逆さ利尻富士の絶景に会える!北海道利尻島「姫沼」散策

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

逆さ利尻富士の絶景に会える!北海道利尻島「姫沼」散策

逆さ利尻富士の絶景に会える!北海道利尻島「姫沼」散策

更新日:2016/04/29 18:47

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

中心に"利尻富士"の別名を持つ秀峰「利尻山」がそびえ立つ、北海道の北部・日本海側に浮かぶ円形の島「利尻島」。その北側山麓にたたずむ原生林に囲まれた神秘的な小沼「姫沼」をご紹介します。ここは、天気が良いときには島で一番美しい"逆さ利尻富士"の絶景に出合えるイチオシ観光スポット!感動の風景が待っています。沼を1周できる探勝路もあり、手軽にトレッキング気分を楽しむことも可能ですよ。

利尻山山麓にたたずむ神秘の小沼「姫沼」へ行こう!

利尻山山麓にたたずむ神秘の小沼「姫沼」へ行こう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

「姫沼」までアクセスは、島の沿岸を走る道道108号線から、沼へと続く勾配14%の急な坂道を約2km登った先にある駐車場に車を止めて、遊歩道を約100mほど歩くと到着します。利尻島の玄関口「鴛泊(おしどまり)港」からも近くアクセスは良好ですが、急な坂を登るため、トレッキングや自転車で島を周る人はひと頑張りが必要なスポットです。
周囲は「姫沼園地」として整備されており、駐車場のほかトイレ・姫沼休憩舎のほか、沼を1周できる探勝路もあります。

思い出橋を渡って姫沼湖畔へ

思い出橋を渡って姫沼湖畔へ

写真:月宮 うさ

地図を見る

駐車場から姫沼湖畔までは、原生林の中を2〜3分歩きます。途中には「オモベツ川」に架かる、吊り橋風の「思い出橋」の姿も。水の流れる音と、緑が茂る風景は、癒し効果もバツグン。道の先に見える景色への期待感も高まります!

野鳥の声をBGMに1周20分の探勝路を散策しよう!

野鳥の声をBGMに1周20分の探勝路を散策しよう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

「姫沼」と書かれた看板の前で写真を撮るだけではもったいない!せっかくなので時間を取って湖畔をぐるっと1周歩いてみませんか?野鳥のさえずりと森の香りに癒される絶景空間が広がっています。探勝路は1周約20分で、南側には湧水ポイント「姫沼湧水」も。夏でもひんやり冷たくおいしいので、ぜひ喉を潤してみてくださいね。

「姫沼」は人造湖の事実!

「姫沼」は人造湖の事実!

写真:月宮 うさ

地図を見る

大自然の中にたたずむ美しい「姫沼」ですが、実は人造湖なのです。1917年に3つの小沼を堰き止め、湧水で水位を上昇させてつくられたそう。その時にヒメマスを放流したから「姫沼」と名付けられました。形はほぼ円形で最大水深は約4mです。

利尻島で一番美しい「逆さ利尻富士」に会える場所

利尻島で一番美しい「逆さ利尻富士」に会える場所

写真:月宮 うさ

地図を見る

ここは島で一番美しい「逆さ利尻富士」に出合える場所。天気の良い日は絶好のシャッターチャンスです。撮影目的の場合のオススメ時間帯は、逆光にならない午前中。特に風が穏やかなことも多い早朝がベストです。最高の条件が整うには運も必要になりますが、いつ訪れても美しい風景に出合える場所ですので、利尻島観光の際はぜひ「姫沼」を歩いてみてくださいね!

本格的なトレッキングも楽しめる!

「姫沼」から利尻山登山コース入口の1つでもある北麓野営場へと続く「姫沼ポン山姫沼探勝路」を歩けば、本格的なトレッキングで大自然を思いっきり楽しむことも可能です。標高444mの大ポン山山頂からの展望は、鴛泊の町並みと海の向こうにお隣の島「礼文島」が望める絶景!利尻山登山の足慣らしにもオススメですよ。
ただし、利尻島は携帯トイレの持参・利用が義務付けられていますのでお忘れなく。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ