これぞ日本の建築美!伊豆屈指の旅館「赤沢迎賓館」(赤沢温泉郷)

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これぞ日本の建築美!伊豆屈指の旅館「赤沢迎賓館」(赤沢温泉郷)

これぞ日本の建築美!伊豆屈指の旅館「赤沢迎賓館」(赤沢温泉郷)

更新日:2016/06/01 14:16

Happy ブンブンのプロフィール写真 Happy ブンブン

伊豆高原の南端、閑静な別荘地を過ぎると約24万平方メートルの広大な敷地の赤沢温泉郷があります。その中でも2009年に開業した「赤沢迎賓館」は施設の中でも最高級の宿泊施設です。
接客や食事はもちろんの事、日本建築の粋を極めた佇まいや館内にある価値ある調度品はあなたを必ず満足させてくれるでしょう。

思わず息を飲む芸術品と広々とした空間がお出迎え

思わず息を飲む芸術品と広々とした空間がお出迎え

写真:Happy ブンブン

地図を見る

大きくて思わず身構えてしまいそうな立派な門をくぐり敷地内に入るとそこは別世界。日本建築の粋を極めた館内には思わず立ち止まって見てしまうような芸術品が飾られています。
館内に入ると枯山水の日本庭園が見えるロビーがあり、そこから部屋に向かうアプローチの壁はなんとプラチナを織り込んだ藤と鷺が描かれた西陣織です。

写真のラウンジに飾られている大きな絵の銀色部分は自然の貝を使っていて、間接照明に照らされてキラキラ光ります。波は駿河湾を表し、飛んでいる鳥は雁です。渡り鳥である雁のようにお客さんも赤沢迎賓館にまた戻って来てもらいたいという願いが込められた芸術品です。

これぞ日本の建築美という部屋で時間を忘れて寛ぐ

これぞ日本の建築美という部屋で時間を忘れて寛ぐ

写真:Happy ブンブン

地図を見る

広大な敷地にわずか15室の客室は、網代の天井や聚落壁など日本の建築美を極めたおもてなしの空間が広がります。主室が8.5畳、寝室が5.5畳の広さの部屋は、間接照明を巧みに使う事によって部屋の雰囲気はとても落ち着いた感じになっています。全室に総檜造りの大きな広縁と露天風呂が備え付けられているので、部屋に籠ってゆっくり寛ぐのもいいですね。

部屋は専用の庭を眺める事が出来る1階が人気ですが、2階の部屋も魅力があります。露天風呂は1階より少し大きめに造られ、昼間は赤沢原生林の自然を楽しみます。そして夜は周りが暗い為、綺麗な星はもちろん流れ星も見る事が出来ます。
若いカップルには2階の部屋の方がいいかもしれませんね。

部屋の露天風呂は温泉に負けない濃縮された赤沢海洋深層水

部屋の露天風呂は温泉に負けない濃縮された赤沢海洋深層水

写真:Happy ブンブン

地図を見る

部屋の専用露天風呂は広縁と一体化された設計になっていて、見た目もたいへん美しく造られています。すべて総檜造りの湯舟には水深800メートルから採取した海洋深層水を濃縮した赤沢海洋深層水が掛け流しになっています。海洋深層水はたくさんの効能がありますが、濃縮する事によって浮力が高まり、高齢者や足・腰等に故障がある方の入浴時の負担を軽減できる効果もあります。

海洋深層水は温泉に負けないくらいのたくさんの効能があります。主なものは美肌効果、むくみ改善効果、代謝促進効果の他、成人病全般にもいいとされています。少し塩辛いですが、ゆっくりと浸かってください。

伊豆だけでなく全国から集めた食材を丹精込めて仕上げる懐石料理

伊豆だけでなく全国から集めた食材を丹精込めて仕上げる懐石料理

写真:Happy ブンブン

地図を見る

食事は本館の専用個室でいただきます。個室に向かうラウンジからはキッチンの様子を見る事が出来ます。接客係だけではなく、料理人も歓迎してくれるのです。旅館で料理を作ってくれる人と会うことは少ないのでうれしい演出です。個室は掘り炬燵式の1階とテーブルの2階がありますが、朝夕で替えてくれるのでどちらも楽しめます。

夕食は旬の素材を厳選した懐石料理が楽しめます。伊豆半島の豊富な魚介類や日本各地から取り寄せた最高の食材を見た目も美しく仕上げて一品ずつ出されます。

写真の前菜は中央の桜を囲むように料理を配置し花見の雰囲気を出した一品。車海老、小柱、アボカドを串に刺した花見の団子や蝶々の形をした長芋、そして季節の稚鮎が添えられます。この他にもフカヒレ茶碗蒸しや鰊の旨煮、和牛のサーロインなど各地の有名な食材が出てきます。

高級感あふれる大浴場は立ち湯で庭を楽しむ工夫が

高級感あふれる大浴場は立ち湯で庭を楽しむ工夫が

写真:Happy ブンブン

地図を見る

湯屋棟にある大浴場も海洋深層水原水100%を使用しています。檜と石の半露天風呂があり、日替わりなので両方を楽しむ事が出来ます。どちらの大浴場も庭を見る事が出来るサウナも用意さています。浴槽は3段階の深さになっていて庭に近づく程深くなっているので、立ち湯で庭を見たり、寝湯を楽しむことが出来ます。

大浴場は1階の部屋露天から見る庭の景色と似ているので、2階に泊まられた方は特にお勧めです。大浴場の奥には待合所があり、ここからも手入れの行き届いた庭があります。ここに設置された椅子の下側からは冷たい風が出ていて、湯上りにはとても気持ちがいい椅子です。

赤沢迎賓館は高級なのにとってもお得

ご紹介した赤沢迎賓館は全ての面で高級感を味わえると思いますが、それだけではなく赤沢温泉郷の施設を無料で使えたり、赤沢ボウルでは宿泊客専用VIPレーンが無料で使用できます。またお土産の男女それぞれのDHCのアメニティは二人で20000円以上するものとお得な部分もたくさんあります。高級感とお得感を味わえる「赤沢迎賓館」で贅沢な一日を過ごしてみませんか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/27−2016/04/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ