奇岩・巨石が迎える神奈川・石老山はアドベンチャー気分満載

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

奇岩・巨石が迎える神奈川・石老山はアドベンチャー気分満載

奇岩・巨石が迎える神奈川・石老山はアドベンチャー気分満載

更新日:2016/06/11 12:59

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 孤高のアウトドアライター、ネイチャーカメラマン

神奈川県相模原市にある「石老山(せきろうざん)は奇岩奇石が連なる山!アクセスが良いうえに標高もさほど高くなく、ハイキングには最適です。バラエティーに富んだコースと驚きを感じる石たちが迎えてくれる体験は、まさにアドベンチャー!再び相模湖駅まで戻ってくるという、お子さん連れでも心配のいらない整備されたコースも嬉しいところ。記事内では奇石奇岩の石老山の様子をHD動画で紹介してあります。

第3紀地層のれき岩が全山に分布!驚きと楽しさの石老山ハイキング

第3紀地層のれき岩が全山に分布!驚きと楽しさの石老山ハイキング

写真:佐久田 隆司

地図を見る

石老山は、6430万年前から260万年前の第3紀地層が全山に分布する702mの山。JR相模湖駅からさほどない距離に、これだけの自然が広がる場所はありません。この地層のために奇岩・巨岩が散見され、驚きと楽しさが交互に訪れるハイキングルートになっています。

アクセスは、JR相模湖駅から三ヶ木行きのバスに乗り、石老山入り口で下車。石老山までのルートは丁寧に整備され危険な個所も少なく、ファミリーやカップルなど多くの人が山頂を目指しています。登山口からすぐに驚きの岩たちが迎えてくれますよ。

見どころいっぱいの石老山を動画で確認!

動画:佐久田 隆司

地図を見る

石老山は奇岩巨石だけが見どころではありません。丹沢山系、富士山、相模湖などを遠くから眺められるビューポイントで、さらに木漏れ日の中の稜線をあるくすがすがしさや、季節の花々など見どころがいっぱい!山頂は見晴らしがよくベンチなどもあり昼食にも最適です。

動画には石老山のハイキングルートの様子をHD画質で収めてあります。ぜひご覧ください。

顕鏡寺(けんきょうじ)は岩窟がある高野山真言宗の古刹

顕鏡寺(けんきょうじ)は岩窟がある高野山真言宗の古刹

写真:佐久田 隆司

地図を見る

石老山のハイキングルートの途中に、高野山真言宗の古刹「顕鏡寺」があります。貞観12年(870年)に開かれたこのお寺には、大きな岩窟がありかつての法師が住まいにしていたと伝わっています。また境内の蛇木杉(じゃぼくすぎ)や大イチョウ(神奈川の名木100選)などの古木がたくさんありこれらも必見です。

石老山の、奇岩、巨石は顕鏡寺の参道に沿って様々出没しますので、見逃さないようにしましょう。様々の岩にはそれぞれ名前が付けられ、それらの縁起を確認していくのも楽しみのひとつです。

※ここにトイレが用意されています

大明神展望台は眺めが抜群!

大明神展望台は眺めが抜群!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

石老山の頂上から引き返すのもいいですが、歩を進めて周遊ルートに出向くのもいいでしょう。途中の大明神展望台では、丹沢の山々や遠くスカイツリーを望めることもあります。ここもベンチがあり休憩するのにも最適。このあたりで周遊ルートの半分以上を辿ったことになります。

苔むした山道を下っていく

苔むした山道を下っていく

写真:佐久田 隆司

地図を見る

大明神展望台を過ぎると岩場を下り、苔むした森林帯に入っていきます。森閑とした森の中に小鳥のさえずりが耳にやさしく響きます。ここまで来ればゴールはもう過ぐ!途中トイレもあるので、見逃さないようにしましょう。この周遊ルートは上り下りとも標高差約450mほどですから、初心者でも十分楽しめます。

相模湖プレジャーフォレストのバス停まで来ればゴールです。相模湖駅までのバスは本数も多いのでここからの乗車が最適でしょう。

※詳細なルートは関連MEMOのヤマレコをご参照ください

全行程4時間半のフォレストアドベンチャー

石老山のハイキングルートは相模湖観光協会が提示する行程時間で4時間半程度になっています。これで、奇岩、巨石、展望、植生、を楽しめるのはなかなかありません。相模湖駅からも近く日帰りハイキングには最適。さらに登山経験者でも納得する楽しさが網羅されています。ぜひその足で歴史あふれる石老山を踏破してみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ