大阪ミナミ・道頓堀川でジャズクルーズ「とんぼりリバージャズボート」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪ミナミ・道頓堀川でジャズクルーズ「とんぼりリバージャズボート」

大阪ミナミ・道頓堀川でジャズクルーズ「とんぼりリバージャズボート」

更新日:2016/05/03 17:33

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 実泊ホテルライター

大阪のミナミで観光といえば昔から「道頓堀」「心斎橋筋商店街」「ひっかけ橋」は外せないスポット。今や海外からの観光客も交えて大賑わいのエリアです。
今回はこの人気エリアをいつもとは違う視線で楽しめる4月から11月までの期間限定「とんぼりリバージャズボート」をご紹介。その名の通り、道頓堀川をジャズを楽しみながらクルーズするプランです。

とんぼりリバークルーズとの違い

とんぼりリバークルーズとの違い

写真:東郷 カオル

地図を見る

道頓堀川では一年を通して「とんぼりリバークルーズ」という約20分の運航コースがあり、外国からの観光客で大賑わい。ドン・キホーテ前の乗船場ではいつも列ができています。

今回ご紹介するのは約40分の「とんぼりリバージャズボート」。運航時間も2倍でしかもジャズの生演奏付き。乗船場がドン・キホーテ前ではなく、湊町船着場(湊町リバープレイス)ですのでご注意くださいね。

チケット購入は「川の駅・みなとまち」乗船券売場で。写真の、川に浮かぶ小型施設が売り場になっています。

ミナミをジャズの生演奏でクルージング

ミナミをジャズの生演奏でクルージング

写真:東郷 カオル

地図を見る

その昔、大阪では上海から入ってきたジャズが大流行し、道頓堀周辺に数多くのジャズスポットが誕生しました。カフェでも白人・黒人のミュージシャンが生演奏し、地域独特の「道頓堀ジャズ」が生まれたと言われています。

そんなジャズにゆかりの深い道頓堀を、生演奏を聴きながら川の上の特等席で楽しめる「とんぼりリバージャズボート」。船内にはタンバリンやマラカスなどの楽器も用意されていますので、聴くだけではなく是非演奏にプチ参加してみましょう。
しかも楽器持込みの演奏参加もOK!流石大阪、ノリでなんだってやっちゃいます!実は取材した日も遠方から楽器を持参した方が途中から演奏参加というサプライズが!日頃の腕前を、プロのジャズバンドと道頓堀川で披露できるチャンスです。

みんなが笑顔になるクルージング

みんなが笑顔になるクルージング

写真:東郷 カオル

地図を見る

ボートは湊町を出発し、いくつかの橋を通過して戎橋(ひっかけ橋)へ。この辺りは、グリコの看板やド派手なドン・キホーテなど「これぞ大阪!」という光景が見られます。

「とんぼりリバージャズボート」に乗っていると、橋の上に沢山の観光客が集まってきます。橋の上から見る人も笑顔。ボートから見上げる人も笑顔。みんな楽しそうに手を振ります。

音楽の力と大阪の陽気なパワーが感じられるひと時。大阪観光では是非体験していただきたいクルーズです。

夜は違った印象に

夜は違った印象に

提供元:一本松海運株式会社

「とんぼりリバージャズボート」は夜は昼とはまた違った素敵な雰囲気に。ネオンが輝くミナミの街をジャズを聴きながらクルーズできます。特に夏場は日差しのある時間帯よりも夜のクルーズのほうが涼しくておすすめ。

他にも楽しいクルーズが

「とんぼりリバージャズボート」を運航する一本松海運では、「とんぼりリバークルーズ」や、「落語家と行くなにわ探検クルーズ」「クリスマスクルーズ」など、楽しい企画が盛りだくさん。
是非季節ごとに大阪ミナミの街を道頓堀川からお楽しみください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -