弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

更新日:2016/05/12 18:58

治安も良く、清潔で観光に大人気のシンガポール。滞在期間は4泊、5泊程度と短い方も多いのではないでしょうか。そんな短い滞在期間でも外せないのがチャイナタウン!弾丸旅行でもシンガポールの歴史を感じられるチャイナタウンおススメのスポットをご紹介します!

お土産買うならパゴダストリート!大き目のバッグを用意して!

お土産買うならパゴダストリート!大き目のバッグを用意して!
地図を見る

チャイナタウンの駅を降りたらすぐに目の前に広がるパゴダストリート。赤い提灯がいくつもぶら下がり、どのお店にも破格の値段のお土産が所せましと並べられています。駅を降りてすぐのお店と、少し奥に行ったところのお店では同じものでも値段が違うものがあることも?!慌てて買わずに一度全体をじっくり見てからのお買い物をおススメします。

アクセサリー類、食器、バッグ、Tシャツなど定番の物がシンガポールの何処よりも安く手に入りますよ!「4個で$10」などまとめ買いがお得なので、結構な荷物になってしまう可能性があります。シンガポールには「コインロッカー」の設置が駅にありませんので、買い物をしたら一旦ホテルに持ち帰ることをおススメします。もしくは空港に行く前に立ち寄るのも一つの手です。

仏陀の歯が展示されているブッダ・トゥース・レリック寺院

仏陀の歯が展示されているブッダ・トゥース・レリック寺院
地図を見る

チャイナタウンの中心部にある、ひときわ赤くて目を引く寺院。唐代様式の大きな寺院で、その名の通りなんと最上階には仏陀の歯が安置されてます。一歩中に入るとまばゆいばかりの仏像が祭られていて、沢山の人がお祈りしています。一瞬シンガポールにいることを忘れてしまうかのような光景で、中国の寺院に迷い込んだようです。

この寺院は1階しか見ることができないと勘違いされる方が多いのですが、地下3階から4階まである巨大な建物です。2階にはショップとカフェ、3階の龍華文物館はシンガポールのみならず韓国やタイなどアジアの各所から集められた仏教遺跡が展示されており、屋上に上がることもできます。おススメは3階の龍華文物館!一種の博物館かと思うくらい沢山の仏像があり、仏陀の一生とその教えが紹介されています。見応えがあるので時間をたっぷりとって見るのがおススメです。参拝料は無料です。

また、現在こちらの寺院はシンガポールを代表するパワースポットとしても有名なんですよ!是非パワーをもらいに行ってみてくださいね!

チャイナタウンなのにヒンズー教の寺院!スリ・マリアマン寺院

チャイナタウンなのにヒンズー教の寺院!スリ・マリアマン寺院
地図を見る

こちらはなんとシンガポール最古のヒンズー教の寺院で、19世紀中頃までこの辺りにインド人が沢山住んでいた名残と言われています。多国籍のシンガポールでは、このように突如違う宗教の建物が隣り合っていたり、すぐ近くにあったりと他国では考えられないようなことがあります。それもこの国の大きな魅力です。他民族が争いもなく共存できることを教えられているようです。

この大きく高くそびえ立つ塔門は、先ほどご紹介した「パゴダストリート」の名前の由来にもなっているんですよ!パゴダは(塔門)という意味だそうです。

ヒンズー教は土足厳禁ですので、外で履物を脱いでから中に入ります。料金は無料ですが写真を撮影するのには$3必要です。入ると色鮮やかな曼荼羅や神々の像が生き生きと目の前に現れます。チャイナタウンとはまるで別世界のヒンズー教の世界が広がり、異国情緒たっぷり。少しヒンズー教の神様や神話の知識があると、さらに味わい深い場所になります。

シンガポール最古の中国寺院、シアン・ホッケン寺院

シンガポール最古の中国寺院、シアン・ホッケン寺院
地図を見る

1841年、中国福建省出身の華人たちが中国から彫刻などを運んで来て建設されたといわれる道教寺院。170年もの間中華系の人々の心のよりどころとして存在し、現在も祈りをささげる人々の姿が絶えません。こんな高層ビルが立ち並ぶ中にひっそりと厳かにたたずみ、そこだけまるで空気が違っているようです。

こちらの寺院は航海の安全を願って建てられた寺院で、中国の南方地方の伝統技術を用いて作られており、釘を一本も使わずに建てられたことからシンガポールの記念建造物にも指定されている有名な寺院。入場は無料で、シンガポールの歴史ある建造物を見学することができます。

多様な文化を垣間見ることができる、パワフルで活気に満ちたチャイナタウン

チャイナタウンという名前の下に、いくつもの文化と歴史、宗教が入り乱れるチャイナタウン。都市再開発という名目で、今は観光地化されてしまったチャイナタウンではありますが、それでもなお、この国の人口の80%を占める中華系の人々のパワフルさを、シンガポールで一番感じることができる場所に違いありません。弾丸旅行でもお土産を探しに、歴史を感じに、是非チャイナタウンを訪れてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/10−2016/01/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ