「休暇村 日光湯元」で、知る人ぞ知る七変化の名湯に浸かろう!ハイキングの拠点にも理想的

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「休暇村 日光湯元」で、知る人ぞ知る七変化の名湯に浸かろう!ハイキングの拠点にも理想的

「休暇村 日光湯元」で、知る人ぞ知る七変化の名湯に浸かろう!ハイキングの拠点にも理想的

更新日:2016/05/31 18:26

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ エアライン勤務

日光駅からいろは坂、中禅寺湖、戦場ヶ原と走るバスの終点・日光湯元は、大自然のふところに抱かれた温泉地。知名度こそ低いものの、はるか昔から湧き続ける白濁の湯、あふれる自然、一大観光地・日光とは思えないほど静かな環境と、魅力あふれる穴場スポットです。今回は、この日光湯元にあるおすすめ宿「休暇村 日光湯元」について、詳しくご紹介します。

年間を通じて楽しめる、自然豊かな高原リゾート

年間を通じて楽しめる、自然豊かな高原リゾート

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

全国37ヶ所に展開する「休暇村」は、国立公園・国定公園という自然豊かな立地が売りのホテルチェーン。その1つ「休暇村 日光湯元」があるのは、群馬・栃木・福島の三県にまたがる日光国立公園内、奥日光でも一番奥にある湯元温泉と呼ばれる温泉地です。周囲たったの2.8kmの小さな湖、湯ノ湖が目の前、周りは白樺やカラマツの林という、高原リゾートと呼ぶのがぴったりな佇まいです。

春〜秋にかけてはハイキング、冬場はスキーと、1年を通して楽しめるこのエリアには、東京から日帰りで訪れる人も多いようですが、ここはぜひ泊りがけで訪れて、名湯、湯元温泉にじっくり浸かってみてほしい!そんな自然&温泉を両得できる宿が、ここ「休暇村 日光湯元」です。

七変化する不思議なお湯は、源泉かけ流しの硫黄泉!

七変化する不思議なお湯は、源泉かけ流しの硫黄泉!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

日光湯元温泉の歴史は意外と古く、最初に発見されたのが788年、日光山輪王寺を建立した勝道上人によると伝えられています。沸出量の多さも手伝って、以来湯元温泉は湯治場として広く庶民に親しまれてきました。

源泉は温泉街の東北部はずれにある湯ノ平湿原。休暇村のお湯も、もちろんこの源泉から引いています。泉質は硫黄泉。PH6.6の中性で、源泉かけ流し、白濁のこゆ〜い温泉です。糖尿病、高血圧、疲労回復、冷え症など、さまざまな症状に効能が期待できます。

レトロ感あふれる内風呂と解放感のある露天風呂からなる大浴場。露天には数人入れる石風呂の他に1人用の壺湯が2つあるので、どれに浸かるかはそのときの気分次第。塀の向こうには木立が広がり、夜には星も鑑賞できたりして、風情もなかなかな温泉です。

さて、「白濁」と書きましたが、実は源泉が出てきた直後はほとんど透明。時間が経ってくると徐々に濁りを増してくるという不思議な現象が見られます。さらに光線の加減で、エメラルドグリーンに見えたり、淡いブルーに見えたり、全く白く見えたり。入浴のたびに変化する色を自分の目で確かめるのも、この温泉の楽しみの1つです。

リニューアルしたばかりの和洋室は、景色も居心地も高得点!

リニューアルしたばかりの和洋室は、景色も居心地も高得点!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

「休暇村 日光湯元」には、和室、洋室、和洋室の3タイプの部屋がありますが、何といってもおすすめなのが昨年12月に誕生したばかりの和洋室。38.72平米のゆったりした客室に、シモンズのマットを使用したダブルサイズベッドが2つのベッドルームと6畳の和室スペースを配した、木の香もすがすがしい客室です。

そして窓から見える林越しの湯ノ湖の美しいこと!座り心地満点のリラックスチェアからこの景色を眺めるだけで、何とも心が安らいできます。うれしいことに1名から予約が可能ですが、わずか13室しかないので早めに確保したほうがよさそうです。

なお、和室と洋室も最近リニューアルされたばかり。好みによっては、こちらのタイプを選んでみるのもいいでしょう。いずれも湯ノ湖に面しているので、眺めのよさは負けていません。

日光名物の湯波も堪能できる、ヘルシーなハーフビュッフェ。

日光名物の湯波も堪能できる、ヘルシーなハーフビュッフェ。

提供元:休暇村 日光湯元

http://www.qkamura.or.jp/nikko/地図を見る

この休暇村の夕食は、テーブルに運ばれる料理+セルフサービスのビュッフェという、ハーフビュッフェスタイルです。基本は5品からなる和の会席コース、「四季の膳」。加えてビュッフェコーナーには、野菜たっぷりなサラダが10種類、天ぷら5種、豆乳プリンやケーキなどのデザート各種、コーヒー、紅茶などがあり、食べ放題、飲み放題!満腹虫垂は確実に満足するはず。

でも、ここでの一番のおすすめは、日光名物くみあげ湯波、豆水とうふ鍋など、ありとあらゆる豆腐・湯波・豆乳料理が一挙に楽しめる「日光湯波会席」(写真)。「四季の膳」にわずかプラス2000円で味わえるので、ぜひお試しを(要予約)。かなりボリューム感がありますが、豆乳をふんだんに使ったヘルシーなメニューです。

一方、朝食は完全なビュッフェスタイルで、和洋さまざまな料理がビュッフェコーナーに勢ぞろい。こちらもサラダ10種、ざる豆腐、野菜中心の品ぞろえなど、健康への心配りが随所に感じられる女性にうれしい内容となっています。パン3種とともにパンケーキやフレンチトーストなどのスイーツ系も登場するので、朝食のしめにはぜひ!

絶対おすすめ!湯ノ湖〜湯滝〜戦場ヶ原のハイキングコース

絶対おすすめ!湯ノ湖〜湯滝〜戦場ヶ原のハイキングコース

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

「休暇村 日光湯元」に滞在したら、温泉以外にぜったい堪能したいのが、奥日光の自然。ここはぜひ連泊して中日をハイキングにあててください。もし連泊できないようなら、チェックアウトの後、出かけてみるのもいいでしょう。

一番手軽なのは湯ノ湖を一周するコース。ホテルを出て右方向に歩くと、すぐにハイキングコースの標識があるので、ここから湖の周囲を周ります。小さい湖なので、ゆっくり歩いても1時間くらいですが、自然はたっぷり堪能できますよ。

時間的に余裕があるなら、湯ノ湖を半周した後、湯滝方面へ。滝に沿って山道(階段)を降りれば、幅25m、落差70mの迫力ある湯滝の全景を真下から眺められます。

ハイキングコースはさらに湯川沿いに戦場ヶ原へと続いていて、赤沼バス停までの全行程が、休暇村からでおよそ7km。休憩を入れても所要3時間ほどでこなせます。平坦で整備された散策路は初心者にもおすすめ。赤沼からはバスで休暇村へ戻るか、そのまま日光駅へ向かいましょう。

湖、滝、森林、草原と、変化に富むこの奥日光のハイキングコース。レンゲツツジ、ワタスゲ、ノアザミなどの花が咲き乱れる夏から紅葉が見ごろの10月くらいまでが特におすすめです。

電車で行くなら、「まるごと日光 東武フリーパス」で

「休暇村 日光」へは、列車+バスで行くことができます。列車利用の場合は、東武鉄道が運行する特急スペーシア「けごん」が便利です。東武日光まで、浅草発の「けごん」で1時間48分。そこから東武バスで終点の湯元温泉までが1時間22分。ちょっと時間はかかりますが、わざわざ行くだけの価値あるホテル&エリアです。

切符は「まるごと日光 東武フリーパス」の購入がだんぜんお得です。4日間有効で、浅草・北千住など東武各駅から東武日光までの往復乗車料金と、中日光エリア内乗り放題のバス料金が込み。東照宮、華厳の滝、中禅寺湖など、何度途中下車して立ち寄ってもいい、使い勝手抜群のフリーパスです。

なお、スペーシアを利用する場合は、これ以外に特急料金がかかります。この際だから、大人気で売り切れ必至のゆったり個室で旅してみるのもいいですね。

この夏はぜひ、「休暇村 日光湯元」で温泉と自然に思いっきり浸かりましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/15−2016/04/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ