光の魔術師の世界を堪能!アムステルダム「レンブラントハウス美術館」

| オランダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

光の魔術師の世界を堪能!アムステルダム「レンブラントハウス美術館」

光の魔術師の世界を堪能!アムステルダム「レンブラントハウス美術館」

更新日:2016/05/10 11:30

ネプフリン 由香のプロフィール写真 ネプフリン 由香 旅行ライター

「光の魔術師」として謳われるオランダバロック絵画を代表するレンブラント。今回は、そのレンブランドが17年間を住んでいたアムステルダムの家をご紹介します。当時の状態を残し、レンブラントの絵画、アトリエ、居住空間を魅力的に展示する『レンブラントハウス美術館』です。レンブラントの傑作の数々を実際に描かれた家で見るのはとても感慨深いものです。アムステルダムへ行かれる方は、ぜひ足を運んでみてください。

赤レンガの家の中に広がるのはレンブラントの世界

赤レンガの家の中に広がるのはレンブラントの世界

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

アムステルダムを訪れたことのある人は、運河沿いにひしめくように立つ赤レンガの家々が印象に残っているのではないでしょうか。

レンブラントハウス美術館/Museum Het Rembrandthuis(レンブラントの家)も、アムステルダムで見られる典型的な赤レンガの家屋の一つ。目印は、緑と赤の入り口のドアと雨戸です。その一見普通の可愛らしい家の中に一歩足を踏み込むと、そこに広がるのは外とは全くの別世界!

1639年から1656年まで、この家でレンブラントが実際に絵画制作をしていた当時の空間へと一気に時間を巻き戻されるでしょう。

17世紀当時に使われていた絵の具やパレットがそのまま残る

17世紀当時に使われていた絵の具やパレットがそのまま残る

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

レンブラントが画家としての絶頂期に過ごしたこの美術館には、17世紀に彼が魂を込めて描き続けていたアトリエを始め、寝室、台所、居間など、当時レンブラントが家族と共に過ごしてきた様子が見られます。

醍醐味はやはりレンブラントの絵画作品と彼の弟子たちの作品を合わせた260点あまりの展示と、黄金時代の素晴らしいレンブラントの最高傑作が次々に生み出されたアトリエです。

当時のままの形で残されたパレットや絵の具、筆、また習作やスケッチなどを眺めていると、レンブラントの絵画に対するエネルギーが伝わってくるようです。キャンバスの枠などが並べられた様子などは実に生々しく、レンブラントがそこに立ってキャンバスと向き合っている姿すら浮かんで来るでしょう。

レンブラントファンにはたまらない技法のデモやワークショップあり!

レンブラントファンにはたまらない技法のデモやワークショップあり!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

レンブラントハウス美術館では、レンブラントのエッチング技法や17世紀の絵の具の作り方などのデモンストレーションやワークショップなども定期的に行われています。レンブラントのファンや、絵画を学んでいる方、画家の方々、もちろんそうでない方にも非常に興味深い内容となっています。ぜひご覧になってみてください。時間に余裕のある方にはワークショップ参加もオススメです。

終わりに

バロック期の絵画ファンは日本にも多いのではないでしょうか。特にレンブラントの肖像画などはよく知られており、レンブラントの生み出す光の表現、技術を、それらが描き出された家で見るのはとても感慨深いものです。レンブラントの絶頂期を活き活きと過ごした当時の様子がそのまま残された魅力的な美術館です。アムステルダムへ行かれた際は、ぜひレンブラントファンでなくとも足を運んでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/13−2014/10/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -