東京観光の定番!ぐるっと1周お台場の観光スポットを満喫しよう

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京観光の定番!ぐるっと1周お台場の観光スポットを満喫しよう

東京観光の定番!ぐるっと1周お台場の観光スポットを満喫しよう

更新日:2016/05/14 16:53

shizu kawaのプロフィール写真 shizu kawa 元旅行会社勤務、旅ブロガー

東京観光の定番、お台場はいくつも商業施設があって見どころもたくさんあります。でもなかなかお台場だけに時間を割けないという方も少なくないでしょう。
そんな方のためにパレットタウンを起点に、人気観光スポットをぐるっと1周。ここを押さえればお台場観光を満喫できるポイントをご紹介します。

お台場のランドマークがあるパレットタウン

お台場のランドマークがあるパレットタウン

写真:shizu kawa

地図を見る

まずは大観覧車がシンボルのパレットタウンへ。
パレットタウンは、クルマの体験型テーマパーク「MEGA WEB」、18世紀ヨーロッパの町並みが美しいショッピングモール「ヴィーナスフォート」、屋内ゲームやスポーツが楽しめる「東京レジャーランド」、最大級客席数を誇る「Zepp Tokyo」、そして素晴らしい東京の景色が一望できる「大観覧車」で構成されています。

ここで見るべきはもちろん大観覧車です。天気が良くて、待ち行列が少なければ乗るのも良いでしょう。東京の観光名所を一望できます。

実物大ガンダムがお出迎え

実物大ガンダムがお出迎え

写真:shizu kawa

地図を見る

パレットタウンから東京テレポート駅方面にエスカレーターを下ると、プロムナード公園があります。ここをダイバーシティ東京方面に歩きましょう。ダイバーシティ東京はエンターテイメントとファッションと食を融合させた、多様性と話題性に富んだ商業施設です。

エンターテイメントの目玉は、入口前に凛々しく立っている実物大のガンダム像。これにはガンダムファンで無くても少しテンションが上がってしまいますね。このガンダム、1日に3回(12:00、15:00、17:00)頭が動くんですよ。タイミングを合わせて行くのも楽しそうですね。

ガンダムの写真を撮ったらこの入口から中へ進み、お台場駅ゲートに向かいましょう。

やっぱり球体の中が気になる

やっぱり球体の中が気になる

写真:shizu kawa

地図を見る

ダイバーシティ東京を出ると目の前にはフジテレビが見えます。フジテレビは、1階、5階、7階が無料で見学できるスペースです。5階には実際に使われている小道具、人気番組のセットなどが置かれ番組を疑似体験できるので、ここだけでも十分楽しめます。運が良ければ撮影中のスタジオも見学できて、ちょっと得した気分になりますね。

フジテレビと言えば、やっぱりあの球体が気になりますよね。展望台の料金は550円(2016年現在)とそんなに高くありませんから、混んでいなければ上ってみてください。球体から見る東京の景色も素敵ですよ。

自由の女神とレインボーブリッジのコラボ

自由の女神とレインボーブリッジのコラボ

写真:shizu kawa

地図を見る

フジテレビを出たら台場駅方面に進みましょう。
駅を超えるとすぐに自由の女神とレインボーブリッジが見えてきます。自由の女神の正面まで行ける通路がありますので、ここで自由の女神とレインボーブリッジのコラボ写真をぜひ。本場ニューヨークでは絶対に取れない写真ですね。

少し戻って、アクアシティお台場へ。アクアシティお台場は、映画館、ラーメンテーマパーク、神社などもある複合ショッピングセンターです。
天気が良ければ、海を見ながらアクアシティお台場のデッキを歩くと気持ち良いですよ。

昭和の商店街を楽しもう

昭和の商店街を楽しもう

写真:shizu kawa

地図を見る

アクアシティお台場の隣にはデックス東京ビーチがあります。
ここもファッション、グルメ、エンターテイメントを融合させた商業施設です。ここの見どころはシーサイドモール4Fにある台場一丁目商店街。昭和30年代の商店街をイメージしたショッピングモールで、昔懐かしい駄菓子や風景を楽しむことができます。

商店街を抜けると大阪の人気店が集まる、お台場たこ焼きミュージアムがあります。休憩がてら、なにわの味を楽しんでも良いかもしれませんね。

いかがでしたか

ご紹介したスポットは、数ある見どころの中のほんの一部です。滞在できる時間や自分の好みに合わせて、スポットを組み合わせみてください。いろいろな楽しみ方ができるのがお台場の良いところです。
夜になると観覧車がライトアップされ、海にかかるレインボーブリッジも美しく輝きます。夕食を兼ねて夜景を見に訪れるのもお勧めですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ