お手軽さに思わず感動!静岡市内西部のオススメ夜景スポット4選

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

お手軽さに思わず感動!静岡市内西部のオススメ夜景スポット4選

お手軽さに思わず感動!静岡市内西部のオススメ夜景スポット4選

更新日:2016/06/23 16:45

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

静岡県は起伏が激しい地形で有名ですが、その中でも静岡市の西部は特に起伏が激しく、車で少し山道を上ると、街並みを見下ろせるポイントがたくさん存在します。主な理由としては背丈が高くならない茶畑やみかん畑が多く、他県のように木々に覆われた山道が少ないことにあります。今回は特に視界がよく、車で訪問しても停車スペースに困らない夜景スポットを4つ紹介します。静岡特有の極上夜景スポットをお楽しみください。

真下を東海道新幹線が通過し動夜景も楽しむことができる「用宗城山」

真下を東海道新幹線が通過し動夜景も楽しむことができる「用宗城山」

写真:木村 優光

地図を見る

JR東海道本線用宗駅より徒歩でも約15分ほどで到着してしまう用宗城山は、小高い丘の上にある夜景スポットです。スポット周辺は夜景を見るためのベンチなどはありませんが、車を停車することができるスペースがあるため、車の中から夜景を楽しむことができます。

この夜景スポットの特徴としては、主に北東メインの視界で、真下から東海道新幹線が飛び出して、見ている夜景の方へ猛スピードで走り去る姿を見ることができること!そして新幹線が走り去る方向には東名高速も見ることができ、鉄路と道路の大動脈を同時に見ることができるという特徴があります。大動脈同士の交差シーン!ありそうでなかなか存在しないため、一度は見ておいて損はないです!

そして、周辺夜景は主に住宅街が広がっている関係で、光量はそれほど多いわけではありませんが、落ち着いた郊外夜景が包み込んでくれるようで、見ている方も温かい気持ちになるでしょう。アクセスは東名高速道路静岡ICより国道150号線経由で約15分。

山道をひたすら上っていくと思わぬ夜景が!極上スポット「丸子」

山道をひたすら上っていくと思わぬ夜景が!極上スポット「丸子」

写真:木村 優光

地図を見る

国道1号線から山道をひたすら上っていき、茶畑が広がるエリアに突入すると、視界の開ける場所が所々に存在します。これは静岡の地形と特産物であるお茶の木の特徴が併せ持った結果、生み出された夜景スポットといっても過言ではないでしょう。他県ではなかなか見ることができない特性です。

見える方向としては、静岡県で有名な安倍川と、さらに先の静岡市街中心部の夜景がメインです。意外にも静岡市街は光量が多く、それら光までの距離がそれほど遠くはないため、見応えのある夜景を楽しむことができます。さらにビュースポット周辺は外灯が一切ないため、より光の輝きが増して見ることができます。

なお、ビュースポットには車を停車することができるスペースが数台分有り、車に乗ったまま夜景を楽しむことができるので、寒さの厳しい真冬でも外に出る必要は全くなし!もちろん、真冬のみならず、全季節を通じて夜景を楽しむことが可能!

山道終点のみかん畑からは極上夜景が!夜景スポット「小坂」

山道終点のみかん畑からは極上夜景が!夜景スポット「小坂」

写真:木村 優光

地図を見る

国道150号線の小坂交差点から脇道にそれて、東名高速道路沿いの山道を上って行くと、みかん畑の広がる行き止まりにたどり着きます。この行き止まりが、小坂という夜景スポットです。所々でチラチラと見える夜景に期待を込めて上り詰めると、終点には思いもよらない極上夜景が広がっています。

見える方角は北東の静岡市街がメインとなり、手前を行き交う東名高速道路と国道150号線を行き交う車の光跡がものの見事にマッチした極上夜景!そして意外にも光量が多い静岡市街の夜景が周囲を盛り立てているようで、思わず見入ってしまうでしょう。

なお、ビュースポットはみかん畑の終点となっているため、車を停めるスペースが数台分設けられています。残念なことに車からは夜景を見ることはできませんので、みかん畑へ上がる階段を上ったあたりが一番視界が良いポイントになります。なお、昼間はみかん畑の管理者様が車を止めるスペースですので、昼間訪問の場合は注意が必要です。

車に乗ったままのお手軽夜景観賞スポット!佐渡山

車に乗ったままのお手軽夜景観賞スポット!佐渡山

写真:木村 優光

地図を見る

国道1号線から脇道にそれ、ほんの数分山道を走ると、行き止まりのある農道に出ます。その行き止まりのポイントこそが、佐渡山と呼ばれる夜景スポット。静岡県内の夜景スポットは、狭い山道を車で上ってアクセスするような場所が多い中、起伏が激しい面で、夜景スポットにすぐにたどり着くことができるといったメリットがあります。

農道の先端に位置するビュースポットは、南西以外の視界を遮るものが一切なく、静岡市街中心部やJR東海道本線安倍川駅周辺までも見わたすことができ、その視界は約180°!しかも高度が低いため、夜景の明かりが手に取れるかのよう!そして、車を降りずにして夜景観賞ができるメリットがあります。寒い冬場などにはオススメできる夜景スポットです。

なお、行き止まり箇所は転回ができるように、農道幅が広く取られているため、迷わず車を頭から突っ込んでみよう!結果、助手席側が夜景観賞の特等席となり、助手席に乗せた大切な方の横顔越しに夜景が見えるというおまけ付き!大切な人と大切な夜をお過ごし下さい。

静岡特有の地形とお手軽アクセスが魅力!静岡の夜景スポット4選

静岡の起伏溢れる地形を利用したお手軽夜景スポット、いかがでしたか。どのスポットも主要道路からそれほど離れておらず、アクセスも比較的良い夜景スポットのみを紹介しました。しかもメジャーな夜景スポットではないため、他の人と出くわす確率が非常に低いスポットです。静岡市内をドライブ旅行で訪問する際に、是非、立ち寄ってほしい夜景スポットです。

周辺はみかん畑や茶畑が広がるエリアですので、昼間は静岡らしい風景を眺めることができます。昼間は静岡名産が広がる山並みを見て、夜は静岡の起伏溢れる高台から夜景を観賞してみよう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/12/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ