癒しスポットがいっぱい!東京の離島「八丈島」で優雅な島時間を満喫

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

癒しスポットがいっぱい!東京の離島「八丈島」で優雅な島時間を満喫

癒しスポットがいっぱい!東京の離島「八丈島」で優雅な島時間を満喫

更新日:2016/06/07 18:14

池田 みるのプロフィール写真 池田 みる 格安国内旅行ブロガー

東京都にある離島・八丈島は、竹芝からの大型船そして飛行機でも行くことができます。大型船ですと夜出発なので、金曜日の仕事帰りにそのまま乗れば朝には島に到着できちゃうんです。仕事の休みがなかなか取れない方でも行きやすいですよね。
そんな八丈島では、島ならではの自然を満喫できるスポットがたくさんあります。今回はその中でも癒しスポットを紹介したいと思います。

まずはやっぱり綺麗な海を見て癒されよう

まずはやっぱり綺麗な海を見て癒されよう

写真:池田 みる

地図を見る

八丈島の絶景を見られるポイントのひとつがこの名古の展望です。「名古秋月」として八丈八景の1つに数えられています。迫力ある断崖絶壁と青く輝くきれいな海を見渡すことができるんですよ。

昼間の開放的な景色を楽しめる他、夜にはきれいな月を見ることができるスポットとしても知られています。明るい時間帯だけでなく夜も楽しんで見てもいいかもしれませんね。
またバス停から距離があるため、車で行くことをオススメします。さらに車ですと夜でも行きやすいですよね。

海を見た後は、海水浴も楽しんじゃいましょう

海を見た後は、海水浴も楽しんじゃいましょう

写真:池田 みる

地図を見る

展望台で綺麗な海を満喫した後は、是非海水浴も楽しんでみるのはいかがですか。駐車場も広いため、車でのアクセスが抜群の底土海水浴場。夏場には人がたくさん集まる海水浴場です。トイレや売店もありますので、さまざまなマリン用具をレンタルすることもできますし、八丈島での海水浴を満喫できること間違いなし。

もちろん海水浴ができない時期でも、間近で海を眺めのんびり過ごす時間も乙ですよね。これこそ島時間!日頃の忙しさを忘れ、何もしないという贅沢を味わうのもオススメですよ。

八丈島の楽しみは海だけではないのです

八丈島の楽しみは海だけではないのです

写真:池田 みる

地図を見る

八丈島の海を堪能した後は、滝を見に散策をしてみるのはいかがでしょうか。滝の裏側を歩けるということから「裏見」という名がついたといわれている「裏見ヶ滝」。滝までの道は整備されているうえ、歩いて10分程度で行けますので、安心してトライしてみましょう。

ただ島特有のスコールが降ることがある八丈島なので、道がぬかるんでいることが多いです。滑りにくく、なおかつ汚れてもいい靴で行くことをおすすめしますよ。

最後に大切な人とのんびりと温泉なんて贅沢を味わってみましょう

最後に大切な人とのんびりと温泉なんて贅沢を味わってみましょう

写真:池田 みる

地図を見る

裏見ヶ滝を見た後は、すぐに温泉に入ることができますよ。こちらの裏見ヶ滝温泉は、水着で入る混浴温泉なんです。海で遊んだ後、着替えずにこちらの温泉に来れば、着替えの時間も短縮できていいですよね。(島での行動の際は、水着の上から服を着るか、何か羽織るかしましょう。水着だけでの行動はやめましょう)

その際、レンタカーを利用されている場合、車のシートが濡れて汚れないように注意しましょう。またこちらの温泉では石鹸の使用はできませんのでしっかりルールを守って利用してください。

混浴なんて恥ずかしいかもしれませんが、そんなことを吹き飛ばしてくれるのが、開放感あふれる島なのです。清々しい景色を見ながらの温泉、贅沢な時間を過ごしてください。

週末だけでこんなに贅沢な島時間を味わえる八丈島なんですよ

東京からなら仕事の後に出発し、土日のお休みだけでこれだけの贅沢な島時間を味わえる八丈島はいかがでしょうか。海に山に温泉に、日々の疲れが吹っ飛ぶ事間違いなしですね。

しかも今回ご紹介した癒しスポットは、夏以外の季節でも楽しむことができる場所。なんとなく疲れたなとか、仕事で嫌なことがあったとか、そんな時、週末だけを使って行ける島で嫌なことを洗い流してしまいましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -