男子は度胸の見せどころ!目が眩む峡谷、宮崎県「高千穂峡」ドキドキ手つなぎデート

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

男子は度胸の見せどころ!目が眩む峡谷、宮崎県「高千穂峡」ドキドキ手つなぎデート

男子は度胸の見せどころ!目が眩む峡谷、宮崎県「高千穂峡」ドキドキ手つなぎデート

更新日:2016/05/09 11:36

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

宮崎県「高千穂峡」は、太古の昔、阿蘇山の噴火活動によって作られた柱状節理の美しい峡谷。高いところで100mもの断崖が渡る谷の底には激流が流れ、緑の深淵へと注いでいます。目が眩ほどに深い渓谷を覗きこむのはちょっとコワイのですが、手をつないで歩けば大丈夫。天孫降臨の際に神からもたらされたという「真名井の滝」など、見どころもたっぷり。美しい緑と清流あふれる高千穂峡でドキドキ手つなぎデートしませんか。

- PR -

目も眩むほど深い峡谷「高千穂峡」

目も眩むほど深い峡谷「高千穂峡」

写真:花村 桂子

地図を見る

高千穂峡は、宮崎県「五ヶ瀬川」にかかる峡谷。太古の昔、阿蘇の噴火活動によって噴出した火砕流が川にそって帯状に流れだし、急速に冷却したため、柱状節理の素晴らしい懸崖となった渓谷です。上流の窓の瀬から下流の吐合まで、高いところで100mもある断崖が約7kmも続いています。そびえ立つ「仙人の屏風岩」や、川岸にぽっかり口をあける円形のくぼみ「甌穴(おうけつ)」など、迫力満点のみどころもたっぷり。

周辺は遊歩道が整備され、駐車場から日本の滝100選にも選ばれた名勝「真名井(まない)の滝」のボート乗り場までは約1km。絶好のお散歩コースとなっています。深い渓谷を見下ろす景色が続くので、ちょっぴり目が眩みそう。男性は女子の手を取って、エスコートしてあげてくださいね。

神からもたらされた「真名井の滝」

神からもたらされた「真名井の滝」

写真:花村 桂子

地図を見る

天孫降臨の地とも伝わる、宮崎県高千穂の象徴「真名井(まない)の滝」。神がこの地に降り立った時に水がなかったため、天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を下された「天真名井(あまのまない)」の湧水が、滝となって流れ落ちているのだとか。

滝の高さは約17m。しぶきを上げて水面に落ちる滝はなんとも神秘的な雰囲気です。一押しの撮影スポットは「滝見台」。遊歩道にさりげなくある小さなスペースなので、見落とさないようにご注意を。滝をバッグに記念撮影した後は、次の方に場所を譲ってからSNSにアップしてくださいね。

滝のすぐそばまで行ける、貸しボートも大人気。ボートに乗って水面近くから見上げる真名井の滝は、迫力満点。マイナスイオンもたっぷりです。腕に覚えのある男性は、イイトコ見せるチャンスかも。

巨大なパワーを秘めた巨石「鬼八の力石」

巨大なパワーを秘めた巨石「鬼八の力石」

写真:花村 桂子

地図を見る

河原に転がる「鬼八の力石」。重量約200トンもある巨石には巨大なパワーが詰まっていそう。その昔、里で悪行を働いていた「鬼八(きはち)」という鬼が、投げて力自慢をした石だといわれています。鬼八は、祖母岳明神の美しい娘・鵜ノ目姫を奪って鬼が窟に隠していましたが、神武天皇の兄・三毛入野命(みけいりののみこと)に退治されたとか。命が姫と出会った深い緑の淵「七ッヶ池(ななつがいけ)」も、美しいスポットです。

目が眩む峡谷「高千穂峡」ドキドキ手つなぎデート

そそりたつ断崖、谷底には岩をかむ激流、天孫降臨の地とも伝わる高千穂峡には、自然が作り上げたワイルドな景観が広がっています。谷の上の遊歩道は、緑と清流のマイナスイオンがたっぷり。目が眩むほどに深い峡谷を、手をつないでドキドキお散歩しませんか。

2016年5月9日現在、熊本地震の影響により遊歩道は全面開通していません。滝見台までは通行可能です。高千穂町観光協会ホームページで最新の状況をご確認の上お出かけください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ