グアム大学オリジナルグッズがカッコイイ!留学生気分でショッピング

| グアム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

グアム大学オリジナルグッズがカッコイイ!留学生気分でショッピング

グアム大学オリジナルグッズがカッコイイ!留学生気分でショッピング

更新日:2016/12/27 13:43

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー

日本から約3時間半、2泊3日でも楽しめるグアムは、年間を通して大人気の旅行先。メジャーな観光地ですが、今回ご紹介するのは観光地っぽくないおすすめの場所「グアム大学」。
ミクロネシア唯一の総合大学「グアム大学」は、観光客でも気軽にブックストアやフードコートを利用することができます。ブックストアには色々な種類の「グアム大学オリジナルグッズ」が売られていて、お土産にもオススメですよ!

観光客でも気軽に入れる「グアム大学」

観光客でも気軽に入れる「グアム大学」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ミクロネシア唯一の総合大学である「グアム大学」では、近隣諸国から様々な国籍の人が集まり、約3000人が学んでいます。
グアム大学は、数多くのホテルが建ち並ぶタモン地区から車で30分程、大きなゴルフ場があることで有名な、グアム東部のマンギラオ地区にあります。特に守衛さんはいないので、そのまま車で敷地内に入っていくことができ、駐車場もいたるところにあるので、優先スペース以外なら停めて大丈夫です。

観光客でも気軽に入れる「グアム大学」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

上の写真、オシャレなホテルみたいですが、グアム大学の構内なんです。こんな素敵な場所で勉強できるっていいですよね。

観光客でも気軽に入れる「グアム大学」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

広大な敷地の中には、写真のような建物がいくつも並んでいます。これからご紹介するのは、日本の大学にある生協のような「ブックストア」や、グアム大学の学食「フードコート」。これらは「スチューデントセンター」と書かれた建物の中に入っています。
それでは、ご紹介しましょう。

グアム大学オリジナルロゴグッズがかっこいい!

グアム大学オリジナルロゴグッズがかっこいい!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ブックストアでは、学生が使うテキスト・ノートなどの文房具、スナック・ドリンクの他に、グアム大学オリジナルグッズが売られています。
スナック売り場には、ポッキーやアポロチョコ、カールなども並んでいますが、日本からの輸入品になるので、日本よりは少し値段が高めです。しかし、日本人にとっては食べ慣れた“いつもの味”なので、小さなお子様の想定外な「おなかすいた〜」にも、安心して対応できますね。

グアム大学オリジナルロゴグッズがかっこいい!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

グアムのお土産屋さんには“いかにも南国”なカワイイお土産が沢山並んでいますが、男性やちょっと大人な方へのお土産には、かっこいい「グアム大学オリジナルグッズ」がオススメです!上の写真は、グアム大学オリジナルキーホルダー。「グリーン×ゴールド」がカッコイイですね!また「カッコイイ×実用的」な、オリジナルボールペンや傘などもありますよ。

グアム大学オリジナルロゴグッズがかっこいい!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

グアム大学オリジナルTシャツや帽子、アメリカのキャンプ用品ブランド「JANSPORT(ジャンスポーツ)」のリュックもズラ〜っと並びます。

ランチにも休憩にも使える「フードコート」

ランチにも休憩にも使える「フードコート」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

グアム大学の学食“フードコート”は、ショッピングモールのフードコートの小規模バージョン。テナントが2店舗ほど入っています。こちらでは、スナックやドリンク、パンなどの他に、おかずの数を選べるプレートランチなども売られていて、ランチとしても、ちょっとした休憩場所としても利用できます。

ランチにも休憩にも使える「フードコート」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「海外ドラマで見たことあるー!」な雰囲気ですね。

近隣には、ロコで賑わうグルメスポットもある!

近隣には、ロコで賑わうグルメスポットもある!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

グアム大学から車で3分ほど、10号線とグアム大学を結ぶ道路沿いにある「ロンズダイナー」は、お手頃価格でグアムの家庭料理を味わえる人気レストラン。ピンク×イエローの看板が目印!

近隣には、ロコで賑わうグルメスポットもある!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ロンズダイナーの店内はいつもローカルで賑わっています。
ここでのおすすめは、2010年から毎年9月にマンギラオ地区で行われている“マンギラオ・ドニ・フェスティバル”のスパイシー料理コンテストで優勝した「カドンピカ」。カドンピカは、ピリ辛味の鶏肉煮込み料理のこと。じっくり煮込んだトロトロの手羽元と、白いご飯にかけて食べるピリ辛なスープが最高に美味しい!

近隣には、ロコで賑わうグルメスポットもある!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

もう一つのおすすめグルメスポットは、創業1972年の老舗「クラウンベーカリー」。ローカルから大人気で、常に客足が途絶えません。店内で焼き上げるパンやカラフルなカップケーキ、エクレアなども人気ですが、一番人気は毎日7時と17時半に出来上がる、1個75セントの「ホットドーナツ」。1ダース(12個)は激安の7ドル!砂糖をかけただけのシンプルなグレイズと、チョコレートがけの2種類あるので、ぜひ両方試してみてくださいね。

場所は、グアム最大の繁華街タモン地区から1号線(マリンドライブ)を北上し、人気ショッピングスポット“マイクロネシアモール”手前を右折して16号線へ。10号線と8号線にぶつかる交差点を左折し、10号線へ入ったすぐ右側にあります。

ロンズダイナーも、クラウンベーカリーも、タモン地区からグアム大学へ向かう道沿いにあるので、すぐに見つけることができますよ。

グアム大学でしか手に入らない“カッコイイ”お土産を探しに行こう!

グアム大学のオリジナルグッズは、本当にどれもカッコイイんです。持っていても、いい意味で“お土産”に見えないので、身に着けやすいと思います。旅行にいくと、ついついその場のテンションで“いかにも…”なものを選びがちですが、買ってからも長く使える、友達にも長く使ってもらえる方がいいですよね。

とにかくひろ〜い敷地に、似たような建物が並んでいるので、ブックストアやフードコートのある「スチューデントセンター」にスムーズにたどり着くために、グアム大学の公式ホームページから、キャンパスマップをプリントアウトして持っていくことをおすすめします。

海や山などグアムの自然を楽しめる、定番の南部ドライブコースとは全く違ったグアムの雰囲気を楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ