釜山名物オデンの殿堂「オムク体験・歴史館」がおもしろい!

| 韓国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

釜山名物オデンの殿堂「オムク体験・歴史館」がおもしろい!

釜山名物オデンの殿堂「オムク体験・歴史館」がおもしろい!

更新日:2018/08/03 16:37

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

釜山名物の一つにオムクがあります。オムクとは揚げた練り物(蒲鉾)のことで、韓国では一般的にオデンと呼ばれており、昔から庶民の食べ物として人気がありました。
そんなオムクを釜山で初めて製造販売したのが影島の蓬莱市場にあるサンジンオムクです。現在ではその創業の地に「サンジンオムク 釜山オムク体験・歴史館」をオープンさせ、揚げ立てのオムクを販売するとともにオムクづくりの魅力や歴史を後世に伝えています。

釜山のオムクは影島から始まった

釜山のオムクは影島から始まった

写真:やま かづ

地図を見る

釜山で最初にオムク(オデン)を製造販売したのは釜山の対岸、影島の蓬莱市場に店を構えていたサンジンオムクで、それは1953年のことでした。
オムクは釜山港で水揚げされたばかりの海産物からつくられたため新鮮でおいしく、なおかつ安価であったため、すぐに庶民の食べ物として広がりました。そして、いつしか釜山名物となりました。

現在、そのオムクの創業の地には「サンジンオムク 釜山オムク体験・歴史館」が建てられています。1階はオムクを製造販売する店舗となっていますが、2階にはオムクづくり体験ができたり、オムクの歴史がわかるスペースが設けられており、いわばオムクのテーマパーク的な存在となっています。

焼き立てパンのごとく揚げ立てオムクが並ぶ!

焼き立てパンのごとく揚げ立てオムクが並ぶ!

写真:やま かづ

地図を見る

1階の販売スペースにはところ狭しと揚げ立てのオムクが並べられており、それはまさしく焼き立てパンの売り場のようです。
日本でも見慣れた、いわゆる薩摩揚げのようなものもあれば、韓国でしか見かけないウズラの卵やレンコンを入れたもの、エゴマの葉っぱで巻いたものまであり、その種類は数十種類、オムク選びに迷ってしまいます。

また、売り場のウィンドウ越しには実際にオムクをつくっている工場の様子を見ることができます。様々な工程を経てでき上がるおいしそうなオムク、購買意欲にも火がついてしまいそうです。

焼き立てパンのごとくレジで支払う!

焼き立てパンのごとくレジで支払う!

写真:やま かづ

地図を見る

気になるオムクがあれば一つずつトングでとってトレイに載せていきます。それぞれのオムクには名前と値段が書かれていますが、あいにく韓国語のみです。しかし、韓国語がわからなくても、自分のおいしいものセンサーを最大限に働かせて直感で買っていくのも楽しいですね。

オムクの値段は安いものなら800ウォン(約80円)、具材が豪華なものでも2,500ウォン(約250円)程度ですから、財布の中身を気にせずに気軽に選ぶことができます。
選んだオムクはトレイごとレジに持っていって支払いをすればOK、これまた焼き立てパンと同じシステムです。

釜山名物のオムクを知りたければ2階の歴史館へ

釜山名物のオムクを知りたければ2階の歴史館へ

写真:やま かづ

地図を見る

建物の2階がオムクの歴史館となっています。展示スペースの片隅には、かつて実際に使われていたレトロなオムクの製造機械が置かれています。また、写真や資料、ミニチュア人形を使って、オムクについてわかりやすく説明しています。

併設されているオムク体験スペースではオムクづくりに参加することができます。平日は予約が必要ですが、土・日・祝日には当日参加も可能です。
韓国語はわからなくても、オムクをつくるという目的があれば身振り手振りで何とかなる!そんなツワモノなら当日参加も問題ありませんね。

<オムクづくり体験プログラム>
*平日体験 約100分 15,000ウォン(電話予約要)
*週末・祝日体験 約60分 10,000ウォン(当日先着順)
  開始時間 10:00/11:00/13:30/14:30/15:30/16:30
  ただし、内容は変更になる可能性がありますので、当日確認してください。

イートインのできる休憩所がうれしい!

イートインのできる休憩所がうれしい!

写真:やま かづ

地図を見る

「サンジンオムク 釜山オムク体験・歴史館」の向かいにはイートインができる休憩所があります。広いスペースにはテーブルと椅子が並べられており、無料のウォーターサーバー、電子レンジ、ソフトドリンクの自動販売機なども設置されています。揚げ立てをその場ですぐに食べられるようにしたお店側の配慮がうれしいですね。
せっかく買ったオムク、持ち帰ってホテルで食べるより、やっぱり休憩所で揚げ立てをいただきたいものです。

釜山の味を日本へ持ち帰りたいなら支店で買うべし

揚げ立てのサンジンオムクを食べると、やっぱりどうしても日本へ持ち帰りたいと思う方も多いはず。実は、サンジンオムクの支店は観光客がよく訪れる釜山駅やロッテ百貨店西面本店にあります。そこなら帰国前に買って持って帰ることもできますね。

どうですか、釜山名物のオムク。昔から薩摩揚げや蒲鉾に慣れ親しんだ日本人の味覚にもぴったりですから、ぜひ一度食べてみてください。

<サンジンオムク 釜山オムク体験・歴史館>
*営業時間 9:00-20:00(2階の体験・歴史館は18:00まで)
*行き方 地下鉄「南浦」駅10番出口から釜山大橋を渡り、道沿いに歩く(約20分)と右手に看板が見えます。
あるいは70番、190番のバスに乗れば影島蓬莱市場で下車すぐです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/03−2016/05/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -