海を渡る一途な恋!映画「マリリンに逢いたい」は沖縄の実話!犬たちの恋物語の舞台・阿嘉島と座間味島へ

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

海を渡る一途な恋!映画「マリリンに逢いたい」は沖縄の実話!犬たちの恋物語の舞台・阿嘉島と座間味島へ

海を渡る一途な恋!映画「マリリンに逢いたい」は沖縄の実話!犬たちの恋物語の舞台・阿嘉島と座間味島へ

更新日:2016/12/17 20:46

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

愛するもののために島から島へ、泳いで逢いに行けますか?一途な恋はどんな困難も乗り越えられます。沖縄・慶良間諸島の阿嘉島と座間味島。愛するもののために、この島から島への約3kmの海を、泳いで渡った「犬」の実話があります。泳いで渡った犬の名前は「シロ」。逢いに行った犬は「マリリン」。この一途な恋は映画化もされ、両島には犬の銅像もあります。一途な犬の恋物語、その舞台となった離島へ行って恋の力をもらおう!

海を渡る一途な犬の恋物語!舞台は阿嘉島と座間味島との約3kmの海

海を渡る一途な犬の恋物語!舞台は阿嘉島と座間味島との約3kmの海

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄・慶良間諸島の離島「阿嘉島」と「座間味島」。隣り合う離島ですが、その距離約3km。毎年カヌーで相互の島を往来する大会はありますが、流れが速くて複雑なので「人」が泳いで渡るのは困難(禁止)。その難しい海域を、なんと「犬」が泳いで渡っていたという話があります。しかも渡っただけでなく、もとの島に泳いで戻っていたとのこと。しかも何度も何度も・・・

その理由は泳いで渡った先の島に愛しい犬がいたから。まさに海を渡る一途な犬の恋物語。愛があればどんな困難も乗り越えられる、そう勇気づけてくれる物語です。しかもそれが実話というのですから驚きです。この綺麗な慶良間の海峡で繰り広げられた、一途な犬の恋物語。阿嘉島と座間味島はその恋の舞台となった離島だったんです。

物語の主人公は阿嘉島の「シロ」!阿嘉島の港に彼の雄志あり

物語の主人公は阿嘉島の「シロ」!阿嘉島の港に彼の雄志あり

写真:離島 こむ

地図を見る

愛しい彼女に逢うために、その3kmもの海を泳いで渡った恋物語の主人公は「シロ」。阿嘉島の民宿の雄犬で、今なお阿嘉島の港で「銅像」として彼の雄志を望むことができます。力強く一つの方向を見つめているシロ。その向きはなんと!愛しい彼女こと座間味島の雌犬「マリリン」がいる方角。銅像になってもその一途な想いはそのまま。恋愛のパワースポットが、沖縄の離島「阿嘉島」にあります。

愛しい彼女「マリリン」は座間味島の岬に!この愛は永遠です

愛しい彼女「マリリン」は座間味島の岬に!この愛は永遠です

写真:離島 こむ

地図を見る

シロの愛しい彼女「マリリン」も座間味島に銅像があります。その銅像がある場所は、シロが泳いで渡った際、上陸したとされる「ウルノサチの岬」。座間味港から阿真ビーチへ行く途中の約1kmのところにあります。しかもマリリンも海の彼方を見つめており、その先にはもちろんシロがいる阿嘉島。シロが力強く立って見つめているのに対し、マリリンはお淑やかに座って待っています。銅像同士も見つめ合っているという、まさに恋愛のパワースポットです。この愛は永遠です。

映画化された一途な犬の恋物語!しかも映画に本人登場?

映画化された一途な犬の恋物語!しかも映画に本人登場?

写真:離島 こむ

地図を見る

慶良間の素晴らしい海を泳いで渡ったこの恋物語は、1988年に映画化され、「マリリンに逢いたい」というタイトルで公開されました。もちろん現在もDVD化されているので、観ることは可能です。映画では2匹の犬の恋物語だけではなく、慶良間の素晴らしい海も各所で見せてくれます。シロやマリリンに逢いに行く場合は、事前に映画をチェックしましょう。しかも映画ではシロ本人が出演!撮影時、マリリンは残念ながら他界してしまいましたが、海を泳ぐ姿も愛しいマリリンを想う鳴き声も、シロ本人のものなんです!

2匹の恋物語は今なお続く!阿嘉島と座間味島は恋愛のパワースポット

2匹の恋物語は今なお続く!阿嘉島と座間味島は恋愛のパワースポット

写真:離島 こむ

地図を見る

現在はシロも他界してしまいましたが、シロもマリリンも銅像になって今なお生き続けています。またマリリンの像には必ず花飾りがかけられており、今でも島の人に愛されていることがわかります。しかもこのシロとマリリンの子孫が、今なお座間味島に居るとのこと。2匹の恋物語は現在も垣間見ることができます。阿嘉島と座間味島は恋愛のパワースポット間違いなし!でも2匹の子孫を探すのは、犬のストレスになるので止めましょう。

シロが泳いで渡った阿嘉島と座間味島は気軽に船で往来可能!でもシロは裏技利用?

とかく慶良間と言えばダイビングや海の印象が強いですが、この阿嘉島と座間味島にはこんな一途な恋物語があったんです。2つの島を巡ってシロとマリリンに逢えば、恋の力になること間違いなし。しかも阿嘉島と座間味島は同じ「座間味村」なので、相互往来する船「みつしま」が頻繁で出ていて、気軽に往来できます。また那覇から高速艇を利用し、この「みつしま」も活用すれば、日帰りでシロにもマリリンにも逢うことができます。一途な犬の恋物語、その舞台となった阿嘉島と座間味島へ行って、恋の力をもらおう!

ちなみに裏話。シロの飼い主は、夕方になるとシロがいつもずぶ濡れだったのを不思議に思っていたらしいです(笑)。またシロは阿嘉島から座間味島に直接泳いで渡ったのではなく、途中にある無人島「安慶名敷島」に上陸して、再び泳いだとのこと。阿嘉島と座間味島は約3kmですが、安慶名敷島に上陸すると、泳ぐのは約2.4kmで済みます。でもその姿を実際に見た人はおらず、シロだけが知る事実です。まずは映画「マリリンに逢いたい」を見て、想像を膨らませてから阿嘉島と座間味島へ行きましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ