ICから5分!超穴場「こばやし安曇野庵」で味わう老舗の蕎麦

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ICから5分!超穴場「こばやし安曇野庵」で味わう老舗の蕎麦

ICから5分!超穴場「こばやし安曇野庵」で味わう老舗の蕎麦

更新日:2016/05/06 18:45

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 名古屋フカボリライター、格安子連れトラベラー、レゴランド・ジャパン愛好家

長野旅行に行くなら、おいしいお蕎麦を食べたいですよね。
でも、人気店はアクセスが悪かったり、営業時間が短かったり、行列必至だったりするので、長野でおいしいお蕎麦にありつくのは簡単なようで意外と難しいものです。
そこで今回は、安曇野ICから車で5分ほどの、大行列にもなっていない穴場をご紹介!
松本に本店がある老舗のお蕎麦を、安曇野で気軽に味わえますよ。

松本の老舗「こばやし」の支店が、安曇野にもある!

松本の老舗「こばやし」の支店が、安曇野にもある!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

今回ご紹介する「こばやし安曇野庵」は、松本にある「こばやし」の支店。
こばやしは明治末期に創業した100年以上の歴史を持つ老舗で、松本でおいしいお蕎麦屋さんを尋ねると地元の方からもよく名前が挙がる人気店でもあります。
松本市内には本店を含め3店舗あるのですが、安曇野には1軒だけで、それがこちら。
入口の佇まいからして、老舗らしい雰囲気がありますね。
初夏には新緑、秋には紅葉と、店の前の植え込みで季節を感じることができます。

ツルツルとした喉ごしの、白っぽい二八蕎麦

ツルツルとした喉ごしの、白っぽい二八蕎麦

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

こばやしのお蕎麦は、厳選した国内産の蕎麦粉を使った白っぽい細麺の二八蕎麦。
それほど弾力はありませんが、ツルツルといくらでも食べられそうなクセのないお蕎麦です。
北海道産の昆布と土佐の本節を使った甘めの蕎麦つゆもおいしいですよ。
蕎麦ツウの方であれば各々のこだわりや判断基準があるかと思いますが、「長野に行くならおいしいお蕎麦を食べたい!」という旅行者なら充分満足できる味だと言えるでしょう。

オススメは天ざる!ボリューム満点の盛り合わせ!

オススメは天ざる!ボリューム満点の盛り合わせ!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

店の入口にも「当店のおすすめ 天ざる」という看板が出ていますが、こばやし安曇野庵のイチオシメニューは天ざる。天ぷらとざる1枚で税別1,500円です。※2016年4月現在
海老のほか、椎茸・かぼちゃ・茄子・さつまいも・山菜などの野菜の天ぷらがたっぷり!
もり蕎麦やざる蕎麦を頼んでお蕎麦をめいっぱい楽しむか、天ぷらも味わうか、旅行者としては悩ましいところです。+300円でお蕎麦の大盛りにするという選択もありますよ。

さわやかな季節なら、盆栽に囲まれたテラス席も◎

さわやかな季節なら、盆栽に囲まれたテラス席も◎

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

店内はテーブル席と一人客でも利用しやすい円形のカウンター席ですが、実は奥にテラス席もあります。机の高さがやや使いづらいものの、気候の良い季節なら快適。
盆栽や季節の花を眺めながらお蕎麦を食べるのも、なかなかオツなものです。
個室空間なので、小さい子どものいる家族連れでもここなら落ち着いて食事ができますね。

穴場の秘密は、「安曇野スイス村の駐車場の片隅」という立地!

穴場の秘密は、「安曇野スイス村の駐車場の片隅」という立地!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

こばやし安曇野庵はアクセスの良い老舗ですが、休日のお昼に数組が並ぶくらいの穴場。
おそらくその理由は、近くに大王わさび農場があることと、安曇野スイス村(ドライブイン)内にあるせいでしょう。しかも、駐車場の片隅にひっそりと佇んでいます。
長野に来てあえて「スイス村」で食べなくても、という旅行者心理はわかる気がしますね。
でもだからこそ、おいしいお蕎麦が待たずに気軽に食べられるのです!

おわりに

こばやし安曇野庵は定休日がなく、昼休憩なしで17時まで通し営業しているので立ち寄りやすいのも魅力。それにこの立地ですから、駐車場の空きを心配する必要もありません。
もし少し待つことになっても、安曇野スイス村内にあるホースランドで乗馬をしたり、ワイナリーでワインやジュースの試飲をしたりして楽しく過ごすことができるでしょう。
安曇野でお蕎麦を食べる場所に迷ったら、ぜひ思い出してくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -