プーケット旅を遊びつくせ!ビーチ&ホテルで最高の観光ツアー

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

プーケット旅を遊びつくせ!ビーチ&ホテルで最高の観光ツアー

プーケット旅を遊びつくせ!ビーチ&ホテルで最高の観光ツアー

更新日:2016/05/22 17:46

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

南国の楽園、タイのプーケット。離島へのシュノーケリングツアーやダイビングツアー、シーカヌーツアーが楽しめる旅行者に人気の観光スポットです。

「ゴージャズなホテル」や「高級スパ・エステ」に行きタイ!「可愛い土産店」でショッピングを楽しみタイ!「綺麗な海や料理」「ナイトライフ・夜遊び」も満喫しタイ!そんな方のために、とっておきの充実プランをご紹介。プーケット旅行を最高に遊びつくしたい方、必見ですよ!

青い海と白いビーチ!世界で一番おもしろい極彩楽園「プーケット島」

青い海と白いビーチ!世界で一番おもしろい極彩楽園「プーケット島」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

“アンダマン海の真珠”と呼ばれるタイのプーケット島。世界に数多くの絶景ビーチはあるけれど、プーケットほどおもしろく、刺激に満ちたリゾートアイランドはありません。世界中の旅行者を惹きつけてやまないプーケットの魅力とは……。

1.物価が安く、フレンドリーなタイの人々
2.年間を通じて観光ツアーが充実
3.治安がいいので、初めての海外旅行者にもおすすめ

タイの物価は全般的に日本と比べて約3分の1以下。広々としたプール付きのゴージャズなホテルについてもリーズナブル。しかも天候次第で、たとえば雨季のローシーズン(5〜10月)をねらえば料金がかなりお得。さらに豪華なディナーやスパでリラックス。乾季のハイシーズン(11月〜4月)は透き通る海でシュノーケリングツアーやダイビングツアーを楽しむ。さらに離島に行けば信じられないほど美しいビーチが!

年間を通じて、あるいは天候の特色に応じて、さまざまな遊び方ができるのが、プーケットの最大の魅力です。大部分が手つかずの自然が残るプーケット島は行くたびに新たな発見があり、とても奥深い神秘的な島!

プーケット旅行を最高の楽しむ3つの絶景ビーチ

プーケット旅行を最高の楽しむ3つの絶景ビーチ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

プーケット島には、驚くほど個性的で表情が豊かなビーチが数多く、そのほとんどが西海岸に集中。観光客に人気のビーチが「パトン・ビーチ」「カロン・ビーチ」「カタ・カタノイビーチ」の3エリア。

最もにぎやかで、ナイトライフ・夜遊びも楽しみたいのなら、プーケット島随一の観光地「パトン・ビーチ」がおすすめ。高級リゾートホテルで優雅な休日を過ごすのなら、鳴き砂で知られる随一の観光地「カロン・ビーチ」へ。静けさを求めるなら、ダイビング、シュノーケリングポイントでもある「カタ・カタノイビーチ」。それぞれプーケットの観光地を代表するエリアで、最高のビーチライフを楽しむことができます。

また、「マイカオ・ビーチ」は、ウミガメの産卵地で知られる美しいビーチ。国立公園に指定されている「ナイヤン・ビーチ」はサンゴ礁が美しく、シュノーケリングにおススメです。

しかし、プーケットの本当の楽しさはガイドブックにも載っていない秘密のビーチを探し出すこと。きらきらと宝石のように輝く小さな秘境のビーチが数多くあるので、自分だけの楽園をぜひ見つけて下さい。

楽園の島々を自由に巡る!アイランドホッピングツアーはおすすめ

楽園の島々を自由に巡る!アイランドホッピングツアーはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

離島を巡るアイランドホッピングツアーはおすすめ。シュノーケリングツアーやダイビングツアー、シーカヌー&カヤックツアーといった、プーケットならではの各種観光オプショナルツアーを楽しむことができます。

本格的なダイビングツアーを楽しむのなら、プーケット島の北にある「シミラン、スリン諸島」が絶対おすすめ。水深30mまで見通せる深く透き通った海は、世界中のダイバーたちの憧れの聖地。船に泊まりながらさまざまな島でダイビング。手軽な日帰りのクルーズもあります。

もっと気軽にシュノーケリングやダイビングを楽しみたい方は、プーケット島の南東部に浮かぶ離島はいかが?コーラル島(ヘイ島)やラチャ島(ラチャヤイ島)、カイ島はサンゴ礁が美しい島々。さらに足を伸ばせばハリウッド映画の舞台にもなった秘島のピピ・レイ島や、透明度が抜群のバンブー島も。

また、パンガー湾のシーカヌー&カヤックツアーもおもしろい。映画『007 黄金銃を持つ男』のロケ地となったジェームズ・ボンド島をはじめ、ダイナミックな鍾乳洞など、カヌーでしか行けない探検の旅!洞窟を抜けると、透き通ったエメラルドグリーンに輝く神秘的なラグーン(岩に囲まれた隙間の海)が広がっています。

ホテルにはトコトンこだわりたい!旬のリゾートでラグジュアリーステイ

ホテルにはトコトンこだわりたい!旬のリゾートでラグジュアリーステイ

提供元:JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ

http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/hktjw-jw-m…地図を見る

プーケット旅行を最高に満喫するなら、ホテルにはこだわりたい。ラグジュアリーホテルは豪華さだけでなく、タイならではのホスピタリティにあふれています。

広々としたエメラルドグリーンの静かなビーチ沿いで、南国リゾートをゆっくり満喫したい方は『ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパ』『タボン・パーム・ビーチ・リゾート』がおすすめ。トロピカルで広大な美しい庭園と屋外プールのホテルを楽しむことができます。

ウミガメにも出会える美しいビーチでゆっくりくつろぐなら、老舗の高級リゾートホテル『JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ』。すぐ隣には、遊び心たっぷりのラグジュアリーホテル『アナンタラ・プーケット・ヴィラ』といったホテルもあり、豪華なスパで優雅なひとときを過ごすこともできます。

また、幻想的なイルミネーションが美しい『インディゴ・パール』をはじめ、小高丘に建つ高級ヴィラの『トリサラ・リゾート』、ゴージャズなヴィラ『アナンタラ・プーケット・ラヤン・リゾート&スパ』も、プーケットの至福の時間を演出しくれるホテル。さらに、絶景のルーフトップバーが楽しめる高級ヴィラ『スリ・パンワ』は秘境を味わうことができるホテルなので、特におすすめです。

これらラグジュアリーホテルのスパ・エステは一級品!最上の心地よい極楽時間を堪能することができます。

ここはぜひ押さえたい!プーケットを遊びつくす観光スポット

ここはぜひ押さえたい!プーケットを遊びつくす観光スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後に、プーケット旅を遊びつくす最高の観光スポットや見どころをご紹介。プーケットのディズニーランドを楽しみたい方は、神話をテーマにしたファンタスティックなショー「プーケット・ファンタシー」がおすすめ。

魅惑的な刺激を求めたい方には、きらびやかなニューハーフの世界「サイモン・キャバレー・ショー」で人生観が変わる体験を!さらに、パトンビーチのバングラ通りでは、日本では決して体験できない濃厚なナイトライフを体験することができます。

パトンビーチでは、たそがれのオンザビーチのバーで、ファイヤーショーを眺めていたい。静かな波音を聞きながらカクテルを片手にリラックス。さらに、伝統的なタイ古式マッサージやスパで、もっとリラックス。日本の半分以下の料金で施術が受けられるのが魅力です。

屋台やシーフードレストランがそろっているのもパトンビーチ。タイ人は生魚を食べないのですが、最近はエビの生刺身を出す店もあり、タイの食文化が変わりつつあるので、非常におもしろい。

ショッピング・お土産探しは、パトンビーチにある大型ショッピングモール「ジャンクセイロン」が絶対おすすめ。300店舗を超えるプーケット随一のモール。アジアンテイストたっぷりのキュートな民芸品や雑貨がたくさん!ばらまき土産用のお菓子も多いので、旅の想い出にぜひ訪れてみて下さい。

おわりに

タイの物価は日本と比べて安いのですが、プーケットは観光地なのでタイの相場と比べて高いことがあります。しかし、じっくり見ればタイ人が良く通っている屋台などがあり、タイ人価格の安い金額でサービスを受けることも可能。

タイでは、お金をたくさん出せば、いいサービスが受けられるとは限りません。驚くほど安い金額で、最高の満足感が得られるのがタイの本当の魅力。“物価が安く、フレンドリーなタイの人々”。それが世界中の旅行者がプーケットを愛してやまない理由です。

なお、バングラ通りの遊び方や、プーケットのラグジュアリーなホテルなどについては別途、記事に詳しくまとめていますのでご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/26−2016/05/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

JW マリオット プーケット リゾート & スパの旅行プランを検索

ヒルトン プーケット アルカディア リゾート & スパの旅行プランを検索

アナンタラ プーケット ヴィラの旅行プランを検索

トリサラ リゾートの旅行プランを検索

インディゴ パール ホテルの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ