「ハイアット リージェンシー 京都」和と洋の見事なマリアージュを感じるラグジュアリーホテル

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ハイアット リージェンシー 京都」和と洋の見事なマリアージュを感じるラグジュアリーホテル

「ハイアット リージェンシー 京都」和と洋の見事なマリアージュを感じるラグジュアリーホテル

更新日:2016/09/26 17:16

中山 のりおのプロフィール写真 中山 のりお ブロガー、ライター、フォトグラファー、地域PR施策アドバイザー

「ハイアット リージェンシー 京都」のある場所は、京都国立博物館の正面であり、三十三間堂のすぐ脇という、京都市内の喧噪から少しだけ離れたところ。落ち着いた雰囲気のあるこの地にて、ホテルが提供してくれるのはゆったりとした時間であり、和洋折衷を極めた空間であり、そしていかなる国籍であろうとも楽しめる料理の数々である。

東山という文化あふれる地に建つモダン・ラグジュアリー

東山という文化あふれる地に建つモダン・ラグジュアリー

提供元:ハイアット リージェンシー 京都

http://kyoto.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html地図を見る

「ハイアット リージェンシー 京都」は、京都の東山区のひっそりとした地に建つ、モダンかつラグジュアリーな唯一無二のホテルだ。オープンは2006年と新しく、京都らしい「和」と、ハイアット系列らしい「洋」が見事にミックスされたモダン・ラグジュアリーに相応しい建物となっている。

またホテルの建つ一帯は、平安末期の後白河法皇の宮殿があった由緒正しい土地。隣には三十三間堂、正面には国立京都国立博物館があるなど、東山らしい洗練された文化に囲まれた、絶好の立地となっている。京都駅からは若干の距離があるが、むしろそれをポジティブに感じさせるほど、落ち着いた印象を受けるだろう。

利便性ある現代的な洋室を「和」で表現

利便性ある現代的な洋室を「和」で表現

写真:中山 のりお

地図を見る

「ハイアット リージェンシー 京都」に宿泊すれば、ゲストルームの見事な演出に誰もが驚かされることだろう。壁には江戸から大正時代の着物の古布がタペストリーとして使われているほか、行灯風の照明を設置。さらに白木をふんだんに使用し、温かみのある空間が演出されている。

中でも白眉であろうバスルームには、御影石のウェットエリアと大きなバスタブを備え、和の雰囲気の中でくつろぐことができる。こういったタイプのホテルでありながらも、しっかり洗い場がついているのも大きな特徴といえそうだ。

一方でで43インチのフラットスクリーンテレビやブルーレイプレーヤー、機能的なワークデスクなど最新の設備により、機能的にも満足。まさに和洋折衷、新旧織り交ぜた「京都らしい」時間をすごすことができるだろう。

なお各部屋の窓からは、京都の景色もしくはホテル自慢の中庭が一望。目でも楽しむことができるのも、このホテルの特徴である。

館内には京都中の伝統工芸を集めたショップまで!

館内には京都中の伝統工芸を集めたショップまで!

写真:中山 のりお

地図を見る

快適な滞在を提供してくれる「ハイアット リージェンシー 京都」は、館内ショップの充実度が高いことも忘れてはならない魅力のひとつ。筆頭となるのが、伝統工芸品のみを集めたこだわりの店「セレクトショップ 京」だ。

時期によって企画展的な内容になっていることもあるが、店内にはところせましと京都のものを中心とした伝統工芸品に溢れており、さながら小さな工芸美術館のよう。手にとって見るだけでもその技術に感銘をうけるような逸品ばかりであり、仮に購入する気が無かったとしても、この店内を見学するだけの価値がある。もちろん展示されている品はどれも購入することができるため、京都土産としても重宝するはずだ。

地産地消を意識した京都素材の朝食にもぬかりなし!

地産地消を意識した京都素材の朝食にもぬかりなし!

写真:中山 のりお

地図を見る

ハイアット系列といえば、知る人ぞ知る「グルメホテル」と言っても差し支えがないほどの、レストラン充実度を誇っているのが特徴だ。もちろんこの「ハイアット リージェンシー 京都」についても例に漏れず、だ。

特にホテルの力量を感じるのが、ホテル内レストラン「ザ・グリル」の洋食ブッフェだろう。一晩かけてじっくりとスモークした特製レッグハム、近郊の農家から毎日届く新鮮な野菜、注文を受けて一人様ずつ用意される各種卵料理など、さすがハイアット!とうなるような品々が用意されており、滞在者の満足度を高めてくれる。

また、窓際の席に座ることができれば、ホテル自慢の中庭を眺めながら食事をとることができ、これもまた「京都へ来た」という気持ちを高めてくれる。

ハイアット リージェンシー 京都で上質な京都を堪能しよう

このように、「ハイアット リージェンシー 京都」は、立地や施設のもつ設備だけで十分に、京都ひいては日本を感じることの出来る類い希なるラグジュアリーホテルとなっている。

今回は紹介しなかったが、スパ施設も充実しており、特に灸と鍼を使ったリラクゼーションはこのホテルならではのサービスとして、強く体験をおすすめしたいところだ。
もし滞在先も含めて、京都を深く感じたいのであれば、「このハイアット リージェンシー 京都」は最優先していい候補のひとつとなるだろう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/28−2015/03/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -