東京の島へ行こう!伊豆諸島「式根島」で透明度抜群のビーチと温泉を満喫

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京の島へ行こう!伊豆諸島「式根島」で透明度抜群のビーチと温泉を満喫

東京の島へ行こう!伊豆諸島「式根島」で透明度抜群のビーチと温泉を満喫

更新日:2016/05/06 09:27

やぎ とものプロフィール写真 やぎ とも 「旅ログ」管理人

伊豆諸島の小さな島、式根島。
面積は3.7kmほどで、自転車でぐるりと一周できちゃう式根島では、透明度が高く綺麗なビーチがいくつもありシュノーケルやダイビングなどマリンアクティビティーが楽しめるほか、海岸に湧き出た天然温泉で潮騒を聞きながらのんびり体の疲れを癒したり・・・と楽しみ方はいろいろ。

東京からジェット船で3時間で行ける小さいけれど魅力がいっぱい!の式根島をご紹介します。

まずはビーチで思いっきり遊びたい!

まずはビーチで思いっきり遊びたい!

写真:やぎ とも

地図を見る

式根島で人気のビーチと言えば、「泊(とまり)海水浴場」。式根島のポスターやガイドブックなどによく載っています。白い砂浜に抜群の透明度を誇る美しいビーチで、潜らなくても水中を泳ぐ魚が見られるほど。またぐるりと岩に囲まれた入り江になっていて波も穏やかなので、小さなお子様連れでも安心して楽しめます。

また、シュノーケルやダイビング、磯遊びなどを楽しみたい方には、「中の浦海水浴場」がオススメです。サンゴや色とりどりの魚たちを見たり、岩場ではカニやヤドカリなど海の生き物をたくさん見ることができて、時間を忘れて夢中で楽しめます!

式根島の地形の特徴はリアス式海岸。そのため、ビーチや温泉が湧いている岩場に行くには急な坂道や階段を下りて行くのが結構大変・・・でも安心してください!急な階段・坂道をそんなに下りなくても行けるのが「石白川海水浴場」。ここでもシュノーケルや磯遊びが楽しめます。また飲食店や宿泊施設からも近いのも嬉しい便利なビーチです。

海が目前!大自然の中の温泉を満喫!

海が目前!大自然の中の温泉を満喫!

写真:やぎ とも

地図を見る

ビーチで思いっきり遊んだ後は、やっぱり温泉で疲れを癒したいですね!
式根島の魅力はやっぱりこの水着のままで気軽に入れる露天風呂。24時間、しかも無料で入れる露天風呂が3か所ありますのでご紹介します。

1つ目は「松ヶ下 雅湯」
潮の満ち引きに関係なくいつでも入れる快適な温泉です。観光客や地元の人たちが集う憩いの場。泉質は硫化鉄泉で足湯もあります。

2つ目は「足付温泉」
「松ヶ下 雅湯」から数分歩いたところにある天然の岩場にある温泉。泉質は炭酸泉で、切り傷などに効能があり別名「外科の湯」とも言われています。

そして3つ目は「地鉈温泉」
岩山を鉈で割ったような絶壁の間をくぐり抜けて行くとある岩場の天然温泉。湯壷がいくつかありますが、湯温が高くて入れないところもあるので海水と混じって湯加減の丁度良い場所を探して入ってみましょう。泉質は硫化鉄泉で神経痛や冷え性に効果があり別名「内科の湯」と言われています。

式根島の絶景ポイント「神引展望台」

式根島の絶景ポイント「神引展望台」

写真:やぎ とも

地図を見る

「中の浦海水浴場」の近くにある「神引展望台」では、式根島全体や天気が良い日は伊豆半島や富士山も眺めることができる景勝ポイント。眼下の吸い込まれそうな青さのカンビキ湾や島の緑のコントラストが美しい360度の大パノラマを満喫できます。

島巡りの必須アイテム!レンタサイクル

島巡りの必須アイテム!レンタサイクル

写真:やぎ とも

地図を見る

小さな式根島の移動手段は自転車!島にはレンタカーもありますが、観光客の多くはレンタサイクルで島をまわっています。水着姿のまま浮輪を積んだ自転車にまたがり、緑が生い茂る中を風をきって走り抜ける!この爽快感はたまりません!

島内にはいくつものレンタサイクル屋さんがあり、新型の電動アシスト自転車を取り揃えているお店や子供用の自転車を取り扱っているお店、旧型だけどリーズナブルなお店などいろいろありますので、ニーズに合ったお店を選びましょう。

式根島は結構坂道が多いので、脚力には自信がある!という人以外は、ちょっと割高にはなりますが電動アシスト自転車を利用するのがおすすめです。

最後に

式根島はビーチや温泉以外にも、ハイキングやキャンプをしたり、年間を通して多種多様な魚が釣れる釣りを楽しんだり、と自然を楽しめる遊びがいっぱい!

今年の夏休みは、魅力あふれる式根島で思いっきり島遊びを満喫してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/28−2015/07/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -