ベルリン異文化の交差点「クロイツベルグのトルコ市場」

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ベルリン異文化の交差点「クロイツベルグのトルコ市場」

ベルリン異文化の交差点「クロイツベルグのトルコ市場」

更新日:2016/05/19 09:40

miyoshi yucaのプロフィール写真 miyoshi yuca

トルコ市場はドイツの首都・ベルリンのクロイツベルグにあるMaybachufer(マイバッハウーファー)通りの小さな運河沿いに数キロほど続く路上マーケットです。
クロイツベルグはおしゃれなレストランやカフェなどが多くベルリン屈指の人気エリア。トルコからの移民が多く住む地域としても知られています。単に買い物をするだけでなく文化の交流を楽しめるおすすめスポットです。

種類豊富でお手頃!ショッピングを楽しんで

種類豊富でお手頃!ショッピングを楽しんで

写真:miyoshi yuca

地図を見る

中東系の食材の露店が目立ちますが、新鮮な野菜や果物、珍しいスパイスの数々、色とりどりの生地、日用品など何でも揃います。とにかく種類が豊富でお値段もお手頃!安くて美味しい食材を求めてベルリナーたちが毎週通うのもうなずけます。

その他にもオーガニックフードやエキゾチックなスナック、ユニークなアクセサリーなど様々な露店が並び、ビールを片手にいろんなお店を覗くだけでも十分楽しめます!

天気のいい昼下がりはトルコ市場でグルメに舌鼓

天気のいい昼下がりはトルコ市場でグルメに舌鼓

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ちょっと覗くつもりで訪れてもつい何か試したくなってしまいますよね。いい香りに勝てなくなったら、ぜひ試してもらいたいのがギョズレメ(gozleme)と言うトルコの定番スナック。薄めの生地にいろいろな具材を挟んでカリッと焼いたトルコ風クレープといったところでしょうか。トルコでは朝ごはんとしてよく食べられるようです。
チーズやほうれん草などの具材が入って1.80ユーロ。他にもソーセージが入ったものや甘いものもあります。

他にもドイツではもはや定番のケバブやソーセージはもちろん、さまざまな種類のポテトを揃えたポテト専門店のようなユニークなお店や、他のマーケットでは見かけないトルコのスイーツなどトルコ市場ならではの品々も。是非色々試してみてください!

開放的な運河沿いでまったり

開放的な運河沿いでまったり

写真:miyoshi yuca

地図を見る

その場で絞ったオレンジジュースや挽きたてのコーヒー。もちろんこだわりの地ビールもあります。お好みのドリンクを片手にちょっと立ち止まってショッピングを楽しむ買い物客を観察しながら一休み。

近所の常連さんも観光客も各々の過ごし方ができるオープンな雰囲気はまさにベルリンの良さを象徴しているよう。太陽の光が反射してキラキラ光る運河を眺めつつその雰囲気を楽しむのもいいですね。

ローカルな雰囲気を味わう市場巡り

ローカルな雰囲気を味わう市場巡り

写真:miyoshi yuca

地図を見る

「これは何?」「ちょっと試してみる?」なんて気軽に会話を楽しみながら市場を物色するのも楽しみ方の一つ。旅行中でもキッチン付きのホテルに泊まっていたり、料理する機会は意外とあると思います。勇気を出して値切ってみたり、お値打ちの食材を手に入れて達成感を味わったり、珍しい食材を見つけて今夜の献立を想像してみたり。せっかく市場に来たからには買い物を思う存分楽しんでください!「暮らすように旅をする」そんな感覚で一味違った体験ができるのも市場巡りの醍醐味です。

ベルリンには他にも市場や蚤の市がたくさんありますが、クロイツベルグのトルコ市場は比較的ローカル感が強いので、ベルリナーの日常生活を垣間見ることができます。

火曜と金曜のベルリン観光はトルコ市場で決まり!

トルコ市場は毎週火曜日と金曜日、朝11時から夕方6時半まで開催されています。地下鉄U1のKottbusser Tor駅下車、または地下鉄U8のSchönleinstrasse駅下車徒歩3分ほどで行くことができます。ベルリン観光では欠かすことのできないイーストギャラリー(ベルリンの壁にアートが施されたオープンギャラリー)があるのもクロイツベルグ。ベルリンのトルコ市場を体験しに、クロイツベルグまで足を運んでみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ