囲碁や将棋の対局も開催!西伊豆土肥温泉「玉樟園新井」純和風の佇まいで昭和を忍ぶ

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

囲碁や将棋の対局も開催!西伊豆土肥温泉「玉樟園新井」純和風の佇まいで昭和を忍ぶ

囲碁や将棋の対局も開催!西伊豆土肥温泉「玉樟園新井」純和風の佇まいで昭和を忍ぶ

更新日:2016/05/21 17:34

Happy ブンブンのプロフィール写真 Happy ブンブン

西伊豆の土肥温泉は金の鉱山が有名な観光地で、江戸時代から続く温泉地。そんな温泉地の中でも歴史が深い旅館「玉樟園新井」は、海から少し離れた高台にあります。

歴史ある建物はCMやロケの撮影にもよく使われています。またここでは将棋や囲碁の大会にも使われ、対戦を忍ぶ事の出来る品物が飾られています。
歴史の詰まったこの旅館であなたも昭和にタイムスリップしてみませんか。

客室は庭園内に配置された趣の違った離れ形式

客室は庭園内に配置された趣の違った離れ形式

写真:Happy ブンブン

地図を見る

玉憧園新井は庭園旅館と名乗るだけあって、玄関・お風呂・通路と庭があちこちにあり、きれいな花や池の鯉が目を楽しませてくれます。庭には渡り廊下が設えられ、離れの石心亭と海花亭とつながっています。木造で歴史を感じることのできるお部屋です。さらに奥には高台に6階建ての詩季亭があります。

写真の客室は、6階の標準客室の朧月(601室号)で、和室の10帖と広縁4帖という間取り。広縁は畳の部分が掘り炬燵のようになっているので、畳の上に腰を掛ける事が出来ます。隣の特別室名月(602号室)は、本因坊戦や竜王戦といった囲碁・将棋のタイトル戦が行われた部屋なので、囲碁将棋ファンの方はぜひ泊まってみてください。

囲碁・将棋ファンにはたまらない歴史がここにある

囲碁・将棋ファンにはたまらない歴史がここにある

写真:Happy ブンブン

地図を見る

玉樟園新井で囲碁の対局が初めて行われたのは、昭和63年6月の第43期本因戦第5局。この時の対戦者(武宮正樹・大竹英雄)・解説者・立会人・観戦作家の5人が書いた色紙が飾られています。この時は武宮が5時間7分という記録的長考の末に勝利し、最終的には4勝3敗で本因坊のタイトルを守りました。

これ以来囲碁では囲碁王座戦や棋聖戦、将棋では将棋王座戦や竜王戦が行われています。2016年4月に史上初の囲碁7冠を達成した井山裕太も、平成25年にここで対局しています。

西伊豆海岸は夕日のメッカ

西伊豆海岸は夕日のメッカ

写真:Happy ブンブン

地図を見る

西伊豆海岸は夕日のメッカです。特に西伊豆町の大田子海岸は、全国の写真マニアが集まる場所で「夕陽日本一宣言」もしています。もちろん玉憧園新井からもきれいな夕陽を見る事が出来ます。

写真の船は、土肥港から清水港に向かっている駿河湾フェリー。この航路は2013年4月に海では珍しい県道223号線と認められ、デッキには県道のモニュメントも立てられています。夕陽同様、お天気次第ですが運が良ければ海からの富士山を航海中ずっと見ていられます。玉樟園新井から土肥港は車なら10分もかからない距離なので船の旅もお勧めです。

お風呂も食事も大満足

お風呂も食事も大満足

写真:Happy ブンブン

地図を見る

肝心のお風呂と温泉も手抜きはありません。大浴場は男女とも露天風呂だけではなく、サウナも併設されています。午前1時に入れ替えがあるので両方のお風呂に入る事が出来ます。写真は伊豆石を使った男性露天風呂で庭園には蘇鉄・桜・椿・夏みかん等が生い茂っています。貸切風呂も用意されているのでチェックイン時に予約しましょう。

玉憧園新井の食事は朝夕共、お部屋でゆっくり食べられます。毎月献立が変わる夕食は駿河湾で捕れた新鮮な魚がメインの会席料理。色々なプランの中でもお勧めは、いつまでも熱々を食べることのできる伊勢海老の温泉蒸しと鮑の踊り焼きのプラン。高級食材が2品ある贅沢な料理でも、とってもお値打ちな値段設定になっています。

高台にある6階建ての詩季亭は眺望抜群

高台にある6階建ての詩季亭は眺望抜群

写真:Happy ブンブン

地図を見る

景色を楽しみたい方は詩季亭を選んでください。入口から庭園を見ながら奥に進んでいくと、玉樟園新井で一番新しい客室棟の詩季亭に辿り着きます。各階に特別室が1部屋と標準客室が2部屋と、ゆとりのある造りです。

2015年には客室のお風呂も全室源泉かけ流しの温泉になり、ますます居心地が良くなりました。景色はご覧のように土肥の温泉街と土肥港の向こうにはきれいな海が広がります。毎年8月に行われる西伊豆最大の花火大会「土肥サマーフェスティバル」の花火を部屋から見る事も出来ます。競争率が早いので予約はお早めに。

誰もが満足できる玉憧園新井

歴史を感じる部屋で庭園を望み寛ぐ、高台の近代的な建物で海の景色を楽しむ、そして食事は部屋でゆっくり誰にも気兼ねなく楽しむ。もちろん温泉も数あるお風呂で楽しみ放題。宿泊施設に求めるものがほぼ揃っていて、お値打ちな金額設定の玉憧園新井。どこか懐かしさを感じるこの旅館で昭和を思い出しませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/28−2016/03/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ