超レアな『放射能泉』を最も堪能できる宿「万翆楼」!(鳥取・三朝温泉)

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

超レアな『放射能泉』を最も堪能できる宿「万翆楼」!(鳥取・三朝温泉)

超レアな『放射能泉』を最も堪能できる宿「万翆楼」!(鳥取・三朝温泉)

更新日:2016/06/03 11:49

みなさんは『放射能泉』と呼ばれる温泉をご存じですか?日本に3000ヵ所以上存在する温泉地のなかで、『放射能泉』はなんと数えるほどしか存在していません。

そんなたいへん貴重な温泉を、100%掛け流しで味わえるのが鳥取県三朝温泉の「三朝薬師の湯 万翆楼」です。所有する自家源泉の掛け流しにこだわり、浴槽の大きさも計算されて造られています。まさに貴重な放射能泉を最も堪能できる宿といえます!

三朝薬師の湯 万翆楼

三朝薬師の湯 万翆楼

提供元:三朝薬師の湯 万翆楼

http://www.mansuirou.co.jp/地図を見る

万翆楼がある鳥取県三朝温泉は、1164年に源義朝の家来によって発見されたと伝わっています。たいへん長い歴史を誇り、古くからその効果の高さで広く知られていました。

温泉街の中心から国登録有形文化財に指定されている三朝橋を渡った先に、今回の「万翆楼」があります。五階建てで三朝温泉のなかでもかなり規模の大きな宿になっているので、すぐに見つけられるでしょう。

日帰り入浴も可能で、大人一人1000円で温泉のみを楽しむことができます。受付時間は15時から21時までです。午前中やお昼の時間には入浴できないので気を付けてください。

源泉掛け流しにこだわる造り

源泉掛け流しにこだわる造り

提供元:三朝薬師の湯 万翆楼

http://www.mansuirou.co.jp/spa/地図を見る

万翆楼には男女別の浴室が一ヵ所ずつと、貸し切り露天風呂が二ヵ所あります。そしてそのどれにも世界的にも貴重な源泉が掛け流されています。温泉好きにはたまらない環境です!そしてそれを可能にしているのが、万翆楼が所有する4本もの自家源泉です。
写真は大浴場「お薬師さま乃湯」。実はこの浴槽、源泉が適切に掛け流されるためにその大きさが計算されているんです!見栄えのために湯船を大きく立派なものにするのではなく、源泉掛け流しのためにあえて大きさを調整していることは、本当に素晴らしいことですね!宿の温泉を思いやる気持ちのおかげで、このような素晴らしいお湯に浸かることができます!

三朝の湯は本当にすごい!

三朝の湯は本当にすごい!
地図を見る

写真はもう一か所の大浴場です。この万翆楼のお風呂で堪能できる『放射能泉』は世界的にもその数がたいへん限られており、とても貴重な温泉となっています。そのなかでここ三朝温泉はラドンの含有量が世界屈指とされています。実は世界的にも有名な温泉地なんです!

ラドンは身体の細胞を活性化させ、免疫力や自然治癒力を高める効果があるとされています。また放射能泉は呼吸によって体内にラドンを取り入れることでも、効果が期待されています。ぜひ入浴時は長湯してたくさんラドンの蒸気を吸収してください!

放射能泉はがんを抑制させるとも言われており、事実ある調査では三朝地区のがん発症率が、全国平均の二分の一だと判明しました。他にも三朝温泉では温泉療法と現代医学をあわせた治療や研究が進められていて、世界有数の温泉療養地となっています。

浴室は入れ替え制

浴室は入れ替え制
地図を見る

万翆楼ではありがたいことに二か所ある大浴場が朝・晩で男女それぞれ入れ替わるため、宿泊するとそのどちらにも入浴することができるんです!入れ替え制ならば、いざ泊まってもお目当てのお風呂に入れない...なんてことが起きないので本当に嬉しいですね!

大浴場にはそれぞれ露天風呂が用意されています。こちらの露天風呂は少し小さめですがもちろん自家源泉100%掛け流しです!もう片方の大浴場の露天風呂はこれよりも大きめとなっており、どちらも自然の風を浴びながら長湯するのに最適です。

浴室の外にはくつろぎ処が設けられており、湯上がりにリラックスすることができます。そして先ほど入った源泉を、今度は飲泉という形で楽しめる場所もあり、誰でも無料で三朝の湯を飲むことができます。一日二杯程度が目安なので、飲みすぎは要注意です!

三朝温泉のシンボルもすぐ

三朝温泉のシンボルもすぐ
地図を見る

万翆楼から目の前の三朝橋を渡ってすぐの場所に、三朝温泉のシンボル的存在となっている露天風呂があります。三徳川のすぐそばに造られている「河原の湯」です。そのロケーションは多くのメディアによって取り上げられており、まさに三朝温泉の象徴です。

周りには遮るものがほとんどなく、抜群のロケーションのなか三朝の湯に浸かることができます。周りからも見えてしまうので、入るには勇気がいる温泉です。料金は無料ですが、混浴になっていてバスタオル巻き等も禁止になっています。旅の思い出に勇気を出して入ってみませんか?

浸かってよし、飲んでよし、吸ってよしの放射能泉!

放射能泉では様々な方法で温泉効果を得ることができます。まずは他の温泉地と同じく温泉に入って体に浸透させる方法。続いて飲泉して取り入れる方法。そして放射能泉ならではの呼吸によって体内に取り込む方法です。世界でもかなり稀な入浴方法を、ぜひ「万翆楼」でお試しください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ