子連れグアム!遊べる超穴場スポット「GO PLAY(ゴープレイ)」

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れグアム!遊べる超穴場スポット「GO PLAY(ゴープレイ)」

子連れグアム!遊べる超穴場スポット「GO PLAY(ゴープレイ)」

更新日:2018/01/05 00:12

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

日本から約3時間半で行けるグアム!子供の海外旅行デビューにうってつけですね。

今回ご紹介する「GO PLAY(ゴープレイ)」は、赤ちゃんから大人までが楽しめる室内遊具施設で、2015年の秋にオープンしてからローカルに大好評!観光客にとっては超穴場なプレイグラウンドです!それでは、ご紹介しましょう。

グアムのローカルキッズに大人気!GOPLAY(ゴープレイ)

グアムのローカルキッズに大人気!GOPLAY(ゴープレイ)

写真:Benisei Rinka

地図を見る

2015年秋にオープンしたキッズプレイグラウンド「GOPLAY(ゴープレイ)」は、グアムで有名なショッピングスポット「マイクロネシアモール」から車で約3分。バリガダ地区へ続く16号線沿い右側、ポップな看板が目印です。

ゴープレイには、2種類のプレイグラウンドがあり、年齢や身長にあった部屋で遊ぶことができるんです。また、各部屋の隣にはパーティールームが並んでいて、グアムの子供たちはここでバースデーパーティーを開いて、一日中遊ぶのが夢なんだとか。

受付でお約束ごとを確認!安全に楽しく遊ぼう!

受付でお約束ごとを確認!安全に楽しく遊ぼう!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

建物に入ると、目の前にはポップでキュートなフロントがあります。ここでは、利用規約承諾書類の記入や、免許証などで本人確認を行い、2種類あるプレイグラウンドの選択・利用時間決定を行います。

各プレイグラウンドへ入室する際は、携帯電話と飲み物以外の持ち込みは禁止されているため、バッグ等はフロント横の透明な扉のロッカーへ預けましょう。危険物を持ち込めないように、きちんと配慮されているんですね。
次に、ロッカー横のエリアで靴を脱ぎ、靴下を履いてからプレイグラウンドへ入室です。ココでは、子供も同伴の大人も靴下の着用が義務付けられていますので、忘れずに持参しましょう。もし忘れてしまった場合は、フロントで購入できますよ。

次は、各プレイグラウンドをご紹介します。

赤ちゃん連れでも安心のユーキッズルーム

赤ちゃん連れでも安心のユーキッズルーム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

建物の2階にある「ユーキッズルーム」は、身長48インチ(約121センチメートル)以下の子供が遊べる部屋です。ユーキッズは世界35ヶ国以上で展開されている室内遊園地で、日本では「遊キッズ愛ランド」としてご存知の方も多いと思います。

ユーキッズルームは、沢山の風船が飛び交うビニールハウスやトランポリン、ジャングルジム、ソフトクッションブロック、ロディなど、0歳〜3歳くらいの小さな子供でも安心して遊べる空間となっています。BGMには「むすんでひらいて」「グーチョキパーでなにつくろう」などの英語バージョンが流れていて、聞いたことのあるメロディーに、子供もパパママもノリノリ間違いなし!

超エキサイティング!全力で遊べるインフレッタブルルーム

超エキサイティング!全力で遊べるインフレッタブルルーム

写真:Benisei Rinka

地図を見る

フロント脇にあるドアを開けると、巨大なバウンスハウスが6個も並ぶ「インフレッタブルルーム」です。一つ一つが大きすぎて、遊具全体の写真を撮ることはできませんでしたが、大人でも見上げてしまうほどの巨大さです。
日本でよく見かけるバウンスハウスよりも多くの仕掛けがあったり、大人でも躊躇しちゃいそうなくらい急傾斜の滑り台があったり、船の形をしたバウンスハウスの上ではバスケットボールができたり、とにかく全身で全力で遊べる遊具が揃っているので、子供たちのテンションはMAX!

インフレッタブルルームは、身長42インチ(約106センチメートル)以上の子供と大人が対象ですが、基準に満たない子供でも、保護者が常に一緒にいることが条件で入室することができますので、フロントで相談してみてくださいね。

グアムで大人気のカフェ「INFUSUON(インフュージョン)」も併設!

グアムで大人気のカフェ「INFUSUON(インフュージョン)」も併設!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

プレイグラウンドで思いっきり遊んだあとは、グアムで大人気のカフェ「INFUSION(インフュージョン)」で、ちょっと一息つきませんか?

インフュージョンは、グアムのお洒落なカフェカルチャーの先駆け的存在。クレープやピザ、様々な種類のカップケーキなどのフードメニューも充実し、2016年5月現在、グアム島内に5店舗を展開しています。ゴープレイ内にオープンしたインフュージョンでは、この場所ならではの「キッズサイズ」が販売されています。大人でも注文することができますので、あまりたくさん飲めないという方は、キッズサイズをチョイスしてみてくださいね。
といっても、アメリカンなキッズサイズなので、決して小さくはありませんよ。

子連れグアムにオススメ!まだまだ穴場「ゴープレイ」

2015年秋にオープンし、観光客が集まるタモン地区から離れているため、ゴープレイを知らないという観光客はまだまだ多いです。レンタカーでのアクセスが一番便利ではありますが、「レンタカーは無理!」という方は、ショッピングトロリーなどでマイクロネシアモールに行き、そこからタクシーを利用されることをオススメします。

ちょっとしたキッズグラウンドは、グアムプレミアムアウトレットやマイクロネシアモールなど、他にもいくつかありますが、ゴープレイは規模も楽しさも、他のプレイグラウンドよりも飛びぬけています!また、インフレッタブルルームでは大人も一緒に遊べるので「最近子供と羽目を外して遊んでないな〜」「日頃のストレスを発散したい」というパパママは、是非この機会に、子供と本気で遊んでみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ