モータースポーツファン大喜び!鈴鹿サーキットのお土産5選

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

モータースポーツファン大喜び!鈴鹿サーキットのお土産5選

モータースポーツファン大喜び!鈴鹿サーキットのお土産5選

更新日:2017/03/23 14:47

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

日本のモータースポーツの聖地といえば、やはり三重県の「鈴鹿サーキット」!モートピアと呼ばれる遊園地も併設されている鈴鹿サーキットを訪れたのなら、ぜひ買って帰りたいお土産をご紹介!サーキットやレースにちなんだ商品が多く、若干マニアックなモノもあったりしますが、ファンなら納得の限定商品が揃っていますよ!

SUZUKAアスファルトラスク

SUZUKAアスファルトラスク

写真:bow

まずは「SUZUKAアスファルトラスク」をご紹介!鈴鹿サーキットのアスファルトを再現したというラスクは確かに表面がアスファルトのような黒色!この黒は竹炭を使用してアスファルトっぽさを再現しています。見た目的にはイマイチ食欲をそそりませんが、お味はごく普通に美味しいラスク!

そして、特筆すべきはそのパッケージ裏面。詳細な鈴鹿サーキットのコースガイドが記されています。中にはマニアでも「ほほう!」と唸るような非常に細かい情報も。食べるだけでなく、見る楽しみもある一品といえるでしょう。

■SUZUKAアスファルトラスク 1,080円

鈴鹿サーキット タイヤケース マーブルクッキー

鈴鹿サーキット タイヤケース マーブルクッキー

写真:bow

お次はタイヤ型の入れ物がインパクト大な「タイヤケース マーブルクッキー」です。現在のF1は溝のないスリックタイヤに戻りましたが、このお菓子の入れ物は過去10年程活躍していた溝付きのグルーブドタイヤが忠実に再現されています。レース好きならこんなイカすお土産を貰ったらちょっとニヤケてしまいそうですね!

ちなみに中身はレースクイーンが持ってるパラソルのようなマーブル模様のクッキーが入っていて、お味は普通に美味!食べた後は小物入れにも使えますし、ただ飾っておくだけでも値打ちのある一品です。

■鈴鹿サーキット タイヤケース マーブルクッキー 1,100円

鈴鹿のグラベルペッパー

鈴鹿のグラベルペッパー

写真:bow

グラベル、それはサーキット走行中にマシンがコースアウトした際、危険な事故を防ぐため砂利や土を敷き詰め、スピードを減少させるエリアのこと。サンドトラップなどとも呼ばれます。

「鈴鹿のグラベルペッパー」は鈴鹿サーキットのグラベルを再現した黒胡椒にんにく!原材料は本当に黒胡椒とにんにくのみで、確かに砂っぽい感じ。しかし、これがまた万能調味料だったりします。ラーメンから肉料理の味付けにまで結構幅広く活躍してくれますのでお試しあれ。

■鈴鹿のグラベルペッパー 700円

タイヤカスさきいか

タイヤカスさきいか

写真:bow

タイヤカス・・・。普通の人なら聞きなれない言葉かもしれません。レーシングタイヤはアスファルトの路面との摩擦によってどんどん摩耗していきます。その際に飛び散ったタイヤの破片をタイヤカスと呼ぶのです。

実際にサーキットのコース上にもタイヤカスが結構落ちているのですが、そのタイヤカスを忠実すぎる程に再現してしまったのが「タイヤカスさきいか」なのです。タイヤカスを知っている人ならその再現度には驚くはず。実際はさきいかをイカ墨で黒く染めたものですが、困ったことにこれが美味しいのです。

パッケージには鈴鹿サーキット公認と書かれ、更には「タイヤカスはただのカスではない 熱き戦い、真剣勝負の証!」と熱く書かれてもいます。ちなみにこのタイヤカスさきいか、鈴鹿サーキットのお土産では定番的な人気を誇っています。それにしても、なぜコレを商品化したのか・・・。その発想力に脱帽ですね。

■タイヤカスさきいか 520円

タイヤラバーあおさのり

タイヤラバーあおさのり

写真:bow

タイヤカスに続いては、タイヤラバーです。加減速時やコーナリング時に熱を持ったタイヤが溶けて路面とくっつくことを、レースの世界では「タイヤラバーがのる」などと表現され、ラバーグリップとも呼ばれます。タイヤラバーがのることにより、アスファルトの粗い路面が滑らかになり、路面のグリップ力が上がったりタイヤの消耗が少なくなったりもします。

そんなタイヤラバーを再現したのが「タイヤラバーあおさのり」です。地元伊勢志摩産のあおさのりを100%使用した海苔の佃煮をタイヤラバーに見立てているこの商品。見た目をそのまま生かした商品なので、特に見た目的にもごくごく普通の海苔の佃煮。そして香り豊かなあおさのりをホカホカご飯に乗せれば、ご飯がみるみる加速!・・・ではなくご飯がススムではありませんかッ!ネーミング以外は実に普通の優秀なお土産だったのです。


■タイヤラバーあおさのり 600円

鈴鹿サーキットのお土産はあなどれません!

いかがでしたでしょうか、今回ご紹介したくてもできなかった商品もまだまだ多数あるという、鈴鹿サーキット限定のお土産たち。若干マニアックなものもありますが、本当に「商品企画担当者、頑張ってるなぁ〜」と言わざるを得ない程の商品が揃っています。レースファンならどれを買おうか迷ってしまうこと間違いナシ!どれも他では出会えない品々ですので、モータースポーツの聖地・鈴鹿サーキットでのお買い物を存分に楽しんで下さい!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ