バルセロナ 未完の世界遺産「サグラダ・ファミリア」の魅力

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バルセロナ 未完の世界遺産「サグラダ・ファミリア」の魅力

バルセロナ 未完の世界遺産「サグラダ・ファミリア」の魅力

更新日:2016/06/22 17:11

Kei Kitamuraのプロフィール写真 Kei Kitamura

世界的に有名な建築家である「アントニ・ガウディ」。ガウディの作品である「サグラダ・ファミリア」の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
スペイン・バルセロナの「サグラダ・ファミリア」は1882年3月19日に着工しましたが、2016年現在いまだに未完の大聖堂です。完成はガウディ没後100年である2026年と発表されています。
本日は「サグラダ・ファミリア」の魅力についてお伝えします。

「サグラダ・ファミリア」の入場方法

「サグラダ・ファミリア」の入場方法

写真:Kei Kitamura

地図を見る

「サグラダ・ファミリア」は、北側のファザード、メインファサード、東側の生誕のファサード、西側の受難のファサード、18本の塔から成り立ちます。
2016年現在、メインファサードと18本の塔のうち10本が未完です。未完ではありますが、実際にサグラダ・ファミリアの前に立つと圧巻!!未完だということを感じさせないくらいの迫力と細かく芸術的な彫刻が目を引きます。

サグラダ・ファミリアへの入場はチケットの購入が必要です。当日チケットを購入することもできますが、インターネットで事前に予約をしておくと、決まった時間に入場することが出来てるので、限られた旅行時間を有効活用することが出来ます。事前予約サイト(英語)は関連MEMOをご覧ください。

いざ大聖堂の中へ!

いざ大聖堂の中へ!

写真:Kei Kitamura

地図を見る

教会の中へ入るととてもきれいなステンドグラスが圧巻です!!
天井がとても高く、白い壁や柱とステントグラスの色が相まって、とても開放感があります。この天井や柱はガウディが愛した植物をイメージしています。

ステンドグラスの色合いは、日の高さによっても変わります。朝は明るく、夕方になるにつれて神秘的な色合いになるでしょう。滞在時間が長い方は朝と夕方の2回訪れて違いを楽しむのも良いのではないでしょうか。

天井付近にはオパールのような宝石のような優しい色合いの球体が複数あります。これは、鐘楼の鐘の音やパイプオルガンの響きを反射して、下界にいる私たちの心を溶かしてくれるものです。(写真参照)
時間によってはとても混雑をして、写真を撮影するのが困難な場合もあります。朝一で訪れると、観光客も少なくゆっくり見物することが出来るでしょう。

バルセロナを一望できる塔へ!

バルセロナを一望できる塔へ!

写真:Kei Kitamura

地図を見る

事前に予約をしておくと生誕のファサードもしくは受難のファサードを登ることが出来ます。予約の際にどちらの塔に登るのか選択をする必要があります。また、予約の際、時間の指定をしなければなりません。おすすめは朝一です!写真を撮るのにも観光客が少なく、ゆっくり見学ができます。

登りはエレベーターですが見どころは下りのらせん階段です!らせん階段の途中には、外が見えるスポットが何か所かあるので、バルセロナの街並みを見下ろすことが出来ます。
歴史的建造物であり世界遺産であるサグラダ・ファミリアの上からバルセロナの街並みを見下ろすことが出来るなんてなんて贅沢なのでしょう!!1882年から作られ続けている壁に手で触れることもでき、歴史を肌で感じることが出来ます。

彫刻の意味を知って歴史を感じよう!

彫刻の意味を知って歴史を感じよう!

写真:Kei Kitamura

地図を見る

「サグラダ・ファミリア」の魅力は盛大なステンドグラスだけではありません。受難のファサードと生誕のファサードにある彫刻にはそれぞれ意味があります。

受難のファサードの彫刻は、カタルーニャ出身の彫刻家ジョセップ・マリア・スビラックスによるものです。並んだ彫刻の角張った人物像の表情からは、悲しみと苦しみを感じるでしょう。
中央下段の扉の上にある「ヴェロニカと福音者」のローマ兵の仮面には、カサ・ミラの煙突を模した仮面をかぶせており、ガウディへのオマージュとしています。そして、ローマ兵の左に立つ福音者の顔はなんどガウディがモデルになっています!

ファサードには、4×4の数字が並んだ魔方陣が何か所かあります。縦・横・斜めのどの数字を足しても、キリストが亡くなった年齢である33になるのはとても興味深いでしょう。
そして、グエル公園を彷彿させるタイルの装飾もあります。隅から隅まで一つずつ観察をするには半日でも時間が足りないかもしれません。来るたびに新しい発見がある神秘的な大聖堂です。

「サグラダ・ファミリア」撮影スポット!

「サグラダ・ファミリア」撮影スポット!

写真:Kei Kitamura

地図を見る

せっかくサグラダ・ファミリアを観に行ったのだから、素敵な写真を撮影したい!そんな方は多いのではないでしょうか。

サグラダ・ファミリア駅前の道路を渡ったところでは、たくさんの観光客が写真撮影をしていますが、サグラダ・ファミリアとの距離が近いため、なかなか全体を撮影することが出来ません。また、目の前の公園は写真撮影スポットとして多くの観光客がいるため、なかなかサグラダ・ファミリアだけの写真や自分たちだけを撮影するのが難しいです。そしてなにより公園の水がよどんでいるため、せっかくのサグラダファミリアの雰囲気が台無しです。

そこでおすすめなのが「ガウディ通り」です!ガウディ通りからは、サグラダ・ファミリアがフレームにすっぽりと収まります。また、ガウディ通りにはバルやリストランテもあるので、天気が良い日はオープンテラスで食事をしながらサグラダ・ファミリアを見物なんてこともできます。時間によっては音楽を演奏している人がいるのでより雰囲気を楽しむことが出来ます。
行きかう町の人々や町の雰囲気とサグラダ・ファミリアを一緒にフレームに収め、ぜひ、生きた街並みとサグラダ・ファミリアのベストショットを撮影してください。

いかがでしたか?

サグラダ・ファミリアは完成までまだまだ時間があります。未完ではありますが、現在でも圧巻の大聖堂です。また、完成してしまったら変化がありません。建設中だからこそ見られる、今現在の姿は観に行く価値満載です!
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/23−2015/09/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ