幻想的な地球の息吹!秋田「秘湯の宿 ふけの湯」で自然の凄さに圧倒されよう!

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

幻想的な地球の息吹!秋田「秘湯の宿 ふけの湯」で自然の凄さに圧倒されよう!

幻想的な地球の息吹!秋田「秘湯の宿 ふけの湯」で自然の凄さに圧倒されよう!

更新日:2016/07/29 09:56

秋田と岩手にまたがる八幡平エリアには数多くの温泉が湧いています。そのうちの一つが秋田県側にある蒸ノ湯(ふけのゆ)温泉です。一軒宿の「ふけの湯」はあたり一面から湯けむりが立ち込め、露天風呂に浸かりながらそのワイルドで雄大な風景を堪能することができる宿になっています。地球が誕生した時代の名残を残す場所、それが蒸ノ湯温泉です!

秘湯の宿・ふけの湯

秘湯の宿・ふけの湯
地図を見る

蒸ノ湯温泉は秋田と岩手にまたがる八幡平にあります。約300年前に開湯したとされ、八幡平では最古の温泉となっています。宿は標高1100メートルに位置しており、夏場も快適に過ごすことができます。しかし一方で雪深い場所のため11月初旬から4月下旬にかけては冬季休業となります。期間限定の宿なのでご注意下さい!

「秘湯の宿」というだけあってアクセスはあまりよくありません。車でも東北自動車道の鹿角八幡平インターや松尾八幡平インターから八幡平アスピーテラインを通って1時間。電車とバスとなると何度も乗り換えが必要となります。詳細は関連MEMOに載せてある宿のHPをご覧ください。

日帰り入浴のみで温泉を満喫することもできます。8時から18時までと長い時間に渡って受け入れてくれので、予定を組みやすいかと思います。入浴料は600円です。

あたりに広がるワイルドな世界

あたりに広がるワイルドな世界
地図を見る

案内に従って宿の建物の正面付近から少し下っていくと、あたり一面を湯けむりに包まれる、荒々しい場所に到着します。そしてこの場所にふけの湯名物の野天風呂があります。草木もあまり生えておらず、その姿はまるで46億年前に地球が誕生したときの光景のようです。

ここには露天風呂のほかに地熱を使ったオンドル小屋も建っています。元々は地熱によって人を蒸かす「蒸かし湯」が盛んだっため、ここから「蒸ノ湯」という名前になりました。ぜひ天然の岩盤浴もお試しください!

噴出しているガスや温泉は超高温のため間違っても近づいたりしてはいけません!安全な場所から見るだけでも充分楽しますよ!

自然ってすごい…

自然ってすごい…
地図を見る

さて名物の露天風呂へ。ふけの湯には露天風呂が5カ所も用意されています。露天好きにはたまりません!建物内にはシャンプー類も用意された内湯があるので、あわせてこちらもご利用下さい。

写真は男性用の露天風呂。すぐ目と鼻の先の大地の裂け目から、轟轟と煙がでています。まさに超ワイルドな世界です。

この湯に浸かればあなたもきっと、「自然ってすごい...」と思わず呟いちゃうこと間違いなしです!

混浴の露天風呂

混浴の露天風呂
地図を見る

ふけの湯には混浴の露天風呂も用意されており、家族連れやカップルに人気のお風呂となっています。もちろんここからも湯けむりの雄大な風景を見ながら入浴することができますよ!

ふけの湯では酸性泉と単純温泉の源泉に浸かることができます。高温のため加水されてはいますが、源泉掛け流しで八幡平最古の湯を堪能できるんです!

また温泉に含まれる湯の花によって白っぽい濁り湯になっています。混浴風呂はバスタオル巻きNGなのですが、濁り湯なら安心して楽しむことができますよ!

後生掛温泉にもぜひ立ち寄りを!

後生掛温泉にもぜひ立ち寄りを!
地図を見る

蒸ノ湯温泉をはじめ八幡平には他にもたくさんの魅力的な温泉があります。湯巡りにおすすめなのが後生掛温泉!蒸ノ湯から車で10分ほどの位置にあるためすぐに行くことができるんです。さらに浴室にはなんと7種類もの浴槽が用意されています。泥湯や箱蒸風呂など、他ではなかなか入れない珍しいものもあり、楽しめること間違いなしです!

この後生掛温泉は写真に写ってある字のごとく、湯治が古くから盛んな温泉となっています。館内のオンドル小屋では今も多くの方が湯治を行っているので、見学の際は最新の注意を払ってください。

日帰り入浴を受け付けているため、気軽に温泉だけを堪能することもできます。8時から17時までの受付で、入浴料は500円です。

おわりに

ふけの湯はその知名度こそあまり高くありませんが、日本でも有数のワイルドな環境で温泉に入れるまさに穴場のスポットです!
地球の息吹を感じにぜひ「ふけの湯」へ行ってみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ