青の洞窟に不思議な庭園!?石垣島の知られざる魅力に迫る!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

青の洞窟に不思議な庭園!?石垣島の知られざる魅力に迫る!

青の洞窟に不思議な庭園!?石垣島の知られざる魅力に迫る!

更新日:2016/05/20 16:24

エム チヒロのプロフィール写真 エム チヒロ トラベルライター、旅する経営コンサルタント

近年、新空港の開業によりグッと身近になった石垣島。離島ならではのエメラルドグリーンの海や、夜空に浮かぶ満点の星空に魅了され、また絶対行きたい!と石垣島の虜になる方も多いことでしょう。今回は初めての方はもちろん、リピーターの方でもあまりご存じない石垣島の知られざるオススメスポットをご紹介いたします。

石垣島に青の洞窟?!神秘の洞窟でシュノーケリングを楽しむ

石垣島に青の洞窟?!神秘の洞窟でシュノーケリングを楽しむ

写真:エム チヒロ

地図を見る

まずご紹介するのはこちら。知る人ぞ知る、石垣島の青の洞窟です。青の洞窟・・・といえば、イタリア・カプリ島や沖縄本島の真栄田岬が有名ですが、実は石垣島にもあるのです。

行き方は少し難しく、幹線道路を外れた道なき道を進み、その先のジャングルをくぐり抜け、さらに海岸沿いの岩場をつたっていく必要があるため、所要時間はそこまでかからないものの、ちょっとしたトレッキング気分を味わえます。ただ、満潮時は足場が海に沈んでしまう等、注意するポイントもあるため、初めての方は付近に詳しい宿の方や地元の方と行かれるか、安全のためにシュノケーリング等のオプショナルツアーと合わせて行かれた方がよいかもしれません。

青の洞窟では、陽の光と海が織りなす幻想的な風景を外から眺めるだけでなく、洞窟内にある陸地へ上陸し、内部を探索することもできます。洞窟内は上部から薄っすら陽の光が差し込んでくるため、独特の神秘的な雰囲気を感じながら、懐中電灯無しで洞窟探検が楽しめます。

また、洞窟前や岩場にある大きな潮溜りには多数の小さな魚が泳いでいるのでシュノーケリングを楽しんではいかがでしょう。洞窟で楽しむシュノーケリングは、どこか冒険心が駆り立てられ、まるでスパイ映画のワンシーンに出ているような気持ちにさせてくれるでしょう。
青の洞窟を訪れる際は水着とシュノーケルセットをお忘れなく!

不思議なオブジェが立ち並ぶ、石垣島のパワーゾーン

不思議なオブジェが立ち並ぶ、石垣島のパワーゾーン

写真:エム チヒロ

地図を見る

続いては、広い敷地に不思議なオブジェが立ち並ぶ、ちょっと変わった石垣島のパワーゾーンをご紹介いたします。川平湾方面から米原ビーチに向かい79号線を北上すると、右手にカラフルな巨大オブジェが見えてきます。こちらが今回ご紹介する米子焼工房とその庭園・・・。

庭園の広さは33,000平米もあり、その広大な敷地内には果樹林や池や小川が設けられています。なかでも一際目を引くのが個性的且つ巨大なオブジェ郡。沖縄の伝統的なシーサーに宇宙人のようなキャラクター、絵本の世界に出てきそうな穏やかで優しい表情をしたキャラクター等、個性的でアーティスティックなオブジェが庭園内に所狭しと設置されています。庭園内を散歩していると、まるで何処か違う星に来たのではと思わせられるほど。

また、庭園の自然と個性的なオブジェ郡に囲まれていると、なんとも言えない穏やかで不思議なパワーが感じられ、のんびりとした時間を過ごすことができるはず。島の豊かな自然と穏やかで不思議なパワーを感じながらのアート鑑賞は、一味違った石垣島の魅力を味わうことができるでしょう。

庭園は2019年の完成を目指して日々進化しているので、訪れるたびに違ったオブジェがお目見えしているのも楽しいところ。工房も庭園も無料で見学できるので、ドライブついでに立ち寄ってみてはいかがでしょう。工房で製作されているシーサーも他では買えないものばかりでお土産にもぴったりですよ。

直営の牧場で丁寧に育てられた石垣牛!絶品牛そばに舌鼓!!

直営の牧場で丁寧に育てられた石垣牛!絶品牛そばに舌鼓!!

写真:エム チヒロ

地図を見る

石垣島の楽しみの1つといえばグルメ。名物の八重山そばや人気の石垣牛は、滞在中に1度は食べておきたいものです。けれども八重山そばや石垣牛を出しているお店はたくさんあるので、正直どこがイイか迷ってしまう。そんな方にオススメしたいのがこちら。島北部にある地元の方に人気の新垣食堂です。

こちらのお店では、石垣島名物の八重山そばと石垣牛をなんと1度に味わえてしまう“牛そば”が召し上がれます。牛そばが食べられるお店は島内に数軒しかない上に、なんと新垣食堂では直営の牧場で育てている石垣牛がいただけます。

近年、ガイドブックのグルメページを開くと必ずといっていいほど紹介されている石垣牛ですが、実は生産高は年間700頭に満たない程度で、ここ数年は生産高も減少しています。また、生産された牛の大半は島外に出荷しているため、一部の美食家達は本物の石垣牛が食べれるお店はどこだ・・・と日夜探しまわっているほど。その点、直営の牧場を持つ新垣食堂なら安心して本物の石垣牛を堪能することができます。

新垣食堂の牛そばは、味噌をといた特製のスープに石垣牛の旨みが絶妙にあわさっており、さっぱりしているのにコクがある、とても食べごたえのあるお味。また、石垣牛がこれまた絶品で、旨みが凝縮された柔らかいお肉を贅沢に使っている点も人気の秘密といえるでしょう。

さらに、こちらの牛そば、十分なボリュームがある小サイズが、たったの500円からいただけるのも嬉しいところ。絶品料理をリーズナブルな価格でいただけるとあって、お昼時はいつも混みあっており、行列ができることもしばしばです。材料が無くなり次第営業修了となりますので、時間に余裕を持って早めに伺ってみてください。
リピーターの方には同じ価格でいただける石垣牛のビーフカレーもオススメですよ!

週末だけでも大満足!石垣島で癒される

いかがでしたでしょうか。新空港が出来てからは東京や大阪からの直行便も就航し、より身近になった石垣島。今回ご紹介したスポットは半日あれば全てまわれてしまうので、日頃の疲れを癒しに次の週末やちょっとした連休を利用して訪れてみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/03−2015/05/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ