 美紀

地図を見る

深海展は7つのゾーンに分かれていて、じっくり見てまわれるようになっています。写真のゾーンは『深海生物図鑑』と呼ばれ、特に子どもたちに人気がありました。ここは、およそ380点もの深海生物の標本がずらりと並び、まるで生物図鑑の中に入り込んだかのよう!

写真の白い生物は、「ソコボウズ」という深海魚。よく見ると、顔はウーパールーパーに似ています。少し小さく見えますが、成長すると体調1mを超える大きな魚になるそうです。

『深海生物図鑑』ゾーンでは、初めて見る深海の生物たちをすぐ真近で見ることが出来るため、「わっ、目が合ったかも・・・」と驚いてしまうかもしれません。多種多様な生物たちがいっぱい展示されているので、好奇心をくすぐられます。

入り口で500円を払えば、解説機を借りることが出来ます。もっと深いところまで深海魚を知るためには、解説機をレンタルしたほうが便利。何度も繰り返して説明を聞いると、深海魚たちの暮らしについてより深く知ることが出来るので、よりいっそう深海展を楽しめます♪

生物界最大級の目玉を持つ!全長5mのダイオウイカ

生物界最大級の目玉を持つ!全長5mのダイオウイカ

写真:安藤 美紀

地図を見る

深海展のメインは、やはり伝説の生物「ダイオウイカ」。ホルマリンに漬けられたダイオウイカは、長い触腕まで入れると長さ5mほどになります。シワシワになったその姿は、まるで何かを伝えに来た“宇宙人”のようにも見えます。

ダイオウイカは、小さなハート型のヒレや体の倍以上もある長〜い触腕と巨大な目玉が特徴です。なんと、目玉の大きさはバレーボールサイズほどもあるんですよ。そして、長い触腕は、よく見てみるとツブツブの吸盤が2列に整列しています。実際に、この吸盤に獲物を吸い付かせて、捕らえるんですって!

お土産もイカしてる!お値段20万円のダイオウイカ

お土産もイカしてる!お値段20万円のダイオウイカ

写真:安藤 美紀

地図を見る

ダイオウイカの実物もインパクトがありますが、それにも増して驚いたのが、ダイオウイカの実寸大ぬいぐるみ。お値段なんと20万円!足が長すぎたのでしょう、編み込まれた状態で展示されていました^^

1サイズずつ小さくなった、ダイオウイカぬいぐるみも用意されているので、どのサイズのダイオウイカをGETしたいのか、悩んでみるのも楽しいものです。

他にも、ダイオウイカが表紙になった「学習帳」や、手頃な値段で購入できるクリアファイルなどのダイオウイカ・グッズはかなり充実しています。

深海展へ行くなら?“金曜日の夜”が狙い目です!

深海展は基本的に17時までの営業ですが、金曜日の夜だけ20時まで開催しています。金曜日の夜は意外と空いているので、深海展へ行くなら、この時間帯が狙い目です。

謎のヴェールに包まれていたダイオウイカ。『深海展』なら、ダイオウイカと直接対面できる、貴重なチャンスです。写真撮影OKなので、貴重なダイオウイカの写真も撮り放題ですよ♪

会期は2013年10月6日(日)まで。お見逃しなく!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -