都心から僅か1時間!埼玉・高麗駅から新緑の田園風景をぶらり散歩

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

都心から僅か1時間!埼玉・高麗駅から新緑の田園風景をぶらり散歩

都心から僅か1時間!埼玉・高麗駅から新緑の田園風景をぶらり散歩

更新日:2016/05/06 17:13

池袋駅から吾野駅までを結ぶ西武池袋線は、高麗駅を過ぎる頃から車窓が山の自然へと移り変わり、美しくなります。高麗駅はその名前が示す通り、続日本紀にも記録される歴史の故郷。小さな山間にも見どころが一杯。

そんな高麗駅を起点とした、駅から小さな散歩の紹介です。

普段は秩父観光の通り道かもしれませんが、ふと足を止めて、ぶらり途中下車をしてみるのはいかがでしょうか?

今も異国の風を残す渡来人の里「高麗郷」

今も異国の風を残す渡来人の里「高麗郷」
地図を見る

駅というのは、その日の旅の日の気分を左右する大切な場所。改札口を出て、その土地ゆかりの偉人の銅像や、土地の風物を模したモニュメントなどが出迎えてくれると、「ああ、旅に出たんだ!」という気持ちを盛り上げてくれます。

とすれば、高麗駅のそれはかなり印象的。この高麗駅であなたを出迎えてくれるのはチャンスン(将軍標)と呼ばれる不思議な木像。チャンスンとは韓国の民間信仰由来のもので、村の入口に建てられ、その恐ろしげな顔で疫病や悪霊を追い払うというもの。

「ここって日本だよね?」と思うくらい、高麗駅は強烈な印象であなたの旅を出迎えてくれます。

四季折々の自然と清流「巾着田」

四季折々の自然と清流「巾着田」
地図を見る

高麗駅から歩いて、10分ほどで到着するのが巾着田です。曼珠沙華の名所で良く知られている巾着田ですが、新緑の光景だって負けていません。何百年も変わらない田園風景に、今は遊歩道などが整備され、水車小屋やビオトープといった里山風景が広がるなど、ここに来れば、あっという間に都会から解放されるでしょう。

巾着田の名前の由来は、高麗川が弧を描いて、まるで巾着の様になっているから。地図で確認すると、まさに奇麗な巾着型。そしてここでの散策は、自然に丸ごと包まれるような気分です。

ただ、この巾着田、曼珠沙華のシーズンである秋には有料となるのでご注意を。

「高麗郷民俗資料館」で昔の生活を実感

「高麗郷民俗資料館」で昔の生活を実感
地図を見る

巾着田を高麗川に沿ってぐるりと一周した先にあるのが、高麗郷民俗資料館。

町の小さな民俗資料館ですが、この山間の地にあって、どのように人々がどのように生活してきたのかという事を、古い展示物とともに伝えてくれます。

展示内容は、この地に根付く養蚕、茶といった特産品に関わる道具から、林業や炭焼き道具まで、小さいながらも様々。都心の博物館にあれば見過ごしてしまうような展示でも、こうしてその土地の中にあることで、ぐっと実感が湧いてくることでしょう。

古民家と農村の味わい「高麗郷古民家(旧新井家住宅)」

古民家と農村の味わい「高麗郷古民家(旧新井家住宅)」
地図を見る

巾着田の閉じ口にあたる、高麗川に挟まれた道沿いには高麗家古民家があります。江戸末期から明治にかけて建てられて建造された古民家で、2014年に国の登録有形文化財に指定されました。土蔵が2棟に、桁行が23メートルもある母屋。奥の間には金箔屏風の部屋など、当時の名主としての豊かな暮らしが伺えます。

この高麗郡古民家、桃の節句にはひな人形、端午の節句にはこいのぼりといった風に、四季折々の節句人形が飾られています。こうした風景も、今では貴重な山里の風景かもしれません。

日当たり良好!縄文時代の史跡「高麗旧石器住居跡」

日当たり良好!縄文時代の史跡「高麗旧石器住居跡」
地図を見る

高麗駅から西方向へ、五分ほど足を運んだ場所には、旧石器時代の住居跡があります。駅から標識に従って歩いていくと次第に道が狭まり、畠の間を抜け、景色が急に広がった場所が、ここ高麗旧石器住居跡です。

周囲に比べて、すこし高台になった場所に位置し、高麗川や日和田山が間近に望めるこの地。縄文人と同じ気持ちになって眺めてみると、この地が山間ながらも大きな豊かさに支えられていたことが、十分に実感できるでしょう。

その後、この地には高句麗から訪れた渡来人が移り住み、高麗郡を建てました。2016年は、高麗郡建郡から1300年にあたっています。

おわりに

全部回って約3時間ほどの散歩道。その全てが里山の自然に囲まれていて、ここは身近な隠れ里という風情。周囲にはカフェなどもあり、途中休憩にもとても便利。

他にも足に自信がある人は、ここから日和田山に登ってみるのもいかがでしょうか。標高305メートルは子供でも安心して登れる高さ。また30分ほど歩けば、聖天院、高麗神社といった、高麗郡の歴史を伝える寺社仏閣もあります。

自然と文化の宝庫は、こんな場所にもあります。ぜひ気軽に足を運んでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -