ヒメサユリ6万本の絶景!山形県「大山自然公園ユリまつり」は6月上旬が見頃

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ヒメサユリ6万本の絶景!山形県「大山自然公園ユリまつり」は6月上旬が見頃

ヒメサユリ6万本の絶景!山形県「大山自然公園ユリまつり」は6月上旬が見頃

更新日:2016/06/14 14:02

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

大山自然公園(山形県大江町)は、ヒメサユリ(オトメユリ)の群生地です。実はヒメサユリは、群生地が宮城南部と新潟、福島、山形県境付近にしかない絶滅危惧種。本当に貴重なヒメサユリを、6万本も見る事が出来るユリまつりは必見です!

公園はキャンプ場も兼ねており、点在するコテージの周囲が群生地で、ヒメサユリに囲まれた滞在は文字通り夢のよう。一度行けば毎年行きたくなる、ヒメサユリの絶景を紹介します!

ピンク色が美しい!ヒメサユリは可憐な花

ピンク色が美しい!ヒメサユリは可憐な花

写真:藤田 聡

地図を見る

大山自然公園のユリまつり期間中は、付近一帯に案内看板が出るので、迷わず到着出来ます。駐車場完備で駐車料金も無料ですが、公園入口で協力金を支払って入園します。

ヒメサユリを見た事が無い人に、花の様子を一言で説明すると、黄色いキスゲがピンク色になったような花です。ユリの一種なので、香りもユリの上品な香りがします。緑色の林間の草地に、沢山のヒメサユリが満開に咲き乱れる様子は、まさに絶景!一度見たら、毎年見たくなる光景です!

ヒメサユリをアップで見ると、まさにユリ!

ヒメサユリをアップで見ると、まさにユリ!

写真:藤田 聡

地図を見る

ヒメサユリは通常のユリに比べると小型ですが、アップで見ると当たり前ですが、まさにユリに他なりません。本当に美しいので、綺麗に咲いたヒメサユリを探して、公園内を飽きずに延々と歩いてしまいます。途中、東屋もあるので、休みながら鑑賞しましょう。

ヒメサユリの苗木をお土産にも出来ます!

ヒメサユリの苗木をお土産にも出来ます!

写真:藤田 聡

地図を見る

美しいヒメサユリを存分に鑑賞すると、自分の庭にも欲しくなってしまいます。そうした方の為に、会場では苗木の販売も行っています。かなり多くの方が購入して土産にしており、ヒメサユリの魅力を証明するかのようです。

美しいヒメサユリに囲まれたコテージで夢のような滞在!

美しいヒメサユリに囲まれたコテージで夢のような滞在!

写真:藤田 聡

地図を見る

ヒメサユリの群生地には、古民家風のコテージが点在しています。外観は古民家風ですが、内部は近代的で快適なコテージです。美しいヒメサユリに囲まれて、夢のような滞在が可能。ヒメサユリの時期は、特におすすめです!

ヒメサユリを鑑賞する立場では、コテージに宿泊客が居ると気を使うので、チェックアウト後の日中の時間帯がおすすめ。昼間ならコテージ周辺の花も、気兼ねなく至近距離で観察出来ます!

ヒメサユリの時期は、さくらんぼ狩りの時期です!

ヒメサユリは5月末から咲き出し、例年6月上旬が見頃です。大山自然公園ユリまつりも、同時期に行われますが、2016年の日程は直前の開花状況に応じて決定されます。

ヒメサユリの時期は、山形県が日本一の生産量を誇る「さくらんぼ狩り」の時期でもあります。中でも大江町に隣接する寒河江市は、観光さくらんぼ狩り園が多数あり、通常30分程度の食べ放題時間も60分なので、断然おすすめです!

山形県では他にも、日本有数の和菓子店である腰掛庵の「わらび餅」(天童市)や、手打ちそば食べ放題の「七兵衛そば」(大石田町)、寒河江市のさくらんぼ狩りもおすすめ。別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事の最後にリンクあり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -