麺料理の宝庫!台湾・高雄で話題の「皮帯麺」を食べに行こう

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

麺料理の宝庫!台湾・高雄で話題の「皮帯麺」を食べに行こう

麺料理の宝庫!台湾・高雄で話題の「皮帯麺」を食べに行こう

更新日:2016/05/15 19:21

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

「意麺」「油麺」「烏龍麺」などなど、バリエーションのある麺料理が豊富な台湾。ご当地麺だけでなく、中国各地にルーツを持つ麺料理や、地元の人々がこよなく愛する名店もあるなど、麺好きにはたまらない旅行先です。そんな中、台湾南部の高雄で一際地元の人々の話題を集めている人気店が「西安麺食館」。陝西から来たオーナーが作るその麺の幅はなんと3センチ、長さは1.5メートル!中華麺が好きな方は必食です!

「西安麺食館」の場所

「西安麺食館」の場所

写真:湯山 千里

地図を見る

「西安麺食館」は、「蓮池潭」の「龍虎塔」に向かって右手側、少し高台にある駐車場内に位置しています。写真のように周りの壁は石造り、低い屋根でちょっとわかりにくいのですが、お昼時や休日ともなれば人が店の外まであふれるほど人気のお店。混雑時は先に中に入ってお店の人に何人か伝えましょう。しばらく待っていると番号を呼ばれます。お店の外の壁向かって左側には店名、右側にはメニューの看板が出ています。

ベルトのような太麺「皮帯麺」

ベルトのような太麺「皮帯麺」

写真:湯山 千里

地図を見る

中国陝西省がルーツの太麺「皮帯麺」。「皮帯」とは、中国語でベルトのことですが、本当にベルトのよう!な太い幅広の麺です。「皮帯麺」は、小麦粉に水と塩を加え、こねて作ったシンプルな麺で、両手で約3センチ幅に平たく伸ばし、1.5〜1.8mのままゆであげます。その食感はモチモチしていて弾力があり、ボリュームがあって大満足。一度食べたらまた食べたくなる麺です。

「孜然炒麵」のみこの麺は選べませんが、その他は全てこの麺をチョイスできます。

やさしいトマト味!「蓋澆皮帯麵」

やさしいトマト味!「蓋澆皮帯麵」

写真:湯山 千里

地図を見る

写真の「蓋澆麵(70元)」は、トマトベースのスープにトマト、スクランブルエッグ、たまねぎが入ったやさしい味。常夏の高雄で食欲がない時にもつるっと食べられるおススメメニューです。また前段落の写真は「哨子麵(60元)」。キュウリ、キクラゲ、シイタケ、肉のそぼろなど具がたくさん入った「哨子麵」もおススメです。

サイドメニューには「孜然炒肉」を!

サイドメニューには「孜然炒肉」を!

写真:湯山 千里

地図を見る

写真はサイドメニューにおススメの「孜然炒肉(100元)」。「孜然」はスパイス「クミン」のこと。豚肉とモヤシを「クミン」で炒めたものですが、後を引くおいしさ!「クミン」は陝西省からわざわざ取り寄せているんだそうです!本場の味を味わうことができます。

メニューに載っているもの以外に、店内には冷蔵ケースがあり、「小菜(サイドメニューの小皿)」は一皿30元。こちらはセルフサービスで取ってお会計の際に計算するシステムです。

おわりに

皆さんも観光で「蓮池潭」を訪れたら、すぐそばにあるレストラン「西安麺食館」で、特別な麺を味わってみませんか。近くのスポットについては別記事でまとめていますので、メモをご参照ください。

「西安麵食館」 高雄市左営區勝利路115号

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ