美しすぎると評判の新名物!仙台市天文台「コズミックキャンディ」

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美しすぎると評判の新名物!仙台市天文台「コズミックキャンディ」

美しすぎると評判の新名物!仙台市天文台「コズミックキャンディ」

更新日:2016/04/26 11:35

右肩のプロフィール写真 右肩

地球や月を模したアメが、食べるのがもったいないくらいキレイ!と話題になっているのが、仙台市天文台のオリジナル土産「コズミックキャンディ」です。
真っ青な海や大陸が見える地球、クレーターも見える月の美しい写真を、そのままアメにしてしまうという大胆な発想と美しさから、SNSで話題となって大ブレイク。一時は入手困難の状態に……そんな仙台の新名物をご紹介します。

仙台市天文台について

仙台市天文台について

写真:右肩

地図を見る

まずは、コズミックキャンディを販売している仙台市天文台をご紹介します。
仙台市天文台は、2008年に市街地から仙台市郊外へ新築移転した、新しくて立派な天文台です。昨年(2015年)60周年を迎えました。これまで、小惑星の発見に多くの成果を出しており、21個の小惑星を発見し19個に命名しています。

美しい夜空を投映するプラネタリウムや、模型や映像を多用して宇宙について解説する展示室、日本屈指の大きさを誇る口径1.3m「ひとみ望遠鏡」等を備えた天文総合博物館です。

見応えある展示内容で人気の仙台市天文台

見応えある展示内容で人気の仙台市天文台

写真:右肩

地図を見る

天文分野の博物館としては日本有数の大きさを誇る展示室。頭上にある巨大な木星や土星をはじめとした模型、惑星や星々の鮮明な写真は美しく、国の重要文化財に指定され仙台藩で使われていた昔の天文機器等も展示され、宇宙について色々な角度から学ぶ事ができます。

プラネタリウムは、直径25mのドームに270席の規模。従来の光学式プラネタリウムに加えデジタル式プラネタリウムを融合させた最新式の投映システムにより、立体的で迫力ある映像で宇宙や夜空を鑑賞できます。

巨大な「ひとみ望遠鏡」は、肉眼では見えない遠くの暗い星まで観察でき、天体観望会や企画展、ワークショップなど様々なイベントも多く開催されており、休日は多くの来場者で賑わいます。

仙台市天文台でしか買えないコズミックキャンディ

仙台市天文台でしか買えないコズミックキャンディ

写真:右肩

地図を見る

仙台市天文台のグッズ制作チームが開発したオリジナル商品であるコズミックキャンディは、基本的に仙台市天文台でしか販売していません(100本以上の大口購入は製造元へ問い合わせとなります)。

エントランスから天文台へ入ると、広いホールの奥にミュージアムショップがあり、一番目立つ一等地にコズミックキャンディが置いてあります。入館料などは不要となるホールにありますので、コズミックキャンディだけを買いに来る方も多いそうです。

他にも、惑星の鮮やかなイラストをプリントしたクッキーやマシュマロ、三日月の形をしたスナック等、仙台市天文台限定の面白いオリジナル商品が色々あります。

これが噂のアースキャンディとムーンキャンディだ!

これが噂のアースキャンディとムーンキャンディだ!

写真:右肩

地図を見る

コズミックキャンディは、2014年4月に登場した地球がモデルの「アースキャンディ」から始まりました。
NASA撮影の写真を食用色素で食用シートに印刷し、イチゴ味の透明なアメで挟んだもので、写真をきれいにプリントするのが難しく試行錯誤を重ねた苦労作。
キレイな地球をキャンディに閉じ込めたその姿は、評判通りリアルで美しいです!地軸の傾きに合わせて23.4度傾けて舐めるのが、天文台のおススメです。

同年8月、ツイッターに投稿された写真から「美しい!」と話題になり大ブレイク!1本200円というお手頃価格もあり、入荷すると即日完売し入手困難となる人気となりました。

月をかたどった続編「ムーンキャンディ」は、2015年4月の皆既月食を記念して発売されました。コンセプトは「月が食べられちゃうと・・・月食」。仙台市天文台が撮影した写真を使用し、よく見るとクレーターまで表現されていて神秘的なキャンディです。

新たに、ジュピターキャンディ・オーロラキャンディが加わりました!

新たに、ジュピターキャンディ・オーロラキャンディが加わりました!

写真:右肩

地図を見る

2016年1月さらなる続編として、天文台のひとみ望遠鏡で撮影した木星の「ジュピターキャンディ」と、なぜか惑星ではない「オーロラキャンディ」が発売開始されました。
木星独特の縞模様と、一番目立つ大赤斑がキレイに表現されたジュピターキャンディ。神秘的な奇跡の光景をアメに閉じ込めたオーロラキャンディ。どちらもアースキャンディに負けない美しい仕上がりとなっています。

その人気から入手困難となったり、購入数量が限定される状態となっていたコズミックキャンディシリーズも、製造が安定してきた事もあり、現在では仙台市天文台へ行けば間違いなく購入できるようになりました。

美しすぎるコズミックキャンディ〜喜ばれるお土産間違いなし!

ツイッター等のSNSで話題となり、新聞やネットニュース等でも紹介され、全国に知られる様になったコズミックキャンディ。神秘的で美しすぎるキャンディは、誰にでも喜ばれる事間違いなしのお土産となるでしょう!1本200円というお手頃価格ですから、ばらまき土産にも最適ですね。

立地的にも、仙台市街や仙台宮城ICから国道48号線を経由して秋保温泉へ向かうルート上にありますので、観光の途中で立ち寄りやすいです。
充実した展示やプラネタリウム、そして魅力的なコズミックキャンディが購入できる仙台市天文台。仙台へお越しの際は、是非とも寄ってみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -