毎週開催!台湾・澎湖島 夏の一大イベント「澎湖海上花火大会」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

毎週開催!台湾・澎湖島 夏の一大イベント「澎湖海上花火大会」

毎週開催!台湾・澎湖島 夏の一大イベント「澎湖海上花火大会」

更新日:2016/04/28 09:39

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり ロングステイ・トラベラー

台北から飛行機で約1時間の澎湖島(ほうことう)は、台湾本島から西方に約50キロ離れた場所にある海が美しいリゾート地。そんな澎湖島の澎湖湾に面した観音亭海浜公園では、4月後半から6月後半までの約2ヶ月間、毎週2回花火大会が開催されます。7色の光でライトアップされた西瀛虹橋(レインボーブリッジ)から大迫力の花火が打ち上げられる様は圧巻!花火が始まる前に会場で行われるイベントも必見ですよ。

7色の橋と花火によって繰り出されるカラフルな景色

7色の橋と花火によって繰り出されるカラフルな景色

写真:野村 みのり

地図を見る

澎湖島、別名「菊島」での夏の一大イベント「澎湖海上花火大会」。色鮮やかに7色にライトアップされた馬公市のシンボル西瀛虹橋と、その近辺に打ち上げられる華麗な花火、そしてそれらの海面に映った姿のコラボレーションがこの上なく美しい!台湾の歌謡曲に乗って打ち上げられたりと、日本で見るのとは異なった趣の花火も興味深いです。大迫力の打上花火に仕掛花火、そして岬や湾のある澎湖島独特の地形を利用した水中花火や水上花火など、見所満載の花火大会です。

楽しみな観音亭海浜公園の花火会場までの道のり

楽しみな観音亭海浜公園の花火会場までの道のり

写真:野村 みのり

地図を見る

澎湖県馬公市の繁華街からは歩いて10分前後で行くことのできる観音亭海浜公園の花火大会ですが、会場へ向かう付近の道にはキレイなライトアップがされていたり、台湾らしくたくさんの出店や屋台があったりと、道中も楽しみながら訪れることができます。花火を見ながら味わう、ちょっとした食べ物や果実ジュースなどを買うのもいいですね。

花火大会会場でのイベントで有名アーティストに会えるかも!?

花火大会会場でのイベントで有名アーティストに会えるかも!?

写真:野村 みのり

地図を見る

花火が打ち上げられる前の約1時間、会場内は国内外の歌手やグループをゲストに迎えたイベントで盛り上がります。台湾の各県市が主催する中で、最も長い歴史を誇るイベントというだけあり注目度抜群なため、有名アーティストが出演する可能性もありますよ。花火前のひとときを楽しんでくださいね。

夕日がキレイな観音亭の西瀛虹橋

夕日がキレイな観音亭の西瀛虹橋

写真:野村 みのり

地図を見る

夜には七色の光を放ち、花火の打ち上げ場所ともなっている観音亭の西瀛虹橋ですが、美しいアーチを描くこの橋は、夕日のメッカとしても知られています。せっかくですので花火大会の始まる前に訪れて、夕日の沈む風景も堪能してみてはいかがでしょうか。ロマンチックな気分になること間違いなしです!

家竹黒砂糖冷熱飲店の黒糖シロップかき氷

家竹黒砂糖冷熱飲店の黒糖シロップかき氷

写真:野村 みのり

地図を見る

台湾の熱い夜にはかき氷!ということで、花火大会の後に、地元民にも大人気の「家竹黒砂糖冷熱飲店」で自家製の美味しい黒糖シロップのかかったかき氷はいかがでしょう。かき氷の中に入れる具は、メニューで指定してもいいですし、ウインドウに並べられているものの中から選んで入れてもらうこともできます。豆や芋、フルーツにゼリーなど、その数なんと30種以上!どれにしようか悩んでしまいそうですね。花火大会の会場からは歩いて5分ほどの場所にあるお店です。

おわりに、

台湾・澎湖島での海上花火大会はいかがでしたでしょうか。2ヶ月間に渡って幾度も開催されるため観覧客がばらけてそれほど混雑することはなく、また打ち上げ場所が近いため目の前に繰り広げられる大迫力の花火を満喫することができるでしょう。是非、澎湖島の夏の一大イベントを楽しみに訪れてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/04/26−2011/05/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ